ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

浜田山【塩らーめん】@浜松市中区高林

投稿日:2022年5月22日 更新日:

 

考えていた店はあったものの、
予定を変更したくなってきた。

白湯でなく清湯が食べたくなってきた。
うん、やっぱ変更しよ。

 

 

と、向かうものの、
混んでる店なんだよなぁ〜
目の前を通った際に見ると、
外待ちの長さに驚くことがあるもん。

まぁ、ダメ元で向かって、
もしそうならまた考えよう。

浜田山の周辺状況

 

 

 

【浜田山】

(浜松市中区高林1-8-1)

浜田山の外観

浜田山の外観

 

 

 

お!

 

 

タイミングなんだよなぁ〜

外待ちは見られず、
車も停められてのナイスタイミング。

浜田山の営業時間

中を覗いてみると、
ま、そりゃ、そうだわな、で、
中待ちは見えたので静かにドアを閉め、
暫し暫しの外待ち。

浜田山のカレンダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜田山の消毒装置

からの入店で券売機前。

浜田山の券売機

お目当てのボタンをポチリ。

浜田山の券売機

上手く回転が進んでいるようで、
中待ちもほどほどに空いた席へと促される。
なかなかラッキーだぞ、今回は。

浜田山の案内

浜田山の内観

セルフで水を用意してのカウンター端で、
ひと息ついて周囲を眺めると、
その先には見知った顔が見えたりして、
その奇遇さに驚いたりたり。

 

 

 

 

ハイッ!私達はっ!
女子ラーメン部ですっ!(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

 

 

 

 

【塩らーめん】¥850

浜田山「塩らーめん」

やっぱりコレです、コレなのです。

左上の法則からすると魚介豚骨だけど、
左下に位置するコレなのです。

浜田山「塩らーめん」

チャーシュー、メンマ、青ネギ、
海苔をトッピングとして配する一杯なれど、
やっぱりスープと麺が主役となり得て、
コレが好きなのです。

浜田山「塩らーめん」スープ

魚豚の白湯ではなく、
鶏魚介の清湯で、
レンゲを差し込んでスープをひと口啜ると、
鶏は魚介を支える裏方に回る感じで、
その魚介が前に出てくる。

それとエンミも。

いや、今回のは結構エンミ強いなぁ〜
魚介は強めではあるんだけど、
それに負けないようにエンミがキリッと。

そこんとこはちょっとあれだけど、
でも旨みはしっかりとしてるんだよなぁ〜
旨くはあるのよ。

 

 

 

でも、今回はエンミが強いなぁ〜

 

 

 

浜田山「塩らーめん」麺

合わせるは自家製の低加水細麺。

提供時からして荒れた感はあったんだけど、
引っ張り出してみると、
なるほどなるほどなるほど、
結構硬めの茹で上がりで、
ポキポキとした歯応え。

今回はスープも麺も主張が強いな。

でもって、
生姜の香りをまとっている。
スープにそれはあまり感じないけど、
麺にしっかりと絡み上がってくるんだな。

青ネギが絡んでくると、
青き香りと共に、
ざくざくと食感に変化を与えてくる。

 

 

チャーシューは肩ロースが使われていて、
パサつかずのしっとりジューシーで、
味がしっかりと染みているんだけど、
こちらもまた味が強めではあるなぁ〜
穂先メンマはポキシャクと、
小気味イイ食感ではあるけど、
こちらもまた味が強めではあるなぁ〜

 

 

 

 

 

今回は食券は買わずの様子見だったけど、
やっぱり食べときたいよなぁ〜
替え玉は食べときたいよなぁ〜

浜田山「塩らーめん」スープ

現金対応してくれるので、
声掛けして追加注文。

浜田山「塩らーめん」替え玉現金

 

 

【替え玉】¥100

浜田山「塩らーめん」替え玉

やっぱり食べときたいんだよなぁ〜

これをスープに投入するんだけど、
ん?
麺の色が変わったかしらん?

浜田山「塩らーめん」替え玉投入

僅かではあるけど濃くなったよな感じる。
どうなんだろ?

 

スープに馴染ませるように広げたら、
今回は早めに味変スタイルを楽しむのさ。
替え玉だもの、
次なる変化を楽しむのさ。

浜田山「塩らーめん」替え玉味変

卓上の黒コショウ、唐辛子を振り入れると、
むひひタイムのスタートなのだ。
香りと辛みで変化した麺を楽しむのだ。

エンミ強いスープの馴染みは良く、
ぐっと噛み締め感があり、
味変による香りと辛みが刺激的。

 

 

むひひで楽しんで楽しんでの完食なのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退店時には外待ちが出来ていたけど、
少ない時もあるので、
タイミングなんだよなぁ〜

次はいつタイミングが合うかしらん?

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.