ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

麺屋 真【辛みそ】@浜松市中区高丘東

投稿日:2020年3月8日 更新日:

 

あれッ?

こんなだったっけ?

 

去年の秋に食べてるんだけど、
惹きが増したような気がするし、
また食べたい気持ちが強くなった。

 

こりゃ、イイなぁ〜

 

そう、食べたのは去年の秋以来。

 

 

 

 

【辛みそ】¥880

ありがたいのは、
辛味が別皿での提供ということ。

ノーマルみそを食べた後に、
自分のタイミング、量を調整出来るので、
どこで入れるかで楽しみ方が変わってくる。

まずはノーマル状態で食べてみて、
そこから変化をさせるのがイイかな。

麺屋 真「辛みそ」

トッピングに配されるは、
チャーシュー、その上におろし生姜、
メンマ、炒められたもやし、
その上にスライス玉ねぎとパプリカ。

パプリカは赤の1種類だけになったのね。

麺屋 真「辛みそ」スープ

スープはベースの厚みが増し、
太くなった気がしてて、
こってりとしていながらも重くなく、
味噌の風味も活かされてコク深い。

以前食べたものより押しが強くなった感。

麺屋 真「辛みそ」麺

合わせるは多加水中太麺で、
ぷりっとした弾力に、
もちっとした歯応えがあり、
スープとの馴染み良く、
一体感を持って入ってくる。

 

もやしはしんなりしつつ、
シャキシャキ感は残していて、
麺との絡みがイイ。

玉ねぎはそれとは違うシャリシャリさで、
食感的に変化を付けてくる。

チャーシューは低温調理された肩ロースで、
これはその生肉感にトーンダウン。

麺屋 真「辛みそ」生姜

一旦スープに落ちてしまい、
救出した生姜をここで投入。
爽やかな香りでさっぱりとさせてくれて、
この変化はイイな。

 

 

 

 

まだまだこれからだぞ!
辛味を登場させるぞ!
忙しいぞ!

麺屋 真「辛みそ」

この辛味は、
干しエビ、フライドエシャロット、
ラー油、一味を混ぜたもので、
そのまま口にすると結構辛い。

麺屋 真「辛みそ」投入

投入すると、
味噌との相性が良く、
辛味に味噌が負けてなく、
風味を活かして引き立て合っての変化。

これまたイイのよぉ〜

 

 

 

 

でもでもでも、
まだまだイクよ。

麺屋 真の内観

卓上に用意されているカレー粉を投入。

麺屋 真「辛みそ」味変

味噌がバックアップする形で、
コク深いカレースープとなって、

これまたイイ!

 

 

 

 

いやいやいや、
まだまだこれから。

 

 

 

 

【ライス 小】¥50

麺屋 真「ライス 小」

前回の反省を活かし、
今回はライスを頼んだ。

麺屋 真「辛みそ」ライス投入

残ったスープに投入して混ぜ合わせると、
カレーライスなんだわぁ〜

麺屋 真「辛みそ」ライス投入

変化変化の繰り返しで、
飽きさせずの怒涛のラッシュで、
そりゃあ、箸も進むってもんさ。

 

 

で、完食。

麺屋 真「辛みそ」完スぺ

いやいやいや、
こりゃ、良かったなぁ〜

ゴハンとのボリューム感はちょうど良く、
お腹は程良く満たされたんだけど、
この変化が楽しくて、
麺量は大盛りでも良かったかなぁ〜?
あ、でもゴハンも楽しみたいからなぁ〜

次はどうしようかと迷ってしまうわ。

 

 

 

 

あ、でね、
今回は利用した第2駐車場は、
インド・ネパール料理「ヒマルパレス」、
やきとり「備長扇屋」の前、
アパート横に2台が用意されていますよ。

麺屋 真の駐車場

麺屋 真の駐車場

麺屋 真の道中

昼時ピークを超えたであろう13時到着は、
7席あるカウンターには空きがあったけど、
食べてる最中に満席となるほどの人気ぶり。

麺屋 真の駐車場案内

ありゃありゃありゃ!
たまたま谷間の訪問だったみたいね。

麺屋 真の券売機

また食べに行かなきゃ!だなだな。

 

 

 

 

【麺屋 真】

麺屋 真の外観

 

( ̄▽ ̄)b

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.