ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

藤枝市

中華料理 寿蘭【ごまあじラーメン】@藤枝市

投稿日:2019年11月9日 更新日:

 

見かける情報は有名店ばかりで、
ま、そりゃ、
そういう店の味を楽しみたいものね。

 

うん、そりゃそうだ。

 

でもまだまだ知らない店も多くって、
そんな店も知りたいし、
そこの味も知りたくある。

 

 

 

 

国一バイパス、
谷稲葉インターを下りてまっすぐまっすぐ、
瀬戸川に架かる金吹橋が見えてくるので、

中華料理 寿蘭の道中

その手前の信号を左折。

中華料理 寿蘭の道中

バイパスの下をくぐり、

中華料理 寿蘭の道中

すぐ左手に見えてくる店。

中華料理 寿蘭の外観

 

 

【中華料理 寿蘭】

中華料理 寿蘭の外観

ノス系だかボサ系が好きな人はタマラナイ?

駐車場は周りにのぼり旗やら案内があり、
そこそこの台数は置けるみたい。

 

店内は右展開で、
厨房付きのカウンター9席、
テーブル4席×2脚が見られます。

圧倒されるのはスズメバチの巣。

中華料理 寿蘭の内観

あちゃこちゃにあって、
帽子やサングラスを付けたものまで。

中華料理 寿蘭の内観

なんともまぁ、スゴイね。

 

メニューはこちら。

中華料理 寿蘭のメニュー

基本はラーメンなんだろうけど、
やっぱ目についちゃうのがあってそれを。

半チャーでもあればと思うも、
セットものもなく残念。

 

 

こういう中華系の店って、
肉ダンゴが有名だったりするから、
興味はあるんだけど何個入ってるのかしら?

店主に訊いてみると、
「10個だけど半分も出来ますよ。」

お!そうなのね。
んじゃま、それでお願いしてみようかしら。

 

 

 

 

【ごまあじラーメン】¥730

中華料理 寿蘭「ごまあじラーメン」

細かく白ゴマが浮かぶスープは、
辛いラーメンを謳ってはいるものの、
それほど赤くはない。

中華料理 寿蘭「ごまあじラーメン」

トッピングに配するは、
チャーシュー、メンマ、
もやし、青ネギ、海苔。

まずはスープをイってみましょう。

中華料理 寿蘭「ごまあじラーメン」のスープ

さらっとあっさりしたスープで、
仄かに生姜とニンニクが香る。

軽く漂うゴマ風味に、
軽くピリ辛で、
どれを取ってもガツン!と主張はなく、
あくまでベースに合わせていて、
弱めながらにそのバランスは悪くはない。

中華料理 寿蘭「ごまあじラーメン」の麺

合わせるは加水低めの細麺。

スープをしっかりと馴染ませていて、
しなやかで程良い歯応えだわ。

もやしは茹でてあるもので、
水気は多い気はする。
チャーシューはバラ肉を使っていて、
脂の甘みが活きたもので、
これはイイ感じだわ。
メンマはポリポリと。

 

 

【肉ダンゴ】¥880→半分¥450

中華料理 寿蘭「肉ダンゴ」

意外に肉ダンゴが名物だったりするので、
興味があって頼んだ一品。

“ 半分”対応をしてくれたけど、
見映え的にはちょうどイイ感じだよね。

キャベツにパセリ、
なぜか紅生姜も添えられているのは不思議。
餡をまとった肉ダンゴは赤黒く深みがある。

 

ひと口かじってみると、
どうやら揚げてあるようで表面はカリッと、
ひき肉、玉ねぎが使われていて、
中はふわっとしっとり、
そして甘酸っぱい餡がドロリと。

割と強めの甘酸っぱさで、
“半分”サイズの5個ではあったけど、
甘みが口に残るので、
そのくらいの数で十分満足しちゃうかな。

 

 

 

 

僕にはちょっと甘過ぎだわ。

 

 

 

 

うんうんうん、
大人数ならイイんだけど、
ひとりだとセットものがあると嬉しいな。
色々食べてみたいんだもの。
人間だもの。

 

 

 

 

てことで、
また機会があれば来てみたいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごまあじラーメンって、
清水にあった「らいみん」だったり、
中華系で見かけるけど、
ルーツを知りたくあるなぁ〜

 

藤枝市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.