ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市東区

麺屋 龍壽【芳醇中華そば 塩】 @浜松市東区天王町

投稿日:2016年6月17日 更新日:





東京は「麺屋  一燈」出身の店主が、
地元・浜松に新たなる店を開きます。


2016年6月17日11時
浜松市東区天王町1241-1に、
麺屋 龍壽(りゅうじゅ)開店です。


店内のレイアウトは前店と同じで、
厨房設備のみ変更した仕様。
左手に厨房付きのカウンター6席、
右手に4人掛けテーブル2脚を置きます。

券売機は入口近くのカウンター端に。


メニューはこちら。


中華そばの塩と醤油を基本に、
トッピングでのバリエーション展開。
そしてゴハンものが2種。

清湯系で塩を上位に持ってくるあたりが、
これまたくすぐるなぁ〜

基本を押さえとこっと!


自分の店とは言え、
まだぎこちない様子の店主。


緊張感が伝わってきます。

(THX! MARC

「夢に近道は無し」

いっぱい遠回りして欲しいなぁ〜







【芳醇中華そば  塩】¥750


キレイな色合いの一杯です。


黄色味を帯びたスープに浮かぶ油の玉。
ニヤけちゃうよ。


まずはまずはスープをひと口。


全体的にほんのり甘みあるスープで、
ポルチーニ茸を使った香味油の甘みある香り、
そしてアサリの風味をフッと感じます。
柔らかい口当たりで、
塩のトゲトゲしさは無く、
スッと入り込んできます。
中盤以降、
温度が下がリ始めると、
アサリの感じ方は上がってくる。

イイねぇ〜 (≧∀≦)


麺は自家製なんだとか。
角断面で、
少しエッジを残した茹で上がり。
スープの旨みをしっかと染み込ませていて、
しなやかさがありながらも、
主張感があります。


チャーシューは2種。
鶏胸肉は、
コリッとした食感を僅かに感じるしっとりさ。
肩ロースは臭み無く、
プリッとした弾力ある柔らかさ。
どちらも低温調理されたもので、
熱の入れ方に絶妙さを感じます。
厨房内にある調理器は、
静岡唐瀬や熱海にもあるものと同じかな?


メンマの代わりにエリンギが使われています。
クニッとした食感が楽しいわ。
ただ割と風味の主張はあるので、
口の中がエリンギに満たされる感じはある。
逆に小松菜は苦みがあり、
口の中をリセットしてくれる感じ。





で、こちらも。





【鶏チャーシュー丼】¥280


ゴハンものは2種あって、
豚と迷ったんだけど鶏をチョイス。


ピリ辛ごまダレ味だそうで、
これ美味い。
ゴハンに掛けられた醤油ダレと合わさって、
想像以上にゴハンが進む。

これ、イイわ!


 





スープを飲み干すのに名残惜しさがあり、
ゆっくりゆっくり堪能しての完スペ。


美味かったぁ〜 
ε-(´∀`; )





となると、
醤油も当然気になっちゃうんだなだな。










龍の如く長い時を楽しませてもらえそうな店、
【麺屋 龍壽(りゅうじゅ)


29歳の若き店主のこれからに期待だわ。


とりあえず喰っとけ!
どどんがどーん!
m9( ̄▽ ̄)

浜松市東区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.