ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

島田市

通りゃんせ【通りゃんせらーめん】@島田市

投稿日:2022年8月29日 更新日:

 

 

気になっちゃったんだよねぇ〜

 

JR島田駅付近の目的とする店に行った際、
とある店を通りゃんせしちゃったんだけど、
どうも気になる。

そん時は寄れなかったので、
通りゃんせしちゃったんだけど、
どうも気になる。

ちゃんと訪問して実際に食べてみたい。
どうも気になる。で終わらせちゃいかん!

 

そんなこんなで虎視眈眈と狙っていて、
ようやくそんな機会が訪れた。
イクのよ。

 

 

 

 

島田駅北口が見える辺り、
赤いテント屋根が目立ちます。

通りゃんせの外観1

通りゃんせの外観2

 

 

 

【通りゃんせ】

(島田市日之出町1-14)

通りゃんせの外観3

通りゃんせの外観4

写真付きのメニュー案内がされていて、
“今月のラーメン”なんてのもある。

通りゃんせの外観5

通りゃんせのメニュー1

何を食べよっかな?

 

 

暖簾をくぐってドアを開け、
手指消毒を済ませての入店すると、
左に厨房付きのカウンター5席、
右に小上がり4人×2脚、2人×1脚がある。

 

隣との仕切り板は段ボールを使った自家製。

通りゃんせの内観

なかなかイイ感じだなぁ〜

 

メニューはこちら。

通りゃんせのメニュー2

通りゃんせのメニュー3

通りゃんせのメニュー4

人気メニューには赤ペンが引かれていて、
絞り込みやすくなっているのはありがたい。

やっぱ“人気No.1”かなぁ〜

通りゃんせのメニュー5

ハツホーだもの、
それをイクべきだよね?

通りゃんせの内観

 

 

 

 

 

【通りゃんせらーめん】¥700

通りゃんせ「通りゃんせらーめん」

 

 

茶色ぉ〜

 

 

説明にあった通りに野菜のピリ辛炒めが、
中央トップにメンマが載せられていて、
ほぼほぼ茶色に支配されたる一杯。

通りゃんせ「通りゃんせらーめん」

見た目のそそりはない。

 

とりあえず、
まずはスープをひと口。

通りゃんせ「通りゃんせらーめん」スープ

うん、あっさりとしたベースに、
酸味ある醤油を効かせています。
スープだけだと普通といった印象。

通りゃんせ「通りゃんせらーめん」麺

合わせているのは細麺で、
ぷりっくにっとした歯応えがあり、
スープとの馴染みは悪くない。

野菜炒めは玉ねぎ、キャベツ、もやし、
ピーマン、豚肉が使われていて、
シャキッと炒められて、
思ったよりも甘い味付けがされててピリ辛。

通りゃんせ「通りゃんせらーめん」炒め野菜

特にひと口目から惹かれるものではない。

 

 

 

 

麺と絡めたりして食べていくと、

おろ?

徐々に印象が変わっていく。

 

 

甘みだったり、
油分だったり、
それらがスープと絡み合い、
コクとなって働いてくる。

 

あれぇ〜?

 

箸が加速していくのだ。
相乗効果でもって旨みが増し、
箸が加速していくのだ。

通りゃんせ「通りゃんせらーめん」麺

 

 

おおおおお?

これはこれは!

 

 

不思議とハマっていくのが分かる。
これは面白いなぁ〜

スープにしても、
麺にしても、
野菜炒めにしても、
それぞれ単体で惹かれるのではなく、
組み合わせで惹かれる感じが実に面白い。
箸が加速していく。
メンマは柔らか。

 

 

 

 

とにかくとにかくとにかく、
そんなこんなで食べ進め、
カプサイシン効果もあっての汗じわで、
なんやかんやで完食。

 

 

 

 

はぁ〜
なんだか不思議な魅力があり、
また食べてみたく思えたんだわ。

面白い一杯でしたわん。

 

(o^^o)

 

 

島田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.