ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

静岡市

麺屋 やまもと【辛シビまぜそば】@静岡市葵区

投稿日:2020年6月14日 更新日:

 

何度か覗いてはみたものの、
休業要請があったりで、
食すことは出来ずで、
なんだーかんだーでずるずるる。

 

 

 

【麺屋 やまもと】

麺屋 やまもとの外観

麺屋 やまもとの外観

イマココビルは賑やかさを取り戻し、
手前のハンバーグで有名な店も混雑気味。

麺屋 やまもとの外観

後で聞いたところ、
こちらも同様らしいけど、
夜はまだ鈍いらしいので、
狙い目ではあるようですぞ。

麺屋 やまもとのメニュー

券売機は左手にあり、
さて、どうしよう?

麺屋 やまもとの券売機

麺屋 やまもとの限定

限定も出ているので惹かれはするものの、
僕的定番「しお」も気になりつつ、
あ、まぜも良きかな良きかな、
辛シビも良き茉奈良き佳奈でポチリ。

麺屋 やまもとの券売機

店は狭いながらも天井高は5mほどあり、
圧迫感は薄らぐ。

麺屋 やまもとの内観

この空間は好き。

 

 

店主に食券を渡すと質問コーナーが始まり、
麺量は並 or 大盛 → 並、
温度は温かい or 冷やし → 温かい、
辛さは普通 or 辛め → 普通、
玉子は温玉 or 味玉 → 味玉と、
それぞれ選択。

紙エプロンも用意されての調理待ちです。

麺屋 やまもとの紙エプロン

麺屋 やまもとの内観

 

 

 

 

 

【辛シビまぜそば】¥780

麺屋 やまもと「辛シビまぜそば」

 

まさにカラシビ!

って、
ひき肉、味玉、もやし、青ネギ、
カシューナッツが載せられた一杯からは、
辛そうとも痺れそうとも、
その表情から読み取ることは出来ず。

麺屋 やまもと「辛シビまぜそば」

でも麺を持ち上げてみると潜んでいるのよ、
妖しく獲物を狙うかのような赤いヤツが。

麺屋 やまもと「辛シビまぜそば」タレ

もうちょっと持ち上げてみると、
ほらほらほら、
麺がヤバめな色に染まっているぜ!

 

 

 

 

もう、こうなりゃ混ざるしかないぜ!

 

 

 

 

イクぜ!

 

 

マーゼマーゼ!

ψ(`∇´)ψ

 

 

 

 

しっかり混ぜるぜ!

 

 

 

マーゼマーゼ!

ψ(`∇´)ψ

 

 

 

 

もうひと息だ!

 

 

 

マーゼマーゼ!

ψ(`∇´)ψ

 

 

 

 

で、喰う!

 

 

 

 

ぶふぉッ!

気化したカラシビを吸い込んで、
隣の同行者が咽せているのを反面教師とし、
気管支直撃を免れる為に最初はそっと、
送り込むように麺を口にする。

 

 

 

 

咽せませんよ〜だ。

 

(°▽°)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわッ!

 

辛ッ!  Σ (-᷅_-᷄๑)

 

 

 

 

あれッ?
こんなに辛かったっけ? 痺れたっけ?

浜松の実験的な某店的に言えば、
実感としては4、4くらいじゃないだろか。

痺れはフレッシュなものもあって、
結構刺激的ジャマイカ!

麺屋 やまもと「辛シビまぜそば」麺

合わせる加水低めの自家製中細麺は、
ポキポキもにもにとしていて、
ちょっと重く感じるほどなので、
ちょっと軽くあった方が食べやすいかも。

 

 

 

 

で、カラシビが前面前面に襲ってくるので、
食べても食べても減らないよな気分になる。

うんうんうん、僕頑張るよ☆

 

 

 

 

カラシビが強いので、
タレ感がちょっと弱く感じたりするので、
もうちょいあると嬉しいかな。

もやしが絡んできて変化を付けつつ、
ひき肉の旨みだったり、
カシューナッツのアクセントがあったり、
カラシビの蓄積で汗が滲み出たり、
格闘しつつの食べ進みで完食。

汗もじわりじわりと滲んできて、
新陳代謝が高まりそうな一杯ではあるわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限定の冷やし担々も気にはなるものの、
しおもまた食べたくあるなぁ〜

次回はいつになることやら。

 

 

(⌒-⌒; )

 

静岡市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.