ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市浜北区

麺屋 さすけ×僕家のらーめん おえかき【進化(白湯塩)】 @浜松市浜北区於呂

投稿日:2018年3月14日 更新日:



無理ッ!


「麺屋 さすけ」「僕家のらーめん おえかき」

両店のコラボは以前から熱望していて、
おえかき店主・テッタ君にも伝えたものの、
あっぱれ屋清湯以降と見送られていたし、
その後もなかなか実現しなかったものの、
それが『らの道 東海 Scrambleで実現!

ついに実現で、
そりゃ、行かないわけにはいかないッ!
食べないわけにはいかないッ!

・・・とは思ってはいたものの、
やんごとなき用事があるし、
その時間調節は出来ないし、
前売りは前日20:30〜と遅いし、
清湯100食限定の第1部(6:008:30)、
白湯100食限定の第2部(9:0012:00)と、
午前中はやっぱ厳しそうだし、
次々に上がる情報、
困難な状況に、
もう無理ぃ〜
どうあがいても無理ぃ〜と、
ついにギブアップ。


諦めざるを得ないぞぉ〜   。゚(゚´Д`゚)゚。

ダメ元ッ!

当日、朝から上がる情報に歯軋りし、
裏山ぁ〜な気分ではあったけど、
今から向かえば11時半には着く。 


ま、どうせ無理だろうけど、
せめて雰囲気だけでも感じられたら・・・と、
でも淡い期待が無くもない。
とにかく向かってみよう。

当日券が残ってたら嬉しいなぁ〜

でも無かったらどこかでリカバリーしよう。
うん、そうしようそうしよう。

11:24
暖簾が掛かっ・・・暖簾?
両店のTシャツじゃないか!


暖簾代わりにTシャツが掛かってるじゃん!


こういうセンスは好きだぞ。

てか、外待ちが無いじゃん!
「営業中」にはなっている。
食べれるのかいッ???

Tシャツをくぐり店内を覗けば、
ちょうど目が合う限定復活のU-LEE。
どうやら白湯は食べれそうな雰囲気。

チケットを前払いで購入。
中待ちからの着席で安堵トロワ。

両店主は・・・既にぐったりモード。
訊けば前日から徹夜での仕込みで、
ほぼほぼ寝ていないんだとか。


・・・お、お疲れ様ッス。

【進化(白湯塩)1,000


おえかきスープと同じよな濃厚さが伺え、
色目的にはやや明るい、
ミキシングされていないスープをベースに、
チャーシュー、メンマ、菜の花、ネギを配す。

スープをひと口。

あ、うまッ!


遠州黒豚と鰆を使用したという白湯は、
とろりと粘度高めながら重たさはない。
おえかきの「塩」を感じつつも、
いつもより後味が軽やかな印象を受ける。
ややザラつきは気にはなるものの、
これは好きだな。

合わせるは超多加水平打ち麺。
「春よ恋」と焙煎ふすまを使用したそうで、
モチッとした柔らかさで、
歯を入れるとグッと返すコシを感じる。
濃厚白湯にイイ感じで合ってるなぁ〜

チャーシューは柔らか薄切りスライスで、
遠州黒豚のいろんな部位を楽しめるんだとか。
この締まった硬さはもも?
これは肩ロース?
この脂はバラだろうな、と楽しむ。

・・・違うんだって。


ももも、肩ローも、バラも使ってないとか。
いろんな部位を感じさせる腕があるんだねぇ〜
ほーほーほー  (O😉

メンマは細切りで色合いは薄め。
ポリコリ食感が楽しい。
菜の花はほろ苦で春を感じさせる食材だわね。
これ、豚鬼店主によるものだとか。

【さすけ×おえかき チャーシュー盛り】250


「ひなたパンのカンパーニュ」は売り切れ。
ま、遅かったからしょんないね。
でもチャーシュー盛りはあるようで、
せっかくだからとオーダー。

さすけの鶏胸、おえかきの肩ロース、
そこに刻み山葵が添えられている。

まんまはもちろんイイんだけど、
山葵が合うんだわ。
酢橘香る鶏胸はツマミとして食べたいな。

そんなこんなで食べ進んでの完食。
で、完スペ。

イベントに参加することはもちろん、
まさか食べれるなんて思ってもなかったんで、
ダメ元でも行ってみて良かったわ。
白湯だけでも食べられたのはラッキーだった。
うん、マヂでラッキーだったわ。

ぐっじょぶ( ̄▽ ̄)b

浜松市浜北区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.