ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

焼津市

麺創房 LEO【黄金】@焼津市

投稿日:2020年3月6日 更新日:

 

ただのラーメン好きではあるけれど、
出来れば美味しいものを食べたいし、
そんな記憶に残る一杯を食べたのなら、
次も足を延ばして食べたくなるもの。

 

 

ちょっくら遠くではあるんだけど、
ちょっくら足を延ばしてみようかな。

 

 

【麺創房 LEO】

麺創房 LEOの外観

昼時の訪問はやはりの外待ちが出来ていて、
大人しく最後尾に着いて案内を待ちます。

気温が穏やかになってきて、
それも苦にならなくなってきてありがたい。

 

事前に食券を買うようにDマンに促され、
一旦入店しての券売機前。

麺創房 LEOの限定メニュー

麺創房 LEOの券売機

いつもの限定が出てたりするけど、
今回は基本的なデフォルトな一杯にしたい。

麺創房 LEOの内観

席に案内され、
楽しみに楽しみにその時を待ちます。

麺創房 LEOの内観

麺創房 LEOの内観

麺創房 LEOの内観

 

 

 

 

【黄金】¥850+手包みワンタン

麺創房 LEO「黄金」

照明の当たりがイイので、
色合いが良く見えますわね。

麺創房 LEO「黄金」

チャーシュー2種、穂先メンマ、小松菜、
拍子切りの白ネギ、姫三つ葉が配され、
追加のワンタンが添えられています。

麺創房 LEO「黄金」手包みワンタン

スープをひと口。

麺創房 LEO「黄金」スープ

あぁぁああ〜

好きだなぁ〜

鶏に魚介を合わせた仕様で、
塩によるキレはあるんだけど、
角があってしょっぱいものではなく、
ベースの旨みをくっきりと引き立てていて、
足しても引いてもダメな絶妙なる塩梅。
イイなぁ〜

麺創房 LEO「黄金」麺

自家製麺に取り組むようになり、
これにはやや平打ちの細麺を合わせている。

多加水のような噂も聞いてはいたんだけど、
これはそのようには感じずで、
食感的には日本蕎麦のような印象があり、
ちょいと不思議な感覚ではあった。

 

 

食べていくと、
あれ?ガゴメ?
麺に絡むようにとろんとした風味を感じ、
それを何度か感じ、
あっちゃこっちゃ探してみるも、
らしきものは見つからずで、
もしかしたらスープに仕込んであったか、
もしかしたら気のせいなのか、
ちょいと気にはなったものの、
ま、気のせいということにしとこう。

 

 

白ネギはシャアザク・・・
いや、シャリザク食感で絡みての変化付け。
姫三つ葉の香りはイイよなぁ〜

チャーシューは豚肩ロース、鶏胸肉で、
共に低温調理された2種。
肩ローはしっとり柔らかく、
下味が程良く効いていて、
鶏胸はそれがハムのように感じる。
LEOのチャーシューは生々しくはなく、
単品でもツマミのようで好きなんだよねぇ〜

穂先メンマはポリシャクと、
小気味イイ歯応えで楽しませ、
小松菜はほろ苦さで箸休め。

 

後半に取っておいたワンタン。

麺創房 LEO「黄金」手包みワンタン

皮はしなやかで柔らかく、
舌をちゅるんとくすぐってきて、
餡は生姜の香りがふっと香ってきて、
このワンタンは食べときたいんだなぁ〜

 

 

そんなトッピングを挟みつつの食べ進みで、
後半に入っての温度変化があっても、
惹きを残してぐいぐいと引き込ませる。

うん、醤油の茜もイイんだけど、
塩の黄金もイイんだなぁ〜

モチのロンで完スペなのさ。

麺創房 LEO「黄金」完スぺ

退店後の余韻もキレイに残り、
やっぱり次も食べたくなるんだな。

 

 

うん、また来よう!と思うわ。

 

焼津市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.