ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

NIKO寅【淡麗煮干し塩】@浜松市中区葵西

投稿日:2021年7月17日 更新日:

 

「煮干しがちょい苦手な店主」が、
「淡麗煮干しらぁめん」を手掛けるんだと。

 

 

ほぉほぉほぉ

 

 

それはちょいと興味深くあるわいな。

ま、でもその限定の一杯は食べれずとも、
そもそも営業は毎月第1、3土曜日のみ、
月2回だけなので、
店自体が限定営業ということを考えたら、
レギュラーも限定のようなものなので、
そこんとこは気にせず、
食べられればラッキーかな。

 

 

ってことで、
11〜15時、17時〜の営業時間のうち、
狙えた昼に赴くんだわん。

 

 

 

【NIKO寅】

NIKO寅の外観2

いやぁ〜
カラオケ店「グランプリ」に向かうと、

カラオケグランプリの看板

風で“飛ぶぞ”ってことなくテントがあり、
営業しているのを確認。

NIKO寅の外観1

外待ちは10人ほど出来ていて、
先頭のポポ氏に会釈しての最後尾。

NIKO寅の外観3

NIKO寅の外観4

雲りではあったけど、
ぱらぱらと雨が落ちてきて心配するも、
なんとか持ち堪えての外待ちで、
はしゃぐ子供たちに意識を持ってかれつつ、
平常心を保つふりでスマホいじり。

NIKO寅の外観5

店主は淡麗系スープが残り少なで、
煮干も切れそうとの案内を発していて、
平常心を保つふりでスマホいじり。

 

 

この日は上手く回ってないのか、
ちょいと時間が掛かっちゃってるようで、
平常心を保つふりでスマホいじり。

 

 

ようやくの入店・・・入テントは1時間後。

 

 

メニューはこちら。

NIKO寅のメニュー1

NIKO寅のメニュー2

NIKO寅のメニュー3

順番に注文を訊かれ、
売り切れを心配しつつ、
ダメ元で限定を頼んでみると、
なんとか出来そうとの回答だったので、
即それを注文。

NIKO寅の限定メニュー

水をセルフで用意しての調理待ち。

NIKO寅の内観

 

 

 

 

 

【淡麗煮干し塩】¥950

NIKO寅「淡麗煮干し塩」

 

てへへへへ

ギリギリだったぜ。
ラスイチだったぜ。

 

無けれは無いで、
普段の選択とは違うものを食べるっていう、
イレギュラーを楽しむってのも手だけど、
今回はラスイチの喜びを素直に味わおう。
うん、そうしよう。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」

白き丼には琥珀色のスープ広がり、
チャーシュー、メンマ、白ネギ、
揚げエノキ、三つ葉、煮干、海苔を配す。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」三つ葉

くるりんぱと結ばれた三つ葉、
その上に煮干が泳いでいるようで面白いな。

 

 

さて、
店主は煮干がちょい苦手らしいけど、
どんなスープなんだろか?

 

 

ひと口イってみましょうか。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」スープ

 

ほぉ〜

こりゃまた淡いわねぇ〜

 

ガツン!とは正反対、
旨みだけを静かに静かに静かに抽出し、
苦みやエグミなどは抑え、
大人し〜い淡麗な煮干感で、
エンミで輪郭を描くのではなく、
こちらから探しにいくような、
むしろそっと寄り添うだけの淡さで、
透明感のある水墨画のような印象。

ふた口み口と重ねるも優し過ぎる上品さで、
この後の麺との絡みを危惧。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」麺

合わせるは低加水細麺で、
ひと口ふた口み口と重ねていくも、
やはり馴染み弱く麺勝ちの様相で、
煮干もタレもほんのちょい強めても良さげ。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」揚げエノキ

揚げエノキをほぐし入れてみようと、
箸でうにうにうにと突いて解放してみると、
うん、キノコの旨みが溶け入り、
尚且つ、
麺に絡めることでこりっとした食感と共に、
旨みも加わってイイわ。

派手な変化ではないけど、
上手く加わってくれたわ。

 

白ネギはしんなりとしたもので、
ざくざくと変化を付けてくるけど、
本来のスープが淡いのでちょいと浮いてる。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」チャーシュー

チャーシューは共に肩ロースのようだけど、
仕上げ方を変えての2種のようで、
ひとつは煮豚でほろっと崩れる柔らかさ、
ひとつは低温調理のレア仕上げで、
厚みを持たせて切られていて、
あ、炙りが入れられているのね。

ほんのりと甘みがあり、
下味がしっかりと染みていて、
でもしょっぱくはなく、
臭みなくしっとりジューシーな旨み、
そこに炙りによる香ばしさが加わり、
こりゃ、旨いわ。
イイぞ。

 

メンマは逆に甘みが目立ってしまっている。
海苔による磯の香りはイイな。

三つ葉はおひたし状態で、
その香りが口の中で広がる。

 

煮干を口にてみると、

うほ!

煮干をただ置いただけで、
単なる飾りかと思ったら、
これ、素揚げしているようで、
カリッ!とした香ばしき歯応えがあり、
いや、このサプライズ感はヤラれたぞん。

ヤラれたわん。

 

 

 

【チャーシュー丼】¥300

NIKO寅「チャーシュー丼」

乱切りチャーシュー、白ゴマ、白ネギ、
糸唐辛子をゴハンの上に載せ、
紅生姜を丼フチに添える。

NIKO寅「チャーシュー丼」

摘まんでみると、
しっとりしたチャーシューで、
掛けられたタレは甘みがある。

NIKO寅「チャーシュー丼」ゴハン

ゴハンと食べるには、
エンミがもうちょい欲しいな。

 

あっさりとしてるので、
スープを注いでの茶漬け風でさらさらり。

NIKO寅「チャーシュー丼」スープイン

NIKO寅「チャーシュー丼」雑炊風

煮干はまだ改良の余地はあるよに思うも、
最後は満足しての食べ終わりで、
完スペにてフィニッシュです。

NIKO寅「淡麗煮干し塩」完スぺ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テントは雨仕様だったのか、
微妙に止んだりパラついたり、
風が入らなかったりで湿度高くむんむん。

ちょいと汗が滲んできた。
毎月2回の営業なれど、
また食べに足を運びたくなる店で、
次なる情報アップが気になるところ。

これを機にして、
冷たいシリーズが開始されるそうで、
当面は温はお休みになるんだとか。

そちらもまた気になるところだね。

 

 

\( •̀ω•́ )/  チェキラ

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.