ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

カフェドロップ【タイラーメン】@浜松市中区布橋

投稿日:2022年4月3日 更新日:

 

推された店への初訪問を果たしたものの、
推された一杯はナイトメニューでもって、
夜だけしか食べれないんだと。

カフェドロップのメニュー16

ずるずると先延ばししてしまうと、
気持ちが弱まってしまいそうだもんで、
出来るだけ早いうちに食べておきたい、と、
頑張って時間を作るのさ。

 

 

場所はもちろん、
駐車場も分かっているので、
落ち着いて向かい、
提供開始の18時に合わせての再訪問。

 

 

 

【カフェドロップ】

(浜松市中区布橋2-4-4)

カフェドロップの外観2

カフェドロップの外観1

看板には明かりが灯っていて、
それは庭にも。

前回座った低きテーブルには先客が居て、
ん、教授と生徒だろうか?
いや、生徒にしては年齢が上だな。
何やら難しそうな話が聞こえる。

アバンティのジェイクやスタンのように、
聞き耳を立てずとも内容が聞こえてしまう。
ま、これもBGMと考えるとそう思えるな。

カフェドロップの案内

 

 

カウンターの方がイイかな?と、
座ってメニューを眺める。

ま、狙うべきは決まっているんだけど、
他の組み合わせも考えてじっくりと。

サイドでイケそうなものがあったけど、

 

 

ん゛

 

 

お値段が違う。
¥450と¥380で違ってて、
店主に一応確認すると
訂正されていないメニューらしい。

早く直しておいた方がイイと思うな。

 

 

メインはコレにして、

カフェドロップのメニュー13

サイドはコレにして、

カフェドロップのメニュー14

飲み物はアレにしようかと思うも、

カフェドロップのメニュー8

夜だし止めておこうかな、と、
メインとサイドを注文する。

 

 

“パクチーご希望な方は・・・”と、
ま、苦手な方も居るからね、
僕は大丈夫だから付けてもらおうかな。

 

 

「パクチーは無いです。」
「マンボウの関係で。」

 

 

ん゛

 

 

いや、マンボウがどうかは知らんがな。
その文言があるから申し出たんだけど、
随分と塩対応じゃん。
まぁ、無いなら無いで諦めるしかないけど。

 

 

「飲み物は?」
「飲み物マストなんスよ、喫茶店なんで。」

 

 

ん゛

 

 

メニューを見落としてたか?
そんな文言が書かれていたかん?

前回訪問で奥さんが居た時はイイ雰囲気で、
それも再訪した理由のひとつなんだけど、
な〜んか、
ツンとした感じだなぁ〜
ココロがザワつくなぁ〜

まぁ、確かに喫茶店ではあるんだろうし、
飲み物はどうしようか?
迷ったのは迷ったので、
頼んでもイイけどさ、
メニューにでもさ、
そんな文言を書いといて欲しいよなぁ〜

ランチメニューには、
プラス¥200でドリンクが付けられる、と、
あくまで客側の選択権に委ねられるような、
そんな風に感じたけどどうなのさ?
単体メニューにはマストなのかい?

なんかココロがザワザワしちゃうぞ。

 

 

 

 

飲み物は受け入れるけどさ、
それよりもパクチーはマストでしょうが。

仕入れる気が無いならば、
そんな文言も消しといて欲しいわ。

( ̄(工) ̄)

 

 

 

 

 

ラーメンを頼んだので、
カウンターより食べやすいからと、
テーブルへ移動を促される。

カフェドロップの内観

 

 

 

 

 

【YoKoZuNa】¥450

カフェドロップ「YoKoZuNa」

まず提供されるはヨコヅナ。

スパムを載せて海苔で巻いたおにぎりで、
ワサビマヨネーズが添えられています。

ちなみに、
おにぎりとおむすびの違いって、
何なんだろう?と調べてみると、
単に呼び方が違うだけなのだそうで、
スパムおにぎり、
スパムおむすび、どちらも正しいようです。

 

 

 

 

で、で、で、
ラーメンはまだのようなので、
先に食べよっかしら?

カフェドロップ「YoKoZuNa」

サイズ的には大きめなので、
ひと口では咥えられないなぁ〜

あ、まずはワサビマヨネーズを付けて、
こんな感じでイイかしら?

カフェドロップ「YoKoZuNa」ワサマヨ

 

 

むぐ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら!

