ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市東区

麺屋 KAZU-G【JIRO(大盛)】@浜松市東区篠ケ瀬町

投稿日:2020年1月3日 更新日:

 

年末年始休暇情報

 

ジローが食べたいッ!!

 

先日名古屋で食べたうどんで火が着いたし、
それまでも食べたくて訪問するも、
満車で断念してたこともあって、
いざ!いざ!いざ!行かにゃ!だわと訪問。

麺屋 KAZU-Gの外観

 

 

【麺屋 KAZU-G】

麺屋 KAZU-Gの外観

休日の昼時ではあるけど、
ちょうど谷間に入った頃だったようで、
すんなりの入店はラッキーだわ。

店内は右縦に厨房付きのカウンター、
通路を挟んだ左に小上がりがある。
券売機はすぐ左手前に。

麺屋 KAZU-Gの券売機

新たに唐揚げセットが加わったりで、
腹パン必須でありがたくはあるけど、
今回はそれ無しで腹パンになりたし。

麺屋 KAZU-Gの案内

で、ポチリ&ポチリ。

麺屋 KAZU-Gの内観

 

 

 

 

【JIRO(大盛)】¥900+100

麺屋 KAZU-G「JIRO(大盛)」

 

どどーーーんッ!

もやしの山にチャーシュー、メンマ、
刻み玉ねぎ、揚げ玉ねぎ、青ネギが乗り、
フチには刻みニンニクをどん!と置く。

そのボリューミーなる山にココロが揺れる。

麺屋 KAZU-G「JIRO(大盛)」

とりあえず、
まずはスープをひと口。

麺屋 KAZU-G「JIRO(大盛)」のスープ

まったりと舌を優しく包み込む、
濃厚だけど重たくない豚骨は甘みがあり、
以前よりライトになったよな印象。

醤油はそれを味わわせるかように効かせ、
カラメではないので、
ガツン!というインパクトは弱め。

麺屋 KAZU-G「JIRO(大盛)」の麺

合わせる麺は全粒粉配合の縮れ太麺。

麺肌滑らかながら、
ややヌメってるのがどうも気にはなる。

歯を入れると強めな歯応えがあり、
このあたりはスープとのバランスは良さげ。
ま、ただカラメ仕様の方がより良さげ。
ちょいとパンチに欠けるんだな。

天地返しすると、
もやしの水気で薄まるのでよりそう思う。

 

刻みニンニクが絡むことで、
香りによるパンチは増すんだけど、
うん、そこはちょいと違うんだな。

 

卓上を見ても醤油系が無いので補強出来ず、
中盤にセルフの水サーバー付近で、
カイエンペッパーを借りて投入。

麺屋 KAZU-G「JIRO(大盛)」の味変

卓上の粗挽き黒コショウも投入で、
刺激物でのパンチ増しでメリハリはつくも、
やはりカラメ仕様が恋しい。

トップに掛けられたもののうち、
刻み玉ねぎのシャリッとした食感が合い、
これはイイ感じではあるな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャーシュー。

以前は煮豚であったものが、
肩ロースのレアチャーシューに仕様変え。

麺屋 KAZU-G「JIRO(大盛)」のチャーシュー

薄切りスライスで、
山にべたーーーっと張り付いていて、
ジローの表情からすると違和感。

柔らか食感で肉質は味わえるけど、
なんか生肉感があり、
噛み応えある煮豚の迫力には負けて、
やはりやはりの違和感。

麺屋 KAZU-Gの内観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹はガッツリと満たされたものの、
心はガッカリと満たされず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またの機会に。

( ̄(工) ̄)

 

 

 

 

 

年末年始休暇情報

浜松市東区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.