ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

磐田市

支那そば こてつ【支那そば】@磐田市

投稿日:2021年11月4日 更新日:

 

 

忍者系の一杯が食べたい。

 

欲するんだよなぁ〜

テレビでの紹介もあって、
総帥の「時代麺房ライオン」は混雑してて、
なかなか寄れなくなってきている。
いや、
タイミングが合わないだけだけど。💦

 

 

 

と、と、と、
とにかく食べたいのだ。
あの一杯が食べたいのだ。

この日の狙いはこちらだ。

 

 

 

【支那そば こてつ】

(磐田市上大之郷366-3)

支那そば こてつの外観

支那そば こてつの外観

総帥の下で働いた後、
独り立ちした直近の弟子ってとこで、
テレビでゲストが実食したものは、
こてつ店主が作ったとの噂もあり、
そこんとこは間違いのないところ。

支那そば こてつの営業時間

暖簾をくぐると、
すぐ左手に券売機があり、
じーっと眺めはするものの、
食べたいものはキマッテル!!!!

ゴハンものもモチのロンでポチリ&ポチリ。

支那そば こてつの内観

 

 

 

 

 

【支那そば】¥750

支那そば こてつ「支那そば」

そりゃあ、
イっとくでしょう。
イっとくべきでしょう。

忍者系といったらば、
やっぱこの一杯は食べときたい。

青き雷紋に縁取られた丼には、
濃い色合いのスープをたたえていて、
そこからチラッと見える自家製麺、
トッピングにはチャーシュー、メンマ、
青ネギを配していて、

 

お!

 

レンゲは表情を邪魔しないよう、
無造作ではなく、
さりげなく沈めている。

支那そば こてつ「支那そば」

 

 

ちょいとオイリーな感じがあって、
ちゃぷちゃぷしてのひと口。

支那そば こてつ「支那そば」スープ

 

 

支那そばだ!

 

甘みあるコク深き醤油感で、
ビターな感じもある。
ベースはさらっとした感じで、
ややライトな感じはするも、
バランス感はイイなぁ〜

調理を見ていると鶏油は後掛けのようで、
それゆえか、
見た目同様にオイリーな感じはある。
クドいわけではないけど、
やや気にはなるところだわ。

支那そば こてつ「支那そば」麺

合わせるは自家製のストレート細麺。

肌は滑らかさがあり、
唇から舌を、口腔内をくすぐってくる。
スープの馴染み良く、
もちっとした歯応えがイイんだわ。

チャーシューはバラ肉メインとなるようで、
醤油をしっかりと馴染ませた見た目で、
それは口にしても同様に、
脂の甘みとのコラボを楽しめる。
メンマは柔らかくぽりぽり。

 

白コショウを投入すると、
これが合うのよね。
ビシッと締めての食べ進み。

 

 

 

【ハラミ丼】¥250(ランチ価格)

支那そば こてつ「ハラミ丼」

んでもって、
食べておきたいのがハラミ丼。

タレをまとったハラミがゴロゴロ載せられ、
白ゴマ、青ネギで仕上げられている。

支那そば こてつ「ハラミ丼」

そのまま口にしてみると、
ぷりっと強めの弾力があり、
ニンニク強めの甘ダレで味付けられていて、
歯応えを楽しみながら肉の旨みを味わえる。

 

 

て、ちょいとニンニクは強めだなぁ〜

口の中に残る感じが強い。
この日はコメが柔らかで、
ハラミの強さに比べると、
バランス的に受け止め切れてない感じ。
ちょいと残念。

支那そば こてつ「ハラミ丼」スープ

残るスープを注ぐと、
そりゃあ、もう一体感高くて旨し。

支那そば こてつ「ハラミ丼」雑炊風

それをかき込み、
残りのスープもゆっくり味わって飲み干し、
完全スープペロリの完スペフィニッシュ。

支那そば こてつ「支那そば」完スぺ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜松以外では唯一の店で、
最東端にある忍者系【支那そば こてつ】

その後の客足は続々と増えていき、
人気の高さを実感。

 

 

 

 

また来なくっちゃ!なんだわ。

 

 

( ̄▽ ̄)b

 

 

 

支那そば こてつの求人

 

 

 

磐田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.