ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

藤吉【塩ラーメン】@浜松市中区佐鳴台

投稿日:2020年6月16日 更新日:

 

さ〜て、
どうしたもんか?と悩む悩む。

火曜日は割と休みの重なる曜日で、
選択肢が限られたりする気がする。

 

 

 

 

あー、あそこはやってるかな?

 

 

 

 

ふいに浮かんだのは、
初回訪問での印象を思い出したからで、
やはり一期一会って、
ラーメンにも当てはまるよに思うのよね。

美味しいものは自然とまた食べたくなるし、
そうでないものはそれなりで、
再訪する気持ちが持てるか否かって、
これ、大事だと思うのよ。

藤吉の外観

 

 

 

【藤吉(ふじよし)

藤吉の外観

また来てみたいと思わせたのよ。
そういうものなのよ。

値段が高ければ高いほど、
その満足度のハードルは高くなるんだけど、
それらが全て超えてくるかといったらば、
必ずしもそうでなかったりする店もある中、
こちらはお値段的には抑えられていて、
それに見合う満足感を得られるよに思う。

藤吉のメニュー

 

 

 

【チャーハン】¥550

藤吉「チャーハン」

まず提供されるはチャーハン。

紅生姜の赤が飛び込んでくるね。
玉子、青ネギ、僅かにチャーシューが見え、
口にしてみると、
しっとりとした仕上がりで、
この日はパラっとしたものでなく、
ボテっとしたもの。

藤吉「チャーハン」

やや薄味には感じるものの、
味が蓄積していくとそうでもなく、
そこに紅生姜を絡めていくと、
酸味と香りがイイ具合に効く。

藤吉「チャーハン」スープ

醤油が効いたスープも付いてきていて、
ラーメンとのダブリ感は感じるものの、
てか、
前回は醤油ラーメンだったからか、
付いてこなかったな。

ま、イイけど。

 

 

 

 

次いで提供されるはラーメン。

 

 

 

 

 

【塩ラーメン】¥500

藤吉「塩ラーメン」

青き龍の紋様が入った丼での提供で、
トッピングに配されるは、
チャーシュー、メンマ、もやし、
わかめ、青ネギなんだけど、

藤吉「塩ラーメン」

塩にしたことでちょいと色目的には寂しげ。

藤吉「塩ラーメン」スープ

スープはガラ系で、
あっさりではあるけどハッキリとしていて、
キャッチーな味は嫌いではないんだわ。

藤吉「塩ラーメン」麺

縮れの入る加水高めの細麺を合わせていて、
ぷりっとした弾力、
しこしことした強めの歯応えを感じる。

この感じはイイなぁ〜

もやしが絡んでくると、
シャキシャキと瑞々しい食感が加わり、
変化を付けてくる。

 

チャーシューは肩ロースを使用。
柔らかくしっかりと味が染みていて、
噛むごとに旨みが滲み出てくる。

メンマはポリポリと軽やか。

チャーハンと共に食べ進めての完食。

 

 

 

 

平日の昼時での訪問だったんだけど、
絶えず客が入れ替わりての満席状態で、
その人気ぶりを感じさせるほど。

 

 

 

 

足を運ばせる魅力がある店なんだよ。

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.