大口を開けても頬張れないぞ。

あー、
海苔が千切れづらく、
噛み切りにくいぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンミ強めのスパムにゴハン、海苔、
そこにワサビマヨネーズは合うなぁ〜
ワサビ好きなので、
もっと強くてもイケるけどね。

 

 

むぐむぐむぐ

 

 

やっぱ食べづらいなぁ〜

カフェドロップ「YoKoZuNa」ワサマヨ

サイズ感を抑えた方が食べやすいし、
スパム、ゴハン、海苔、
ワサマヨがひと口で収まることで、
一体感良く食べれそうなのになぁ〜

 

 

 

 

ヨコヅナでなくて、
オオゼキでなくて、
セキワケでなくて、
コムスビの方が楽しめそうなんだわ。

 

 

 

 

 

【タイラーメン】¥730

カフェドロップ「タイラーメン」

 

 

ほぉほぉほぉ

 

やっと目の前に出来たタイラーメン。
カフェで食べられるラーメンって、
なかなかレアじゃない?

知らない情報を教えてもらって嬉しいし、
知らない情報を活かせたことが嬉しい。

カフェドロップ「タイラーメン」

フチに青い紋様が入る丼に、
茹でたキャベツ、もやし、
ひき肉、団子、青ネギ、
これはパクチーの代用かしらん?
香草で使われるは刻んだセロリみたいで、
それはそれでアリかしらん?

 

レンゲというか、
スプーンでスープをひと口運ぶ。

カフェドロップ「タイラーメン」スープ

牛骨でなく鶏ガラが使われているそうで、
淡い味付けがされていて、
既に香草の香りが入り込んでおり、
時折ニンニクがふっと香ったりする。

カフェドロップ「タイラーメン」セロリ

出汁や味付け、エンミなどで、
ぐぐっ!と強く主張するものでなく、
大人しいスープといったところ。

 

 

ふぉ?

合わせるは米粉を使ったという麺。

カフェドロップ「タイラーメン」麺

フォーは今までも食べたことはあるけど、
使われるそれは透明感があって、
ふにゃっと柔らか、
ともすれば箸で掴むと千切れたりして、
普段食べる麺と比べると、
弱いイメージではあったけど、
これは全然違う。
今までの米粉の麺とは明らかに違う。

平打ち太麺で、
形状的には変わるものではないけど、
エッジがしっかりとしていて硬めで、
歯応えもしっかりとしている。
米粉麺の初めての噛み応え強いもので、
正直オドロキ。

スープの馴染みは始めは弱いながらも、
徐々に増してはいく。

 

 

そこにセロリの香り、
ふっとニンニクの香りが重なり、
ひき肉の旨みが重なり、

カフェドロップ「タイラーメン」ひき肉

あぁ、
でも絶対パクチーは合うでしょうにぃ〜
などと思いながらに食べる。

 

 

あーだこーだ言っても、
無いものは無いんだけど、
パクチーは合うだろうなぁ〜
パクチーマストだよなぁ〜

マストだよ、マ・ス・ト。

キャベツやもやしを絡ませるんだけど、
茹でたものなので、
淡いスープにあってはちょいと味気ない。
強めに味付けての変化があっても面白そう。

カフェドロップ「タイラーメン」団子

団子は鶏?
きめ細かい挽き具合で、
ふぅわりと柔らかで、
ん?イカかしらん?
ま、イイや。

やわやわのフォーとは違い、
硬めのフォー風タイラーメンって感じで、
これはこれで面白い一杯であったぞん。

 

 

【アイリッシュ(ICE)¥500

カフェドロップ「アイリッシュ」1

ブランデーが入ったHOTって、
昔一度だけ飲んだことがあったんだけど、
ICEってのは飲んでないなぁ〜、と、
興味があってのアイリッシュコーヒーICE。

こちらはアルコールレスだそうで、
酔う心配がないってのがありがたい。

カフェドロップ「アイリッシュ」2

クラッシュアイスがたっぷり入っていて、
下の方が濃い色をしたグラデーション。

カフェドロップ「アイリッシュ」3

ストローで軽く揺すってから啜ると、

 

おぉ!

 

ほろ苦くも甘みがあってコク深く、
ん?
これは何かに似ているなぁ〜と、
考えながら飲んでみると、

 

あ!

そうだ!

 

プリンに掛けられるカラメルに似てる。

うん、そう、カラメルだ!
カラメルに似た味だ!

これはなかなか面白い味で、
心地良い空間において気持ちが休まる感じ。
あぁ、イイ感じだなぁ〜

ココロのザワつきが多少は落ち着くわ。

カフェドロップの内観

ま、そうは言っても空間は居心地良く、
“通常”であれば落ち着ける場所ではあり、
まぁ、気持ちを落ち着けて退店しよう。

 

 

えっと、料金は¥1,680だよな。

PayPay対応はしてないので、
スムースに支払いをして退店しよう。

 

 

「1,700円です。」

 

 

 

 

ん゛

 

僕の見たメニューが違ってたか?
価格が訂正されてないのか?
正してないのか?

 

 

 

 

そういうとこだぞ!

 

飲み物マスト以前に、
金額や文言を含むメニュー改定がマストだ!

 

 

マ・ス・ト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(-.-")凸 ザケンジャネーゾ

 

カフェドロップの外観3

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.