ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

藤枝市

ホルべぇ ラーメン研究所【塩ラーメン】@藤枝市

投稿日:2020年5月23日 更新日:

 

“ 軽く調べた限りではブログ情報がない店”


そんな密やかなる連絡をもらった。

 

 

え?


え?


え?


それは行けってこと???

 

 

まだブログ情報は上がってないらしく、
てことは、
やっぱ行けってことですよね???

いやいやいや、
過去に新店情報をもらったことはあって、
絶賛レベルではなかったけど、
何か引っ掛かるものはあって、
それをブログに上げて紹介はしたけど、
それが菊川のあの場所で、
あんな人気店になるとは思ってもなかった。

今回は食べてはいないらしいけど、
即行動して実食しなければ、
どしょんない!と叱られそうなので、
そりゃ、もちろん行くにキマッテル!!!!

 

 

 

【ホルべぇ ラーメン研究所】

(藤枝市兵太夫531-1)

ホルべぇ ラーメン研究所の外観

藤枝市立高洲小学校近く、
メインとなる通りからは入り込み、
周辺は住宅地となる焼肉屋、

無煙ホルモン ホルべぇ

ホルべぇ ラーメン研究所の外観

情報自体はごく僅かではあったけど、
土日の昼にラーメンの提供があるらしく、
せっかくなので、
予定を調整しての現地合流。

ホルべぇ ラーメン研究所の外観

ホルべぇ ラーメン研究所の案内

11時には暖簾が掛かり、
入店を促され、
もちろん手指消毒。

ホルべぇ ラーメン研究所の消毒液

座敷に案内されての着座。

 

メニューは壁に掲示されていて、

ホルべぇ ラーメン研究所のメニュー

ホルべぇ ラーメン研究所のメニュー

ホルべぇ ラーメン研究所のメニュー

くぅぅぅぅうう、
さくらユッケや馬刺しもあるぅ〜

焼肉もズラリと並んでいて、

あ!

“ホルモン”などと一括り表記ではなくて、
ちゃんと部位ごとに分かれているし、
普段安いとこしか行けない身分なので、
想像しただけでもヨダレが出ちゃうわ。

 (*´﹃`*) ジュル

 

 

後で訊いたら、
ランチでの焼肉も可能とのことなので、
そちらを攻めてもイイかもね。

 

 

ま、でも今回の狙いはラーメン。

ホルべぇ ラーメン研究所のメニュー

辛い系のユッケジャンはもちろん、
それにホルモンを加えたホルモンジャンと、
並ぶメニューに悩ましくあったものの、
ここはシンプルな塩をイっちゃおっかな。

ホルべぇ ラーメン研究所のメニュー

んでもって、
ゴハンものもあったのでそれも。

ホルべぇ ラーメン研究所の案内

 

 

 

【やわらかホルモン丼(ミニ)¥390+税

ホルべぇ ラーメン研究所「やわらかホルモン丼(ミニ)」

まず提供されたのは、
サイドメニューたるゴハンもの。

シマチョウだと思うけど、
コロコロしたものにタレが絡めてあり、
キレイに揃えられた細い青ネギを添える。

この青ネギを1本摘まんでみると、
ゴマ油と醤油で和えてあるようで、
それだけで美味くてテンションが上がる。
イイね。

シマチョウはふにゃりと、
思ったよりも柔らかく、
タレは甘み優勢でゴハンとの相性もイイ。

 

ただ脂の甘みもあるので単調さもあり、
コチュなどでピリ辛にしても良さげ。
ゴハンに掛かるタレももうちょいあれば、
一体感もより高まるような気はして、
比率的にはゴハンがちょいと余るかなぁ〜

ま、これは後でスープを入れて食べよかな。

 

 

 

 

 

【塩ラーメン】¥730+税

ホルべぇ ラーメン研究所「塩ラーメン」

 

ほぉほぉほぉ!

白き丼の中には、
琥珀色をしたスープに泳がせた麺、
それらを広く魅せるように、
チャーシュー2種、白ネギは中央に寄せ、
シンプルな表情は潔さすら感じさせる。

チャーシューの赤白がまた目を惹くわね。

ホルべぇ ラーメン研究所「塩ラーメン」

乱反射する油浮かぶスープは、
こってりさを感じさせ、
これをちゃぷちゃぷちゃぷしてのひと口。

ホルべぇ ラーメン研究所「塩ラーメン」スープ

なるほどなるほど。

謳いを見ると、
国産牛すじと浅利ベースのスープ、
昆布だし、ニンニクベースの塩だれとある。

うん、確かに、
牛のこってりとしたベースに、
アサリと昆布の旨みが重なっていて、
ニンニクは主張するほどは感じずなれど、
塩はハッキリと効かせてあって、
厚みあるキャッチーな仕上がり。

これは呑んだ後の〆にはイイかもだなぁ〜

ホルべぇ ラーメン研究所「塩ラーメン」麺

これに細麺を合わせてあって、
スープをしっかりと抱え込んでいて、
しこしことした歯応えで応えている。

白ネギがザクザクと絡んできて、
食感的変化を与える。

 

チャーシューは牛と鶏の2種。
牛はその赤黒き色が目を惹き、
ローストビーフといった感があり、
ややパサつきがある。
鶏は胸肉のようで、
しっとりサクッとした食感。

 

残るスープをゴハンにちょいと注いで完食。

 

総じて見た目と違い、
割とエンミ高で主張してくる一杯なので、
全体的に抑えめにじんわりとさせたり、
サッパリするような味変をさせたり、
イヂっても面白そうな気はする。

 

 

ちなみに、
こちらは同行者が頼んだ一杯。

 

 

 

【ユッケジャンラーメン】¥790+税

ホルべぇ ラーメン研究所「ユッケジャンラーメン」

牛すじ+魚介スープに、
自家製コチュジャンを合わせた一杯。

スープをひと口もらったけど、
甘辛くコクあるもので、
こちらもまた魅力的な印象ではあるかな。

 

 

 

 

ま、ま、ま、
ともかく焼肉メインの店ではあるものの、
ラーメンも注目する楽しさはある。

昼は焼肉も対応出来るそうなので、
セットで攻めるのもイイやもですぞ。

 

(о´∀`о)

 

 

藤枝市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.