ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

東京都

中華そば 銀座 八五【中華そば】@東京都中央区

投稿日:2020年1月26日 更新日:

 

気になる店があるんだと教えられ、
行ってみたいね、と話が進み、
小さな車でコツコツ行く方と合流し、
向かうは花の都大東京。

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

天気のイイ日で、
珍しく雲がかからず、
色んな表情の富士山が見れるラッキーデー。

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

ヤバイ!矢場居!

中華そば 銀座 八五への道中

休憩を挟みつつの東京入り。

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

チカチューに停めて、

中華そば 銀座 八五への道中

古さを感じさせるネオン看板を見たりして、

中華そば 銀座 八五への道中

歌舞伎座のファサードに圧倒され、

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

年季を感じさせる喫茶店を横目に、

中華そば 銀座 八五への道中

何気なくも目に留まる街並みに足を止め、

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

それは目的地からの帰り道も同様で、

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

逆に猫に見つめられ、

中華そば 銀座 八五への道中

狭いビルとビルの間にどうやって立てた?

中華そば 銀座 八五への道中

な、ステップ足場にさえ興味が湧き、

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

松屋通りにある吉野家にくすっ、

中華そば 銀座 八五への道中

歌舞伎座へ出前もするという店を眺め、

中華そば 銀座 八五への道中

1台しか置けない駐車場を見つけたり、

中華そば 銀座 八五への道中

幾何学模様のファサードに興味津々で、

中華そば 銀座 八五への道中

あッ!フェラーリ308かな?

中華そば 銀座 八五への道中

てなことでの“銀ブラ”を楽しみましたとさ。

中華そば 銀座 八五への道中

中華そば 銀座 八五への道中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、
もちろん食べましたよ、ラーメン。

到着したのは開店1時間前で、
早めには着いたつもりも14番手。

中華そば 銀座 八五の道中

中華そば 銀座 八五の外観

店内は6席だけらしいので、
開店後の外待ちは決定だね。
2018年12月8日開店で、
店名は8.5坪の店内に由来するんだとか。

 

 

 

【中華そば 銀座 八五(はちごう)

中華そば 銀座 八五の外観

タイル貼りの古めかしいビルの1階は、
それとは違った外観で落ち着きがある。

中華そば 銀座 八五の外観

この感じはイイなぁ〜
なんだか高そうな寿司屋的な感じで、
不釣り合いな自分を感じて呑まれそう〜

中華そば 銀座 八五の外観

負けないぞ!
左右されないぞ!

しばらくすると後客が並び始め、
しばらくするとスタッフが現れ、
15番手を区切りに反対側へ列を作る。

まだまだ延びていくなぁ〜

 

通っていないタイル目地を眺めたり、

中華そば 銀座 八五の外観

中華そば 銀座 八五の外観

あっちこっちきょろきょろりしたり、
延びゆく列を見に行ったり、

中華そば 銀座 八五の外観

なんだーかんだーでの11:00開店。

中華そば 銀座 八五の外観

中華そば 銀座 八五のメニュー

とはいってもまだまだ待ちは続き、
またあっちこっちきょろきょろりしたり、

中華そば 銀座 八五の外観

中華そば 銀座 八五の外観

また延びゆく列を見に行ったり、

中華そば 銀座 八五の外観

中華そば 銀座 八五の道中

そんなことをしてると、
食券を先に買うように案内があり、
前客が戻ると一旦入店して券売機前へ。

中華そば 銀座 八五の券売機

すぐ左手にあるんだけど、
それよりも店の雰囲気に浸っちゃう。

中華そば 銀座 八五の内観

内外共に縦格子を設けているので、
そこに奥行きが生まれ、
外部とを遮断しての世界がそこにはある。

 

 

 

 

 

食券を買わなきゃ!とポチリ。

 

 

 

 

 

にしても、
駐車場を確保するよな地方とは違うものの、
銀座で、この世界観での¥850には驚くね。
うんうんうん。

 

 

 

 

 

それから30分ほど経ての再入店、着席。

店内は一段高くした床になっていて、
立つ作り手と座る食べ手の目線が合う高さ。

中華そば 銀座 八五の内観

カウンター上にはフラットな照明があり、
更にはそれぞれの目の前の紙マットに向け、
ピンスポットが当たるようになっている。

中華そば 銀座 八五の内観

中華そば 銀座 八五の内観

これは嬉しいねぇ〜

ラーメンの写真が明るく撮れそうだわ。

 

厨房スタッフは白衣を身に付けていて、
なんだか和食の職人のような雰囲気で、
不釣り合いな自分を感じて呑まれそう〜

負けないぞ!
左右されないぞ!

