ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

ラボラトリー【戻り鰹の汁ありラボ麺・塩】@浜松市中区板屋町

投稿日:2021年10月29日 更新日:

 

旨いものを食べたい。

腹を満たす食事もイイけど、
旨いものを味わいたい気分で、
ちょいとお値段は張るものの、
たまにはランチで贅沢気分を味わいたい。

 

 

そう、それと限定麺が出ていて、
普段とは違う方向性であるので、
なかなか珍しい一杯であるので、
是非とも食べておきたい。

 

 

 

【ラボラトリー】

(浜松市中区板屋町102-1)

ラボラトリーの外観

ラボラトリーの外観

ちょうど昼時の訪問で、
混雑はしていたけど、
ちょうど入れ替わりのタイミングでもって、
ラッキーな入店。

 

さて、どうしましょ?

 

期間限定の案内を確認し、

ラボラトリーの限定メニュー

お魚の内容も確認し、

ラボラトリーの海鮮メニュー

ラボラトリーの限定丼

麺はもちろんのこと、
海鮮丼ももちろんイっちゃうのさ。

 

 

 

 

 

【戻り鰹の汁ありラボ麺・塩】¥1,280

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」

へぇ〜
これは面白そうだなぁ〜

汁無し混ぜ系を主とする店では珍しく、
汁有りラーメンでの提供で、
野菜以外のトッピングは別皿のスタイル。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」ラーメン

ラーメンはグレーがかった琥珀のスープ、
そこに麺を泳がせていて、
中央には香味七野菜なるものが載る。

スープには香味油が浮かんでいて、
これをちゃぷちゃぷしてひと口。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」スープ

 

ほぉ〜

 

カツオって鰹節を使うものがほとんどで、
むしろそれが当たり前だと思うんだけど、
こちらのは生の戻り鰹を使い、
丁寧に下処理をしてのスープなんだとか。

醤油、塩の選択で塩にしたので、
ひと口目は魚らしき風味が強く、
エンミがそっと寄り添うように効き、
カツオを使った潮汁という感じで、
ふた口目からは旨みがより前に感じられ、
み口よ口とレンゲを重ねてしまう。

シンプルに見えるものの、
奥行きが感じられ、
これ、旨いんだわぁ〜

 

麺をイってみよう。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」麺

引き出したるは中太平打ち麺で、
あぁ、これ面白いなぁ〜

肌は優しい滑らかさで、
にゅるんと舌をくすぐってくる。

スープをしっかりと馴染ませていて、
もっちりとした歯応えがあり、
なんとなく、
温かいひやむぎを連想する。
この麺、面白いなぁ〜

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」ラーメン

野菜は粗刻みの玉ねぎと菊の花がメインか?
と、口にしてみると、

 

おっと!

違うじゃん!

 

玉ねぎは玉ねぎで入っているんだけど、
大根だったわ。
しゃりっとした食感がイイな。

食用菊、タデなども見られ、
麺に絡ませて食べていると、

 

おっと!

大葉かぁ〜

 

そのクセある香りが清涼感を与え、
たっぷりでなく僅かな量ではあるんだけど、
結構存在感は大きい。

 

 

玉ねぎ、大根、食用菊、タデ、大葉。
ん?
五?
香味七野菜って???

ま、ま、ま、
別皿に目をやる。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」別皿トッピング

鰹節は枯節だそうで、
スープに浸すと強い香りが重なり広がり、

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」味変

まさにまさにのカツオ風味となるんだけど、
生カツオのまんまの方が味わい的には好き。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」味変

あおさは静かに戻り、
磯の香りを重ねてくるので、
節よりはこちらの方が出汁としてはイイな。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」鰹チャーシュー

チャーシューは戻り鰹を使ったもので、
しっとりと舌に絡んでの旨みを出してくる。
魚介を主役とするスープに、
豚や鶏などのチャーシューが使われるけど、
こちらの方が素直な組み合わせに感じる。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」鰹チャーシュー

カツオの風味に面白麺、
旨みを味わいつつの食べ進みで、
エンミが若干気にはなってくるけど、
このくらいは必要かもだわ。

 

 

 

【2種丼】¥1,180

ラボラトリー「2種丼」

いつもの如くに海鮮系は豊漁。

この日は天然船上活〆鰤がウリで、
これを軸に新さんまを加えての2種丼、
早い者勝ちではあるけど、
さんまの肝があるそうなのでもらうことに。

ラボラトリー「サンマ肝」

どどーん!と大きく横たわるブリは、
見るからにしっとりさが分かるほどで、
いつも通りにまずは何も付けずにはむ。

ラボラトリー「2種丼」天然鰤

舌に張り付くような柔らかさで、
舌の圧だけで押し切れちゃうんじゃない?
そう思わせるねっとりとした柔らかさ。

ブリってんで、
脂がノっていて、
脂っこいんじゃないか?と想像してたけど、
全くそんな事はなく、
コクはあるけどすっきりとしていて、
後に残るようなイヤミがない。

へぇ〜
こういうもんなんだぁ〜

塩の提供があり、
これを軽く振ると甘みがより広がる感じ。

ラボラトリーの調味料

で、新サンマの方が脂のノリは上で、
足が早い魚ではあるけど臭みなく、
奥深い旨みを持っている感じがする。

ラボラトリー「2種丼」サンマ

前回も促されスルーしちゃったけど、
せっかくなので肝醤油を付けてみると、

ラボラトリー「2種丼」肝醤油

 

 

うわッ!

 

肝の苦みがより深みを加え、
こりゃあ、イイ!

焼きサンマでは肝と身を食べてるけど、
生での組み合わせは初じゃないかしらん。
これは旨いわ。

ラボラトリー「2種丼」出汁醤油

出汁醤油をひと回し掛け、
山葵の風味と共にはむはむはむ。

 

 

で、完食。

ラボラトリー「2種丼」スープ

残るスープはゆっくり味わい、
完全スープペロリの完スペフィニッシュ。

ラボラトリー「戻り鰹の汁ありラボ麺・塩」完スぺ

 

 

 

 

海鮮丼は豊漁が続いているし、
11月9日まで食べられる限定、
海鮮ラーメンもまた食べたしで、
こりゃあ、面倒なことになりましたぞ。

 

( ̄▽ ̄)b  グッジョブ

 

 

 

 

あ、そうそう、
「超PayPay祭」とやらで、
条件は諸々あるも、
ラボのクーポンを登録し、
PayPayで支払うと20%の付与があり、
今回分は¥738相当が付与される見込み。

 

せっかくなので、
海鮮丼も一緒に食べちゃう?

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.