ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

磐田市

磐田 麺屋 さすけ【焼き煮干し中華そば・塩】@磐田市

投稿日:2022年9月19日 更新日:

 

注目はしている。

少しずつ試行錯誤しているようで、
それを感じるのは面白く、
本人のキャラも面白く、
それもあるかもだけど、
そんなこんなもひっくるめて注目している。

 

 

今回は楽しませてくれるかしらん?

 

 

 

【磐田 麺屋 さすけ】

(磐田市大原1385-1)

磐田 麺屋 さすけの外観

磐田 麺屋 さすけの駐車場案内

僕的には割と早い時間帯での到着も、
開店時の混雑は過ぎたようで、
ちょうど谷間の落ち着いた頃合い。

磐田 麺屋 さすけの外観

限定案内をチラッと眺め、
でも目の前の券売機を凝視し、
やっぱ前回の一杯が気になるなってポチリ。

磐田 麺屋 さすけの券売機

なかなか貯まらないスタンプカードと共に、
食券を渡してのセルフ水用意の調理待ち。

磐田 麺屋 さすけの内観

 

 

 

 

 

【焼き煮干し中華そば・塩】¥880

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は楽しませてくれるかしらん?

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」

ギラギラとしたスープをたたえていて、
バラチャーシューが中央にどんッ!
その上にメンマ、白ネギ、柚子皮、
糸唐辛子、刻み玉ねぎを、
丼フチに海苔を配している。

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」スープ

 

 

とにかくとにかく、
まずはスープをひと口。

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」スープ

 

 

ふんふんふん

 

軽い酸味からの入りで、
すっきりとしていて、
ファーストインパクトは前回同様淡い印象。
鶏をベースとしての厚さがあって、
煮干の旨みを重ねていて、
それを活かすように塩は強くはなく、
蓄積型といったところか。

ふた口み口と重ねていくと、
その旨みに惹かれるものはあり、
前回からの改良は感じられるけど、
僅かではあるけど煮干の臭みが感じられる。

そこんとこは惜しい気はする。

 

 

麺をイっちゃいましょう。

チャーシュー上に具材が載ってるので、
麺の波をサーフィンのように一旦スライド。

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」チャーシュー

現れたるは自家製の平打ち縮れ麺。

手揉みされているので、
その太さはランダムで、
ぷりっと暴れている。

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」麺

口の中でも暴れてもちっとした食感で、
スープの馴染み良くの一体感はあって、
この麺って好きなんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも時折煮干の臭みが感じられちゃって、
そこんとこは惜しい気はする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刻み玉ねぎなどが絡んでくると、
シャリシャリ食感で変化を付けてくるぞ。
メンマはボキボキ食感で醤油が染みていて、
麺と併せて食べるとイイ。

磐田 麺屋 さすけ「焼き煮干し中華そば・塩」チャーシュー

チャーシューは豚バラ肉で、
甘みある下味が付けられていて、
噛み締めると旨みがじわじわじわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どう?どう?どう?」

 

 

KATZ店長が顔を覗きこんで訊いてくる。

 

 

素直な感想を伝えてみる。

 

 

好きな組み立ての一杯であるので、
次はどんな感じになるか興味津々で、
楽しませてくれるかしらん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・同じかもだけど。

 

(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

磐田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.