上下左右BBABの最強コマンドで、
冷静に冷静に冷静に食べちゃうぞ!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

 

【中華そば】¥850

中華そば 銀座 八五「中華そば」

店名入りの丼で、
店主が優しくそっと置いてくれました。

淡い茶系のスープ、
丁寧に縦方向に折り畳まれた麺、
どんッ!と横たわるチャーシュー、
その上に直前にガリガリ挽かれるスパイス、
メンマ、
仕上げに瑞々しく青々した青ネギと並ぶも、

うわぁ〜❤

って、見た目的に驚くような特別感はない。

中華そば 銀座 八五「中華そば」

あ、でも提供直前には、
丼フチをさっと拭く気遣いは感じられ、
こういうとこはイイよね。

 

まずはスープをひと口。

中華そば 銀座 八五「中華そば」のスープ

ほほぉ〜
鶏がベースかしら?

油が多めな印象ではあるけど、
尖りがなく円やかなるコクがあり、
膨よかなる甘みや旨みが膨らんでくる。

なんだろ?
何かが突出するでないんだけど、
層の厚みを感じさせるものは。

タレ不使用で塩のみとは聞いてたんだけど、
え?本当に?と思わせるしっかりした味で、
醤油だったり白醤油だったり使ってそうで、
頭ん中で理解しづらくはあり、
ふた口み口と重ねてしまう。

とりあえず美味いのは間違いない。

中華そば 銀座 八五の内観

目の前には「浅草開化楼」の麺箱があり、
これを使った細麺を合わせている。

中華そば 銀座 八五「中華そば」の麺

加水は低めのもので、
意外に硬さのあるポキポキとした歯応え。

最初のひと口はさほどインパクトは無くも、
ふた口み口と重なるごとに馴染みが増し、
徐々に引き込まれていく。

 

あぁぁぁああ、

これ美味いやつだわ!

 

序盤から中盤、
更にはそこから惹きが増してく蓄積型だわ!
これはスゲーやつだわ!

 

夢中に食べ進めつつ、
青ネギを絡めてみると、
合わないかと思った香りも意外に合ってて、
香りによる変化を加えてくる。

メンマはポリシャクと小気味良い食感で、
箸休め的にはイイかな。

 

チャーシューはバラ肉を使用。
上のスパイスが混ざらないよう、
慎重に食べていたんだけど、
とりあえず箸で突いてひと舐めしてみると、
ハーブのような香りの中に、
コショウのようなピリピリ感、
唐辛子のような辛みを感じる。

何種かを混ぜたミックス系スパイスかしら?
タイムだかオレガノらしき香りに感じる。
これって合うのかしら?

 

 

 

 

で、肉はそのまま食べるべきかしら?と、
口にしてみるとその香りは広がるものの、
それよりもバラの脂が舌をコーティング。

それまで蓄積してきた旨みが覆い尽くされ、
脂が主役に躍り出ちゃってロスト。

 

いやいやいや、
この一杯にこのバラ肉はないなぁ〜
その意図を感じられないもんなぁ〜

脂の影響を感じさせない方が良さげだぞん。

 

 

 

 

ま、それはそれとて、
水を飲むなどしてリセットさせ、
再度その世界に浸り始める。

あ、そうか!
先程のスパイスは、
ガリガリの際にスープにも入り込んでて、
これが意外にも意外にも合うぞ!

膨よかなる旨みにスパイス系の香りが合い、
イイ具合にアクセント的に、
ちょいとクセを持たせるように働いて、

うわぁ〜❤

こりゃあ、イイじゃないのさぁ〜

 

やや味が強く感じ始めたけど、
これはスープは残したくないな、と、
ゆっくりと丼を傾けての飲み干し。

中華そば 銀座 八五「中華そば」の完スぺ

完全スープペロリの完スペですわ。

 

ε-(´∀`; )  ウンメェ〜

 

現れた文字を全部見て席を立ちます。

 

 

 

 

いやぁ〜、
これスゲーわ。
スープの余韻にスパイス系の余韻が加わり、
しばらくは放心状態で、
てか、

もう一回並び直して食べません?

そう思っちゃうほどの一杯。
これ、イイわぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラ肉以外はイイわぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅して、
最近やっと買った本を開いてみると、

TRYラーメン大賞2019-2020表紙

TRY新人大賞・総合3位、
しお部門1位じゃないのさ!

ほぉえ〜
そうなんだそうなんだ。

それによると、
店主は元々は、
旧京都全日空ホテルの総料理長をしていて、
フレンチの巨匠とされる人だとか。

鴨と名古屋コーチンをベースに、
野菜、貝などでスープを取り、
最上級の生ハムやドライトマトを使い、
風味やエンミを加え、
タレは使わずに塩のみで調味するそうで、
なんとも複雑な旨みを作り上げてるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、ま、ま、
そんな情報を先に入れておかず、
そのまま感じられたことは逆に良かったわ。
うん、素直に美味いと思ったもん。
これはまた食べたくある一杯だわ。

グッジョブ!  ( ̄▽ ̄)b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・余韻がずっと残っちゃってる。

東京都

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.