ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

島田市

ラーメン ル・デッサン【函館ほたてだしのトマトラーメン・塩】@島田市

投稿日:

 

 

旨いんですよ!

 

あ、コレコレ!

某店主と話をする中で、
その一杯の写真はもちろん、
券売機の説明まで見せてくれたので、
そりゃ、無視するわけにゃいかん!

ちょっと撮らせてね。

ラーメン ル・デッサンの券売機写真

あ、そうなのね、
醤油もあるけど塩がイイのね?

それは食べてみないことにゃ始まらない。
食べに行ってみっかいね。

 

 

 

 

なかなか平日は自由に動けず、
週末限定で食べ歩くこともあり、
ようやっと自由を得ての国一バイパス、
からのインターを下りて向かっていて、

 

 

あ゛

 

定休日ってどうなってたっけ?

ふいに思い出す。
今更ながら思い出す。

確か第3日曜日って休みじゃなかったっけ?
今日って第3日曜日じゃなかったっけ?
第3日曜日じゃん!

 

 

 

 

ゔげげげげ

 

時既に遅しで、
でももうどうすることも出来ず、
ま、ま、ま、
どこかでリカバーするしかないな。

 

 

てなことで旧国に入り、
店の前を通り過ぎようとすると、

 

 

ありゃ?

やってる?

監物川

「ふとんの増田」共有駐車場に停め、
監物川(けんもつかわ)上の歩道橋を越え、
店に到着。

ラーメン ル・デッサンの外観

いつもはいっぱいの駐車車両は少ないし、
アプローチにも待ち客は居ないけど、
暖簾は掛かっているので営業してるみたい。

ラーメン ル・デッサンの営業時間

 

 

 

【ラーメン ル・デッサン】

(島田市御仮屋町8802)

ラーメン ル・デッサンの暖簾

ラーメン ル・デッサンの外観

あり得ないよな状況に戸惑いつつも、
アプローチ先の引き戸を開けると、
やっぱ営業してる。

ラーメン ル・デッサンのアプローチ

ラーメン ル・デッサンの案内

ラーメン ル・デッサンの看板

ラーメン ル・デッサンの駐車場案内

どうやら連休となることにより、
特別営業だったようでガッテンガッテン。

ラーメン ル・デッサンのカレンダー

さてさてさて
券売機を前にして、

ラーメン ル・デッサンの券売機

大ボタンでなく小ボタンだったよな、と、
改めて写真を見直し、
間違いのないことを確認してポチリ。

ラーメン ル・デッサンの券売機

カウンターに案内されると、
温かい緑茶が提供される。

ラーメン ル・デッサンの内観2

ほっとするこのひと時に癒される。

 

 

水が欲しければ汗をかくヤカンから。

ラーメン ル・デッサンの内観3

・・・ロボプーにしか見えない。

 

(@ ̄ρ ̄@)

 

 

 

 

 

ロボプー

 

 

 

 

 

【函館ほたてだしのトマトラーメン・塩】¥1,300

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」

これはこれは予想外のスタイルでの提供。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」トッピング

トッピングは別皿にして、
ラーメンにはネギも入れず、
完全かけスタイルなんだわん。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」ラーメン

その麺線が整ってのキレイさはバツグンで、
見た目だけが全てではないけど、
見た目がキレイはワクワクするし、
視覚的に惹かれたいのは事実なのよねぇ〜
でも味で惹かれたいのも事実なのよねぇ〜

 

ともかくともかく、
まずはそちらのスープからひと口。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」スープ

ふむふむむ

ひと口目からのうんめぇぇぇッ!は無し。

ラーメン ル・デッサンの券売機案内

ほたてだしは謳いを見ると、
自家製乾燥ほたてのひも、ほたて貝柱、
釧路産昆布を使っているようで、

 

これぞホタテだ!

 

分かりやすい感じではなく、
ほんのり甘い淡き旨みの積み重なりがあり、
そこにトマトが加わっているんだけど、

 

これぞトマトだ!

 

分かりやすく主張するトマトではなく、
酸味や甘みは穏やかで、
でもホタテとのバランスは取れていて、
なんちゃら酸になんちゃら酸が合うことで、
旨み倍増!ってことなんだと思うけど、
ガツン!とそれが表現されてるというより、
じわじわ蓄積タイプといった感じがする。

これは醤油より塩を選んで正解だったか、
その繊細さは分かる気はする。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」麺

合わせるは自家製の細麺。
テレビなどでも紹介、説明されてるけど、
デュラムセモリナ粉を使っているそうで、
硬さがあって、
しこしこぱつぱつとしていて、
密度が高さを感じる。

 

淡きスープに対しては強い麺で、
スープが馴染み進むことで、
徐々に一体感を増すだ。

(;゜3゜)~ ♪

 

 

別皿トッピングに目をやる。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」トッピング

並べられているのは、
わかめ、味玉、ホタテ、
それと白ネギ。
食べ方や入れ方の指南はされないので、
とりあえず全部をラーメンに移してみる。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」トッピングイン

白ネギはしゃりしゃりと食感的変化を追加。
わかめは相良のものだそうで、
ちょいとスープに泳がせてみると、
わかめそのものはもちろんなれど、
スープに磯の旨みが溶け込み、
これまたなんちゃら酸がなんちゃらで、
淡き旨みに淡き旨みが重なる感じがする。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」味玉

味玉は固茹でで、
これははっきりとした甘い味付けで、
スープよりも主張する感じ。

以前、黄身が半熟でもって、
繊細なスープを侵すことがあったので、
それと比べたら固茹では悪くないんだけど、
味付けは気にはなるところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・んでもって、
提供された時から気にはなっていたホタテ。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」ホタテ

軽く湯通ししてあるそうなので、
口にしてみると半生の柔らかさ、
ほんのりとした甘みがあってイイ!
これはイイ!んだけど、
黒コショウが邪魔。
絶対的に邪魔。

それを上回る主張し過ぎの存在感で、
せっかくのホタテの旨みを壊している。

 

 

 

 

あ、いや、
これはホタテに載せてあるだけで、
スープに洗い落とし、
劇的な変化を狙うものか?

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」ホタテ

ちゃぷちゃぷしてホタテはホタテで味わい、
その甘みを実感しつつ、
スープ、麺を口にしてみるも、
やっぱ邪魔だなぁ〜

淡き繊細な旨みを重なるスープを壊し、
ま、ま、ま、
完全スープペロリ。

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」完スぺ

完スペフィニッシュはしたんだけど、
余韻が黒コショウになっちゃって、
いや、黒コショウ自体は好きではあるけど、
その使い加減はメチャクチャで、
ピリッと忍ばせる程度で良かないかん?

ラーメン ル・デッサン「函館ほたてだしのトマトラーメン・塩」黒コショウ

バランスの良さを感じるとこはあったけど、
最終的には黒コショウの独壇場で、
ホタテもトマトも食っちゃって、
それが主役となる一杯とは残念極まりない。

 

 

 

 

 

島田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.