ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

東京都

麺庵 ちとせ【塩】 @東京都新宿区

投稿日:2018年11月6日 更新日:



東京自体は興味があるんだけど、
ラーメン店に興味を持っても、
そうそう行く機会は無いし、
どうせ行けないし、と諦めモード。
情報をチェックするよなこともなし。
疎いのです。

機会をもらって、
イベントに参加したものの一杯のみにして、
それよりも店舗での一杯に興味津々。


オススメとされる店に連れられるがまま、


LetらGo! 
\\\\٩( 'ω' )و ////

【麺庵 ちとせ】です。


2015年5月開店だそうで、
目立つ色使いではなく大人しめで、

見過ごしてしまいそうな外観。

庇も渋く仕上げてある。

 
メニューが掲示してあるけど、
夜は店名も変えての二毛作営業なんだね。
 
店内は左手に厨房、
カウンター6席、テーブル2~3人席×2脚。
 
券売機は左壁に。
 
同行者から聞いていたのは醤油は美味い。
でも塩は不思議な感覚でイイと。


どういうこと?


食べ歩きをしている人でさえ、
表現しづらい塩ってどんなんだろ?
興味あるわぁ~ 

ポチリ。


 

【塩】830

何かそそられる表情をしてるわ。
位置をズラし重ねされたチャーシュー、
両端揃えのメンマ、
中央にちょこんと青ネギ、
スープは明るめな茶色がやや緑がかっている。 
丼に顔を近づけてみると、


ん?


ちょいクセを感じる。
なんだろ?
魚醤を使ってるのかしら?


 
スープをひと口。
 
あ、これはイイわ。
角の無いタッチでの舌触りに、
鶏ベースに魚介を合わせているみたい。


塩ダレは粟国の塩、ジャムツダウス、
白たまり、真鯛アラ等を使っているんだとか。
ジャムツダウスって確かモンゴル岩塩だっけ?


同行者が以前食べたものとは違っているのか、
特に不思議さは感じないなぁ~
旨みを幾層にも重ねてあるのは分かる。


アサリか何かの貝も使っているようで、
派手さはないけど確実に奥に感じて、
塩らしさもあって、
これはイイ感じだなぁ~
 
合わせるは自家製で、
中細ほどで全粒粉使用のストレート麺。
軽くエッジがあり、
スープに抗うような強めな噛み応え。
甘みが現れ、
スープとの一体感を楽しめる。
 
輪切りの唐辛子が現れるけど、
強い影響はないので苦手な人も大丈夫かと。
 
メンマは柔らかめで軽くポリッと、
強く主張し過ぎない存在感。
チャーシューは2種類かな?
1枚は熱が入ってて気にしなかったけど、
1枚は肩ロースで低温調理されたもの。


柔らかく噛むごとに肉の旨みが感じら・・・


ん? 


遠くにごく微かなオレガノらしき香り。
 
写真を後で見返してみると、
ハーブって書いてあったっけ。
麹、茶なんかも使われてるんだね。


ほーほーほー (O😉
 
 
 
スープは残したくなく、
ゆっくりじっくり味わいつつ丼を傾け、
完全スープペロリの完スペフィニッシュ。
 
うん、また食べてみたいゾ!
 
 
 
 
 
同行者はこちらを食べてました。
【醤油 煮玉子】860


東京都

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.