ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

NIKO寅【俺流パイタン醤油】@浜松市中区葵西

投稿日:2022年11月5日 更新日:

 

月2回、
第1・3土曜日のみの営業で、
タイミングが合わなかったりで、
なかなか口にすることは出来ないものの、
合うのであれば是非とも口にしたい店。

 

 

 

 

 

 

・・・いや、テント。

 

 

 

 

 

 

ホント。

 

 

 

 

 

 

葵西郵便局の隣、
「MUSIC BOX グランプリ」駐車場を借り、
張られたテントが目的地なのさ。

NIKO寅の外観1

狙えそうなので、
そりゃ、狙うべさ!

 

 

 

NIKO寅の告知

 

 

 

【NIKO寅】

(浜松市中区葵西4-8)

NIKO寅の外観4

月2回だぜ。
それなのにも関わらず、
相も変わらずの人気ぶりで、
案の定、混雑しています。

NIKO寅の外観3

NIKO寅の外観2

NIKO寅の記名表

ウェイティングシートに記入すると、
以前はひたすら待つばかりだったんだけど、
フードコートでよく使われ、
便利な呼び出しブザーが導入されたのよ!

NIKO寅のブザー

こりゃ、ありがたし!

今まで通りに椅子で待つことも出来るし、
車の中で待つことも出来る。
こりゃ、ありがたし!

NIKO寅のメニュー1

メニューや案内などを見終えたら、
「グランプリ」店内に入り、
スタッフに声掛けしてトイレを借りるのさ。

NIKO寅の案内

パートさん募集中なのさ。

グランプリの求人

 

 

 

「ありがとうございました。」

 

 

 

感謝の言葉を伝えたら車で待つのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも待ち時間は長いのさ。
車で待つ前客はまだ動く気配がないのさ。

待つのだ。
待つのだ。
待つのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても、
長いなぁ〜

まぁ、店舗並みの機材があるわけでなく、
作れる量も限られているので、
しょうがないっちゃあしょうがないけどさ。

前客が動いたけど、
全体であと何組なのか分からず、
ウェイティングボードで確認するしかなく、
車から離れて自分のポジションを確認し、
そのまま風に吹かれながら待つのさ。

NIKO寅の外観5

強烈な暑さの時期は過ぎたものの、
まだ日陰を求めちゃっての外待ち。

あ、そうよね、
待ちきれずの方も当然居て、
キャンセルしてブザーを返却している。

スマホぽちぽちで、
気長に待つつもりだったけど、
ハラヘリヘリハラで忍耐の限界に近づく。

 

 

 

 

 

ぶーぶーぶー!

 

はぁ〜
やっと呼ばれたぁ〜

食べたくて来ているのだけど、
ハラヘリヘリハラMAXな状態で、
1時間以上の待ちはちょいと堪えたぞ。
やむを得んのねん。

 

 

 

お品書きはこちら。

NIKO寅のメニュー2

NIKO寅のメニュー3

月2回だもんで、
オキニの「淡麗しお」を欲するも、
たまには限定攻めってのもイイかなって、
今回はそちらにしてみよっと。

NIKO寅の限定メニュー

パイタンにしてみよっと。
あ、ゴハンものもイクべし!ですぞ。

 

 

 

 

 

席に一旦着いたなら、
セルフの水を用意しての調理待ち。

 

 

 

 

 

あ、意外に早い提供だわ!
こりゃ、ありがたし!

NIKO寅の内観

 

 

 

 

 

 

【炙り焼きハラミ丼】¥500

NIKO寅「炙り焼きハラミ丼」

 

 

 

ヤバいら?

 

 

ハラミがゴロゴロしてるぅ〜
立ち上がる香りがそそるぅ〜
シズル感がそそるぅ〜

NIKO寅「炙り焼きハラミ丼」

ちょっと焦げが見えるけど、
是が非どっちなんだろ?

 

 

ひとつを箸に取り、
頬張ってみると 是ッ!

