ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市東区

中華ソバ 藤むら【中華ソバ(生卵付き)】@浜松市東区篠ケ瀬町

投稿日:2021年11月17日 更新日:

 

 

マヂか?!

 

突然の店主情報は衝撃。

牛の仕入れ価格の急激な上昇があり、
ラーメンの値段を上げる対応も考えたけど、
新しい店、新しいラーメンに挑戦したいと、
7月末をもって閉店するとの情報。

残り一週間ほどじゃん!
マヂか?!

なんとか食べておきたいと最後の訪問。

Soul Noodles THE R&Rの看板

 

 

 

【Soul Noodles THE R&R】

(浜松市東区篠ケ瀬町417-7)

Soul Noodles THE R&Rの外観

Soul Noodles THE R&Rの外観

Soul Noodles THE R&Rの閉店案内

 

 

 

「いらっしゃーせー」

 

 

店主の挨拶が切ない。

Soul Noodles THE R&Rの券売機

好きな一杯と一杯を食べておこっかな。
ポチリポチリ。

Soul Noodles THE R&Rの案内

Soul Noodles THE R&Rの内観

 

 

 

 

 

【潮ソバ】¥850+味玉

Soul Noodles THE R&R「潮ソバ」

そりゃあね、
寂しさもあるわいや。

Soul Noodles THE R&R「潮ソバ」

これがもうR&Rとして、
最後の一杯になるかと思うとさ。

Soul Noodles THE R&R「潮ソバ」スープ

Soul Noodles THE R&R「潮ソバ」麺

 

 

 

【チャーシュー丼】¥300

Soul Noodles THE R&R「チャーシュー丼」

ゴハンものも食べとくさ。
炙られた3種のゴロゴロチャーシュー。

Soul Noodles THE R&R「チャーシュー丼」

売り切れて食べられないこともあったけど、
最後に食べられて良かったな。

モチのロン、完食完スペにてフィニッシュ。

Soul Noodles THE R&R「潮ソバ」完スぺ

さようなら。
そうるぬーどるずじあーるあんどあーる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月某日。
壁も看板も黒から白に塗られ、
それを事実として受け止めなきゃと実感。

Soul Noodles THE R&R「閉店」

 

 

 

 

 

 

 

9月某日。
ちょいと覗いてみると、
店主が居たので話をしてみると、
8月には新店オープンのつもりだったけど、
あんなことやそんなことがあり、
治癒に時間が掛かるので開店未定とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

11月某日。
新しき看板が付いていたので訊くと、
こっそり始動するとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

11月その後の某日。
こっそり始動したよな情報を見かけ向かう。

 

ぐげ!

 

定休日は金曜日に変わったんだ!

中華ソバ 藤むら「定休日」

中華ソバ 藤むら「定休日」

告ってないのにフラれたみたいじゃん!
マヂか!
マヂか!
マヂか!

 

 

 

 

 

 

 

改めましての訪問は、
まだプレオープンでの営業日。

 

 

 

【中華ソバ 藤むら】

(浜松市東区篠ケ瀬町417-7)

中華ソバ 藤むらの外観

中華ソバ 藤むらの外観

 

なぜにその店名?

 

武藤店主とは関係ない名前かと思い、
以前訊いていたんだけど、

 

 

ラーメン武藤

ラ武藤

らむ藤

藤むら

 

 

・・・なんだと。

なかなか不思議な感覚に感じるわ。💦

 

 

 

 

さ、さ、さ、
外には節のイイ香りが漂っていて、
期待値高まっちゃうぞい!

中華ソバ 藤むらの求人

店内はアクリル板で仕切られたカウンター、
ぎぃぎぃと音がしてた椅子は変更されてて、
プレだからか、
まだ様子見だからか、
とりあえずテーブルは無し。

ロックがBGMで流れていた以前と変わり、
ピアノのジャズの落ち着いた雰囲気で、
店主もTシャツから白衣に変えてた。

 

 

券売機は以前と同じ場所ながら、
向きが90°回転して置かれた。
そこには消毒装置、セルフの水なども。

中華ソバ 藤むらの給水器

券売機を見ると、
基本スープは一緒のようで、
麺量、肉量、生卵の有無などにより、
バリエーション展開しているみたい。

中華ソバ 藤むらの券売機1

 

さて、どうしたものか?

