ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

亀山屋【ワンタン】@浜松市中区鹿谷町

投稿日:2022年1月9日 更新日:

 

もうちょい食べたいんだけど、
気持ち的にフィットするものが見つからず、
どうしたものか?と思案思案。

 

 

 

 

あああああ

しばらく行けてなかったなぁ〜

気にはしていたけど、
久しく行けてない店があったっけ。

ふいに思い出したことをきっかけに、
それは活かさにゃ!と向かうことにしゅる。

 

 

 

 

浜松城の北側、
姫街道沿いに位置し、
赤い庇、赤い暖簾と、
目立つ色使いであるも、
目立たない空気感に思える店。

 

 

 

【亀山屋】

(浜松市中区鹿谷町27-39)

亀山屋の外観

昼時は過ぎた頃ではあるものの、
通し営業はありがたく、
隣の駐車場も余裕があっての駐車。

亀山屋の定休日

店内は落ち着いた雰囲気で、
メニューを眺めます。

亀山屋のメニュー

さてさてさて、
餃子は必須の気分ではあるけど、
腹具合を考慮すると他の組み合わせに迷う。

 

 

 

 

ふうううむ

アレは食べてなかったし、
こんな機会じゃないと頼まないかもだな。

餃子とキャラが被りそうな気もするけど、
ま、そちらは麺類ということで納得しよう。
ふむ、そうしよう。

亀山屋の内観

 

 

 

 

 

【ワンタン】¥400

亀山屋「ワンタン」

 

 

おおおおお

 

 

お?
こんな表情なんだぁ〜

全く想像していなかったものの、
見た目は量の少ないラーメンって感じで、
でも当たり前ながら麺は見当たらず、
チャーシュー、メンマ、なると、
青ネギは入ってて、
て、ワンタンは入っているのかしら?

亀山屋「ワンタン」

みなぎるワンタンを想像していただけに、
パッと見はスープに沈んじゃってるのか、
それらしいものは見えずで、
やっぱ麺が入っていないラーメンって感じ。

不思議だ。

亀山屋「ワンタン」スープ

スープを口にすると、
例の如く、
淡めの醤油に淡めの出汁ってとこで、
これは「ラーメン」同様かな。

 

 

お安いもんなぁ〜
ここんとこはやむを得んのかなぁ〜

 

 

と、思いつつのふた口み口で、
メインのワンタンはどこぞや?

行方不明のワンタンを捜索すると、

 

お!
やっぱ入ってるわ!

 

入ってるぞ、入ってるぞ、入ってる・・・
硬いぞ。

亀山屋「ワンタン」ワンタン

餡は僅かに入ってるようだけど、
皮の折り重なり部の方が歯応え強く、
それに消えちゃっていて、
ヒラヒラの羽衣はぼろぼろになっちゃって、
ちゅるんと表現すべくの食感は無く、
“雲呑”っていう感覚ではないんだな。

不思議だ。

亀山屋「ワンタン」チャーシュー

チャーシューはもも肉を使っていて、
醤油がしっかりと染みていて、
噛み締めると滲み出てくるけど、
ややパサの噛み締め感で、
やや酸化が感じられて凹。

メンマはボキボキと、
繊維質豊富を感じる硬さ。

なるとは淡いスープにあっては、
魚の旨みをよく感じられる。

などと食べ進めるも、
味を欲してくるので、
卓上から醤油との白コショウを足すと、
ビシッと締まってキマる。

亀山屋の調味料

セルフ調味は必須かも。

 

 

 

【餃子(六ヶ)¥250

亀山屋「餃子」

結構好きな味だったので、
また食べたく思ってたんだな。

キツネ色の焼き目で、
揃っていない大きさに手作り感を感じる。

亀山屋「餃子」

いつも通りに、
まずは何も付けずに口にすると、

 

ぶわぁッ!

 

ニンニク強いのだ。

そこからキャベツなどの甘みが膨らみ、
下味はそれを邪魔しないほどに強くなく、
でも、
しっかり過不足なく効かされているので、
やはり何も付けずに食べるのがイイわ。

 

 

 

 

油のベタベタ感はあるので、
それを紛らす為に酢ラー油をちょん付けし、
スッキリさと辛みでさっぱりと。

醤油は必要ないと思うぞ。

 

 

 

 

餃子は好きなんだなぁ〜
また食べたくなるんだなぁ〜

てなことで、
パクパクと口にしての完食。

 

 

 

 

派手な店ではなく、
お値段は抑えたままの素朴さで、
なんかほっこりとする雰囲気が好きな店。

 

 

 

 

また寄ってみたくなるんだな。

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.