ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

らぁ麺 十六【ぴり辛鶏豚卵 】@浜松市中区早馬町

投稿日:2020年11月16日 更新日:

 

大通りには面しているのの、
派手な看板があるわけでなく、
静かな外観をしているので、
見過ごしがち。

確かこの辺りと思ってても見過ごしがち。

 

 

今回は注意深く行ってみよう。

 

 

浜松駅から北へ延びる道、広小路沿い、
クリエート浜松と同じブロックのちょい北、
ラーメン店に見えない大人しい外観。

らぁ麺 十六の外観

 

 

 

【らぁ麺 十六】

らぁ麺 十六の外観

らぁ麺 十六の外観

2年ぶりの訪問も静かな雰囲気。

らぁ麺 十六の外観

店頭にはガラス越しにメニューが置かれ、
お、オープン当初は2種類だけだったので、
結構選択の幅が広がったね。

 

 

ドアを開けると、
右手に厨房を囲むL型カウンター、
あ、このご時世で間引いているのか4席、
左手にテーブル2脚を設けていて、
券売機はその見返り部にある。

らぁ麺 十六のメニュー

あるんだけど、
こちらの周囲は賑やかで、
説明文もずらりとあって、
こりゃ、読み切れないぞ。

らぁ麺 十六の券売機

あぁ、急かされてるわけでないけど、
店主ひとり、ノーゲス状態で焦る焦る焦る。

らぁ麺 十六の券売機

えっと、あ、あ、
い、以前食べた一杯にしてみよっかかかな。
ポチリ。

あ、これも、ポチリ。

 

 

水はホール中央にあるのでセルフで用意。
静かに調理待ち。

らぁ麺 十六の内観

 

 

 

 

 

【ぴり辛鶏豚卵(とりとんたまご)¥900

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」

黄色味を帯びたスープには、
麺と共に溶き玉子が見え、

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」玉子

青ネギ、糸唐辛子、海苔、
そして味噌玉を配している。

構成的には2年前の表情とほぼ同じだけど、
違うのは中央にあった青ネギが前に。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」オープン時

 

ではではでは、
スープをひと口。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」スープ

 

おほ?

鶏ベースだと思うけど、
オープン時のそれとは変わり、
薄いというよなものではなく、
厚みが増して、
旨みをより感じるようになった気がする。

で、強くはなく、
さりげなくのピリ辛さで、

 

あれぇ〜

以前食べたものとは違い、
印象が変わって惹かれるものがあるなぁ〜

 

あ、んで、
遠くに隠し味の如く、
ハーブのような香りを感じる。

何だろ?
バジル?オレガノ?

うん、何か感じるのよ。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」麺

合わせるは細麺。

低加水のストレート麺で、
変わってなければ麺屋棣鄂のもの。

スープの馴染みは良く、
一体感は高く、
硬めの茹で上がりで、
歯応えもあって、
こりゃ、イイな。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」玉子

溶き玉子は餡掛けのようなものでなく、
ひき肉の玉子とじ、
ひき肉入りオムレツといったところで、
玉子の柔らかさと肉の歯応えを楽しめる。

麺と絡め食べるような感覚で、
ひき肉を一緒に食べさせることには成功。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」麺

糸唐辛子の量は多めで、
そのままだと舌触りが悪いので、
しんなりとさせて辛みを出しつつ絡める。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」味噌玉

味変で溶くように説明のあった味噌玉は、
白ゴマをまとわせているゴマ団子風で、
レンゲの中で突いて崩しての溶き入れ。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」味噌玉

あ、うん、
少量ではあるものの、
味噌の香りで変化させてくるぞ。

あああああ、
でも、やっぱ味噌の味になっちゃって、
これはこれでアリだろうけど、
元の味が隠されちゃうので、
それはそれでアリかもだけど、
もう元に戻るではないので、
ちょっともったいなくはあるなぁ〜

 

元味を引き立てるような味変、
そっちの方向性を楽しんでみたい気はする。

 

 

 

【替え玉】¥290

らぁ麺 十六「替え玉」

麺を茹で上げた一般的な替え玉とは、
お値段的に違うので、
興味はあったのよね。

“ひと手間加えた味付き麺”の説明があり、
それは食べてみたかったのよ。

でも、見た目には特に変わった感はなく、
青ネギが載った麺がタレに浸ってるだけ。

 

 

 

 

だけ???

だけじゃない???

 

 

 

 

そのまま口にしてみると、

なんだろ?
鶏スープをシンプルな塩で味付けしたもの?

らぁ麺 十六「替え玉」

あ、でも粘度があって、
スープやタレというよりも、
トロミある乳化したソースといった感じで、
既に麺にも絡ませてある。
これにもハーブ系の香りが僅かにあるな。

僕の位置からは調理風景が見れなく、
どんなひと手間が加えられていたのか謎。

でもこれだけでも食べられる替え玉、
てか、和え玉といった感じで、
これはスープへ投入ではなく、
掛けた方がイイかもだな。と、
オムレツをスープごと掬い取り、
掛けて食べる。

らぁ麺 十六「替え玉」

 

あ、ほら、イイよ。

 

らぁ麺 十六「替え玉」

コク深さがより増し、
こりゃ、イケるな。

らぁ麺 十六「ぴり辛鶏豚卵」完スぺ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開店直後の訪問以来2年ぶりで、
確か11月15日で2周年。

今年2020年は定休日の日曜日がそれ。

おめでとうございます。

 

 

 

 

第一印象だけで決めつけるでなく、
その後の一杯も食べてみて、
第二印象も確認しなきゃ!と、
改めて思わせてくれたわ。

ラーメンって変わっていくものなのよ。

ま、でも、
それだけその時の一杯ってのは大事で、
その人にとって、
一期一会的な存在であると思うので、
作り手は一所懸命であるかもだけど、
それは食べ手だって同様で、
一所懸命にそれを食べに行って、
色々と感じるものなのよ、
そうなのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうそう、
それを素直に書いたりすると、
そんなこと書かなきゃイイのに、だとか、
イイことだけを書くべし、だとか、
低劣でさもしい、だとか、
色々書く奴が居て、
そういうのに限って、
他人に対してそのような行為をするのよね。

 

 

 

 

矛盾じゃ〜ん!

 

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ アハハアハハアハハ

 

 

 

 

僕は僕の責任で、
これからも変わることなく、
出来るだけ素直な感想を書いていきたいな。

 

 

 

 

うん、この一杯と一杯は、
“次”に繋がる惹きを感じたわ。

また食べに行ってみようかな。

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.