NIKO寅「炙り焼きハラミ丼」ハラミ

甘みあるタレが炙りにより香ばしく、
ビターな焦げがアクセントのような存在で、
噛むことに抗いを見せる強い弾力、
そこから滲み出てくる肉の脂の甘き旨み、

 

 

あぁ、シアワセだ!

 

 

ゴハンはタレが染みていて、
黒コショウの香りが鼻をくすぐり、
これがまたイイのよ。

 

 

 

 

 

あ、ラーメンが来た!

 

 

 

 

 

 

【俺流パイタン醤油】¥1,000

NIKO寅「俺流パイタン醤油」

 

 

あ〜わ〜

 

 

白き細かい泡が全面に広がっています。
ミキシングしたんだろか?

NIKO寅「俺流パイタン醤油」

そこからは麺が少し顔を出していて、
トッピングにはチャーシュー、角煮?
揚げエノキ、青ネギ、海苔を配す表情。

よく食べるレギュラーとは違う限定なれど、
NIKO寅のアイデンティティの如く、
揚げエノキが振る舞っている。

NIKO寅「俺流パイタン醤油」スープ

スープはアツアツからの入りで、
軽い円やかさが感じられ、
鶏白湯のようだけど、
醤油がキマっていてエンミ程良く、
ボヤッとはしていない。

シャバ系のトリパイといったところで、
しっかりと旨みに厚みがあって、
こりゃ、なかなかイイじゃん!
なかなかイイのよ。

NIKO寅「俺流パイタン醤油」麺

合わせるはふすまが見られる低加水細麺。

ぱつっと歯切れ良く、
しこしことした歯応えがあり、
スープをしっかりと絡め上げてくるので、
一体感良く食べられる。
イイなぁ〜

NIKO寅「俺流パイタン醤油」トッピング

ここに揚げエノキを絡ませると、
コキコキと食感的アクセントと共に、
旨みをもプラスしてくる。

NIKO寅「俺流パイタン醤油」麺

海苔は磯の香りで変化付け。

チャーシューは肩ロースが使われていて、
低温調理されたしっとりさ。
柔らかくジューシーで、
肉の旨みが感じられるんだけど、
遠くにほんの僅かながらに酸化臭があって、
そこんとこは残念なところ。

角煮らしきブロック状のものも入っていて、
脂身の柔らかさ、
赤身のギシギシ噛み締め感があって、
面白いアイテムではある。

穂先メンマはシャクシャク。

 

 

 

 

 

炙り焼きハラミ丼にに戻り、
厚くて歯応え強いハラミを頬張り、
ゴハンを頬張り、
ラジバンダリ、
残るスープは注がずに、
これだけで食べ進めての完食。

モチのロンで完食なのさッ!

 

 

 

 

 

支払いはQRコード決済なしの現金払い。

 

 

 

 

 

いやぁ〜
待ち時間は結構堪えはしたけれど、
待っただけの満足感はあるなぁ〜
練られ続けられるレギュラーではなく、
僕的にはあまり冒険しなくなった限定も、
たまには手を出してみるべきだなぁ〜
パイタン良かったよ。

都度都度、限定は出されているので、
次回以降も興味は湧くところだなぁ〜

 

 

 

 

ここんとこ続けて提供されるゴハンもの、
「炙り焼きハラミ丼」がイイのよ。

売り切れていなければ、
一緒に注文必須ではありますぞん。

 

 

 

 

 

退店・・・退テント後もその余韻は残り、
引き返してまた食べたくなったくらい。
ハマりそうだなぁ〜

次は11月かぁ〜
あぁ、次はキビーかなぁ〜?
とあるイベントと重なりそうだもんなぁ〜

また機会が作れたら、
タイミングが合えば、
足を運びたいんだなぁ〜

 

 

 

 

 

うんうんうん、
またの機会に❤

 

( ̄▽ ̄)b グッジョブ

 

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.