ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

ラーメン山 まさか【ラーメン山】@浜松市中区十軒町

投稿日:

 

新店情報が入ってきた!

 

DeNA元選手が店主を務める、
東京「夢を語れ」で修業した後、
ここ、浜松での独立だそうで、
そんな情報だったりが広がったりで、
事前の盛り上がりがあり、
初日は何時間か待つほどの行列が出来、
それ以降もそんな状態が続いたようで、
ま、そんな僕は初日は伺えずで、
後日狙うも外待ちあり、
駐車場確保出来ずで退散で、
気を失すると気持ちが落ち着いちゃって、
いつかいつかでずるずると時は過ぎ、
3ヶ月経って、
まさか?今頃?の初訪問は、
2020年3月14日開店の新店。

ラーメン山 まさかの外観

 

 

 

【ラーメン山 まさか】

ラーメン山 まさかの外観

ラーメン山 まさかの外観

休日の昼時ということで、
案の定、予想通りの外待ちあり。
梅雨の合間の強くなった日差しに耐える。
耐えて待つのだぞ。

ラーメン山 まさかの案内

駐車場の案内が見える。

ラーメン山 まさかの駐車場案内

店前5台のみで、
裏や他に停めちゃダメダメ。

ラーメン山 まさかの駐車場

ラーメン山 まさかの外観

ラーメン山 まさかの駐車場

順番に促され、
暖簾をくぐりての券売機前。

ラーメン山 まさかの外観

ラーメン山 まさかの券売機

「麺の量茹で前300gありますけど、
 そのままで大丈夫ですか?」

スタッフに確認されるも、
まぁ、多分大丈夫でしょ!と了承。

ラーメン山 まさかの案内

無料トッピングの案内があり、
マシは無料、
マシマシは有料、
ってのを含み置いてのポチリ。

 

店内に目を向けると、
L型の厨房に沿う形で、
逆L型の入隅カウンター7席、
テーブル2席×2脚が用意されているけど、
間隔が空いているように感じたので、
このご時世で席数を間引きしてあるかも。

ラーメン山 まさかの求人

スタッフに食券を渡すと、
ニンニクの有無を訊かれるのでアリにして、
そんなこんなでの調理待ちなんだけど、
水はもちろんのこと、
レンゲや箸も券売機横にスタンバイで、
セルフでの用意が必要。

ラーメン山 まさかの券売機周辺

ラーメン山 まさかのセルフ

あ、ティッシュも爪楊枝も。
ふぅとひと息ついて水飲んで、
案内を見たりして、

ラーメン山 まさかの案内

 

いざ登頂へ!

なんて気分を高めt・・・

 

 

 

 

 

【ラーメン山】¥850

ラーメン山 まさか「ラーメン山」

 

 

 

麺茹でに時間が掛かるだろうから、
スマホでもイヂって待とうか、
な〜んて思った矢先、
席に着いて2分ほどの提供なんて、
そりゃあ、驚くジャマイカ!

 

白き丼との対比でスープの濃い色が映え、
トッピングとして配されるは、
チャーシュー、もやし、キャベツ、
漬け仕様の背脂、そして刻みニンニク。

ラーメン山 まさか「ラーメン山」

野菜などのマシマシは有料なれど、
マシまでは無料対応可能らしいから、
そちらにした方が見映えはするかもね。

初訪なのでノーマルにしたんだけど、
ジローにしては盛りが大人しく感じる。

 

どれどれ?とスープをひと口。

ラーメン山 まさか「ラーメン山」スープ

 

おほ!

イイなぁ〜

謳いを見ると、
20時間以上掛けて炊き上げた豚骨で、
少し乳化の仕上がりなのだとか。

“濃厚豚骨スープ”と書いてはあったけど、
まったりと舌を包むような感覚ではなく、
さらっとしていて、
粘度が濃厚というわけではない。

豚骨の旨みだったり、
ベースの厚みだったりはさほど強くなくも、
醤油を強めに効かせていて、
ややカラメのタレ優勢といったとこで、
スープをグイ!と引き上げていて、
物足りなさは感じずに、
グイグイ!と引き寄せられるバランス感。

 

麺を引き出してみよう。

ラーメン山 まさか「ラーメン山」麺

野菜下から現れるは、
自家製という極太平打ち縮れ麺。

口にしてみると、
ぷりっとした弾力の後、
ごわごわとした強い噛み応えで、
その強いスープに抗いを見せている。

スープはしっかり染みていて一体感高く、
これはイイ感じだわ。

 

 

むしゃむしゃ食べたk・・・喰らいたく、

うおりゃーーーーーッ!

と、天地返しちゃうぜ!

 

しゃきしゃき、ざくざくと、
もやし、キャベツの食感的変化はあるも、
それ以上にスープ+麺の魅力は高く、
これに刻みニンニクが絡むことで、
その香りが食欲に火をつける。

 

 

ファイヤーーーーッ!

 

 

おろしよりも刻みの方がパワーを強く感じ、
この強い一杯にあっては、
バツグンの相性の良さ。
やっぱニンニクは入れて正解だわ。

 

 

喰らい!喰らい!喰らい!

 

 

夢中に食べさせる力があって、
格闘モードに突入だぞ!

 

チャーシューも食べちゃおっかな。

ラーメン山 まさか「ラーメン山」チャーシュー

これ、1センチほどの厚みを持たせていて、
見た目のボリュームもイイ。

歯を入れると、

 

 

 

 

想定外の硬さ!

え?
マヂか?

柔らかいものを想像してたんだけど、
それを裏切るかのような強い噛み応え。

厚みもあるし、
ギシギシギシ!
アゴが疲れるほどに噛み締めさせる。

臭みなく肉の旨みがじわりと滲み出てきて、
これまた力強さに拍車を掛けるなぁ〜

これ、イイなぁ〜

 

 

喰らい!喰らい!喰らい!

 

 

とにかく格闘を続けながら、
麺がちょっとしょっぱめに感じ始めつつ、
卓上の黒コショウで変化を付けつつ、
一味唐辛子なんかも欲しいなと思いつつ、
食べ進めての完食。

ラーメン山 まさかの案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいや、
ちょっと来るのが遅かったな。
これはまた食べたい度が高いぞ。

 

ニンニクは必須で、
後々の予定だったり、
配慮だったりには注意が必要だけど、
やっぱ入れて喰らいたいし、

それよりなによりまた喰らいたい!
抗うように喰らいたい!
まさか、そんな気持ちが高まるとは!

なんだけど、
素直な気持ちにさせてくれたわ。

 

 

 

 

うんうんうん、
また来るぞ!喰らうぞ!喰らっちゃうぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開店おめでとうございます!

 

・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.