 

左上の法則的には中華ソバだけど、
麺量は普通で、
お?
200g?
結構あるね。

ま、普通にして、
せっかくだから生卵付きを試してみよう。

中華ソバ 藤むらの券売機2

うん、そうしよう。
あ、ゴハンものもあるな。

中華ソバ 藤むらの券売機3

両方にしよう。
うん、そうしよう。

P&P・・・
あ、ポチリ&ポチリ。

中華ソバ 藤むらの内観

 

 

 

 

 

【中華ソバ(生卵付き)¥850

中華ソバ 藤むら「中華ソバ(生卵付き)」

奇を衒うでないオーソドックスな表情です。

中華ソバ 藤むら「中華ソバ(生卵付き)」

てらてらとオイリーそうなスープ、
折り畳まれた麺、
チャーシューは薄切りスライスのもの、
メンマ、そして白ネギを配していて、
生卵は別皿にての提供。

生卵無しの設定もあるものの、
有りを試してみたかったのです。

 

まずはスープをひと口。

中華ソバ 藤むら「中華ソバ(生卵付き)」スープ

 

熱ッ!

 

表層のオイルが熱をキープしてアツアツ。
そこから節の香りがぶわぁッ!

ベースは豚だとは思うけど、
それがしっかりと節を支え押し上げ、
ちょいと強めの味でもって主張してきて、
去り際に甘みが膨らんでくる。
なるほどなるほどです。

中華ソバ 藤むら「中華ソバ(生卵付き)」麺

合わせるは自家製の細麺。

加水低めでしなやかさがあり、
麺肌滑らかで啜り上げ良く、

 

 

するするッ!

 

 

唇をくすぐりながら滑り込んできて、
スープもしっかりと持ち上げてくる。
するするッ!が気持ちイイのよ。

一体感イイんだけど、
オイリーさは否めず。

 

チャーシューは薄切りスライスされていて、
でも味はしっかりと入り込んでいて、
むしろしゃっぱめぐらいの強さがあり、
麺と一緒に絡めると上回る存在感。
薄さ以上の濃い味があって、
アクセントとしては面白くある。

メンマはこりぽきで、
その食感は以前同様の小気味良さ。

ネギが時折絡んでくるんだけど、
これはもっと欲しくあるなぁ〜
スープが強いのでもっと欲しくある。

あ、追加トッピングは無いものの、
刻み玉ねぎも合いそうな気もする。

 

 

さて
全体をひと通り口にしたら、
いよいよ生卵の登場。

中華ソバ 藤むらの案内

co-ike氏の独特なタッチのマンガに倣い、
しっかり混ぜた生卵に麺を付けてみる。

中華ソバ 藤むら「中華ソバ(生卵付き)」生卵

 

 

お!

 

なるほどなるほどなるほど!
すき焼き風ね!

熱い麺に絡む冷たい生卵の温度ギャップ後、
コクが包み込むような感じで、
これはなかなか面白い。
てか、好きだな。

ふた口み口と重ねてみて、
途中付けずのノーマルに戻したり、
変化を付けて食べてみる。

1個で十分ではあるんだけど、
徐々に生卵感がスープに寄ってくるので、
生卵(¥50)を追加しても良かったかも。

 

 

うんうんうん

てか、麺量200gは結構な量だよな。

するするッ!と啜れちゃって、
その気持ち良さはイイんだけど、
徐々に単調に感じてきちゃう感じで、
この麺はこの麺でイイけど、
違うものも試してみたい気にもなる。

 

 

 

【肉めしセット】¥200

中華ソバ 藤むら「肉めし」

金額に惹かれて食べてみたくなった肉めし。
R&R時代は豚、牛、鶏の3種で、
しかもゴロゴロしたものが入ってたけど、
今度はコロコロと小さめカットの豚のみ。

但し、ボウルに入れられて、
バーナーぼーぼぼぼ!は変わらずで、
その調理風景にはニヤリ。

中華ソバ 藤むら「肉めし」

コロコロはサイズ的に食べやすく、
ゴハンとの一体感も上がるのでイイけど、
ゴロゴロの噛み締め感を覚えているので、
ちょいと寂しい気はする。

中華ソバ 藤むら「肉めし」ひと口

ぱくぱくと食べたらば、
卵にスープを加えて混ぜたものを注ぎ入れ、

中華ソバ 藤むら「中華ソバ(生卵付き)」スープ割り

中華ソバ 藤むら「肉めし」スープ割り

雑炊風にしてぱくぱく。

中華ソバ 藤むら「肉めし」雑炊風

 

 

ふひひひひ

 

そんでもっての完食です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの意識高い系とは違う、
新しくも懐かしい感じのする中華ソバ。

訪問時はプレオープン期間だったようで、
オイリーだったり、
味がちょいと強めだったり、
あれやこれやと感じるものはあったりで、
まだイヂってくるやもですが、
R&Rとは違う引き出しを開けてきた感じで、
次の実食が楽しみではあります。

 

 

あ、担々ソバだったり、
篠ヶ瀬タンタンソバだったり、
これからの時期やらないのかしら?

そちらも気になるとこではあります。

 

 

 

 

ともあれともあれ、

開店おめでとうございます!

 

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

 

 

 

浜松市東区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.