ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市東区

餃子の砂子【天津麺】@浜松市東区有玉北町

投稿日:2021年3月27日 更新日:

 

餃子を店名に掲げているだけあって
惹かれるものがあり、
また食べたく向かったんだけど、
売り切れになっちゃうのか、
夜は早めに閉まっちゃうのか、
何度か狙うも明かりは消えていて、
気持ちはより高まりの悶々悶々だったけど、
ようやく昼に狙えそうだったので再訪。

 

 

 

【餃子の砂子】

餃子の砂子の外観

餃子の砂子のショーケース

前回は昼時で中待ち客が多く、
食べるとこをずっと見られているようで、
ちょいとプレッシャーに感じていたけど、
遅めの時間帯を狙ったので幾分余裕があり、
それはそれで落ち着かなさはあり、
厨房上のメニューを眺める。

写真は撮りづらい大きさなので、
外のコンパクトなものを代用。

餃子の砂子のメニュー

餃子は必須なので問題はナシで、
さて、麺類はどうしようか?と思案思案。

ランチを狙うってのも手だけど、
おそらくは醤油ラーメンだけで、
それによる組み合わせだろうから、
今回は止めておいて、
気になるラーメンにしてみようっと。

 

 

 

 

 

【天津麺】¥500+税

餃子の砂子「天津麵」

これが天津麺ですかぁ〜

丼を埋め尽くすほどの大きさの玉子、
その上にはキクラゲ、タケノコ、ニンジン、
チンゲン菜を使ったドロドロ餡が掛けてて、
麺はそれらに隠れて全く見えない。

 

まずはスープを・・・と思うも、
餡も一緒にレンゲに入ってくる。

餃子の砂子「天津麵」スープ

スープ自体はガラ系ベースで、
醤油をあっさりと効かせたもので、
これは醤油ラーメン同様かな。

餃子の砂子「天津麵」麺

玉子の下から麺を引き出してみると、
平打ち縮れ麺で、
手揉みなんだろうな、
ランダムな太さの部分があったりする。

ぷりっとした弾力があり、
ぷるぷるっと唇をくすぐっていき、
意外に芯はしっかりとしていて、
ぐっと硬めの歯応えを持っている。

スープの馴染みは良く、
餡も絡んでくるので申し分ない。

 

玉子はどうやって食べるのが正解なんだろ?

餃子の砂子「天津麵」玉子

とりあえずちょこっと小分けにし、
麺と絡めてみると、
ふぅわり柔らかな玉子焼きって感じで、
仄かな甘さがあり、
そこに醤油餡が絡み、
時折タケノコなどの食感も絡んでくる。
あぁ、こりゃイイな。

玉子は厚みに幅があり、
薄いとこは麺に絡めたり、
厚いとこはまさに玉子焼きとして食べたり、
色々と食べ方が変化して楽しいし美味しい。

 

 

いやぁ〜、
興味本位で頼んではみたけど、
また食べてみたい一杯だし、
いや、天津麺自体にも興味が出てきたので、
他も食べて比べてみたいとこだな、うん。

 

 

 

【餃子】¥200+税

餃子の砂子「餃子」

“餃子の砂子”ですもの、
餃子を食べずしてどうするよ?

しかも6個で税別¥200ですぞ!
餃子を食べずしてどうするよ?

 

まずはいつも通り、
何も付けずでイクと、
さくっと軽めの焼き目の食感、
生姜強めでニンニクが追っかけて香り、
ぎうぎうに詰まった餡はざくっと、
そこから旨みが膨れ上がってくる。

餃子の砂子「餃子」

いやいやいや、
卓上に調味料の用意はあるけど、
これは使わずが正解だと思うなぁ〜

餃子の砂子の内観

下味が十分であるので、
これは使わずとも、
軽めにサクサクと食べれちゃうぞ。

これは美味い餃子だなぁ〜
うん、イイわ。

少なからず油のべっちょり感は否めずで、
唇にヌメリを与え、
それは気にはなるものの、
ま、ま、ま、許容範囲ではあるかな。

 

 

でもそれが変わればよりイイんだけどなぁ〜

 

 

ともかくともかく、
この組み合わせにはハマったわ。

組み合わせと言ったら、
ラーメンとゴハンもののランチもあり、
とにかく全体的にお値段が安い!

それでいてこの満足感はタマラナイ。

 

 

混雑しているのも納得しちゃうし、
実際また足を運びたくなる。

 

 

 

 

次は何食べよっかな?

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

浜松市東区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.