ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

ラボラトリー【天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺】@浜松市中区板屋町

投稿日:

 

 

 

気持ち満たされろ!

 

 

お腹が満たされるのはもちろんだけど、
気持ちも満たされたい。

ここんとこワクワク欠乏中で、
気分が高揚するものを欲しているので、
気持ち共々満たされたい。

 

 

なかなか機会が作れずにいたけど、
なんとか狙えそうだぞ。
そういう機会は活かさなきゃ!なんだな。

ラボラトリーの外観1

 

 

 

【ラボラトリー】

(浜松市中区板屋町102-1 )

ラボラトリーの外観2

今回は「ラボタン」モードで、
他に限定があってもそれにしゅる!気分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店頭には妖しき案内があって、
ココロ揺さぶられる。

ラボラトリーの限定案内1

ラボラトリーの限定案内2

ラボラトリーの限定案内3

海鮮丼は元々そのつもりだったし、
麺は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラボタンはまたの機会にして、
今回は限定にしよっかな。
初志貫徹はせずの優柔不断さで、
うん、今回は限定で💦

 

 

入店してカウンターに着き、
改めてメニューを見たりして、
ココロ確定で注文するのさ。

 

 

 

 

【天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺】¥1,250

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」1

 

 

 

おっほぉ!

 

 

ぶぶあられがたっぷりぷり〜

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」2

淡き色のスープ、
そこに透ける麺、
天然真鯛の湯引き、鯛含め煮に黒コショウ、
あおさ、刻み玉ねぎ、水菜、
そしてぶぶあられたっぷりで、
色鮮やかで楽しい表情を作り上げている。

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」3

 

 

まずはスープをひと口。

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」スープ

 

 

ほぉ〜

 

天然紅葉鯛と関八の出汁だそうで、
天然魚介の旨みを引き立てるべく、
塩は控えめに、
必要最小限に効かせたようで、
シンプルな旨みが伝わってくる。

それゆえに膨らみなども抑えめで、
徐々に蓄積することでの高まりに期待期待。

 

 

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」麺

合わせるは中細麺。

つるっとした肌をしていて、
唇をくすぐるというよりは、
さするという感じで入ってくる。
スープの馴染みは大人しめで、
啜り上げることで一体感が高まってくる。

あおさが溶け入ってくると、
磯の香りが加わって、
これがスープに広がりを持たせてきて、
イイ香りなんだわぁ〜

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」鯛身

鯛身はふっくらとしていて、
その旨みを伝えてくる。

 

 

 

 

 

このような一杯、
このようなスープに豚チャーシューなど、
全体のコンセプトを崩すでなく、
魚を合わせて違和感を感じさせずはイイな。

更に鯛の含め煮を合わせている。
出汁を戻すようなイメージで炊いたそうで、
箸先で摘まんでみるとまさにそう。

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」含め煮

これもスープに放出すると、

 

 

うん!

こりゃ、イイわ!

 

 

その旨みを加えることで奥行きが出て、
こういう展開になるんだぁ〜

味変での組み立てが考えられていたようで、
そこに刻み玉ねぎが入ってくると、
ちょいと辛みある瑞々しきシャキシャキ、
ぶぶあられはカリッと、
それぞれに食感で変化を付けてくる。

ラボラトリー「天然紅葉鯛と関八出汁 汁ありラボ麺」麺

含め煮の骨が時折見つかって、
気持ちが中断することがあるものの、
それよりも旨みを堪能したい気持ちが強く、
ま、ま、ま、と目を瞑ろう。

 

 

 

【2種丼】¥980

ラボラトリー「2種丼」

提供が無い時もあるけど、
有るなら食べたい海鮮丼。

この日はやがら、本当のネギトロの2種で、
それぞれ単体の丼としても食べられるけど、
出来れば組み合わせての複数種、
2種丼を楽しみたい。

ラボラトリー「2種丼」

 

 

 

出汁醤油の提供もあるけど、
ラボラトリーの魚だもの、
まずは何も付けずに食べてみたい。

てか、そうしましょ。

ラボラトリー「2種丼」やがら

やがらはしっとり柔らかだけど、
こりっとした食感も残っていて、
後で聞くと数日寝かしたんだとか。
脂のノリであったり、
甘みや旨みが感じられて良き良き。

ラボラトリー「2種丼」本当のネギトロ

本当のネギトロは、
“ねぎ取る”を由来とする本当のネギトロ。

ラボラトリーの限定案内4

骨に残る身をスプーンなどでねぎ取り、
脂などを混ぜない本当のネギトロで、
スーパーマーケットなどで見かけるような、
白くてコッテリとしたものとは違い、
柔らかくて仄かな甘みがあり、
程良き脂のノリが良き良き。

手軽さでスーパーのも食べることはあるも、
それとはやはり違うもの。

ラボラトリー「2種丼」本当のネギトロ

ここに山葵を少し載せてみて、
ゴハンと共に食べると、
なんとなく通っぽいでしょ?
通っぽく、通っぽく。

 

ま、でもゴハンと食べるならば、
やっぱり出汁醤油は必須。

ラボラトリー「2種丼」出汁醤油

但し、ジャビジャビと掛けるのではなく、
ちょちょっと少しずつ垂らす程度で、
醤油味主体にならぬようにしたい。

それでもイケるから。
魚を感じつつイケるから。

 

 

 

 

 

そんなこんなで味わい食べ進めたところで、
残るスープも使いたい。
店主にも勧められた食べ方で、
ま、もちろんそのつもりだったけど、
魚は少しだけ残しておいて、
スープを掛ける。

ラボラトリー「2種丼」スープ

やがらは熱が軽く入り、
甘みが増す感じはあり、
僕的にはネギトロが良かった。

ラボラトリー「2種丼」雑炊風

全体に上手く散ることで、
ゴハンとの一体感も増し、
味的にもより楽しめた感があって、
本当のネギトロ丼を追加したかったほど。
楽しんで楽しんで楽しんで、
味わって味わって味わって、
残るスープも楽しんで味わって、
完全スープペロリの完スペフィニッシュ。

 

 

ε-(´∀`; )

 

 

ラボラトリー「2種丼」完食

 

 

チリン!PayPay!

 

 

ランチとしては、
お値段的にはちょいと張りはするものの、
それに見合う満足度はあると思ってて、
お腹的にはもちろんのこと、
気持ち的な満足度の高さを感じられ、
プチ贅沢な気分にさせてくれる。

今回は汁あり麺と海鮮丼でそれを実感。
また次を欲してしまうんだなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次?

 

あ、そうそうそう、

11月20日(日)10〜17時、
11月20日(日)10〜17時、
11月20日(日)10〜17時、

遠州鉄道・第一通り駅の南側、
新川モールにてイベントがある!

新川モール

 

 

 

【浜松文化祭】

(@新川モール : 浜松市中区田町230-28)

浜松文化祭

浜松文化祭

 

 

そこにラボラトリーが参加。

ラボラトリー11月営業日

でもただ参加するだけでなく、
浜松家系「蔵前家」、
浜松市場まぐろのユウキとコラボ!

 

 

【蔵前ラボ feat. 浜松市場まぐろのユウキ】

蔵前ラボ

どんなものが食べられるのか?

想像が出来ないし、
想像だけで決めつけは出来ないし、
とにかく食べなきゃ分からないし、

 

 

そりゃ、イってみたい!
 そりゃ、食べてみたい!
そりゃ、感じてみたい!

 

 

11月20日(日)10時〜

 

 

晴れたらイイな。

 

 

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.