ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

パピオット【炭焼きジャンボハンバーグ】@浜松市中区佐鳴台

投稿日:2019年7月3日 更新日:

 

毎日ラーメンばっか食べてる。

 

と、よく言われるけど、
食べない日もあるし、
お米も食べるし、
基本好き嫌いなく食べる。

ハンバーグも食べる。
チェーン店もそうだけど、
そうでない店もあったりで、
ずっと寄りたかったけど、
タイミング合わずで何年か経っちゃってた。

 

 

【パピオット】

パピオットの外観

佐鳴台ホワイトストリート沿いにあるから、
通りすがりに目にした方は多いと思う。

経営者ドキュメンタリーなるサイトで、
店主インタビューが載っていた。


https://kigyou-guide.com/papiotto

 

以前からモヤモヤしてたことが、
そういうことだったのね!と、
スッキリ爽やかに解消された感じだわ。

「炭焼きハンバーグの店」以外に、
「LUNCH&COFFEE」表記があるように、
店内は喫茶店のような雰囲気もあり、
カウンター、テーブルによる構成。

以前着いた奥角を今回もGETで着席。

メニューを眺めるものの、
クーポンを持っていたこともあり、
食べたいものはキマッテル!!!!

ランチタイムサービスもあり、
ライス大盛り(+¥50)で、
注文を済ませての調理待ち。

その準備は進められていきます。

 

 

 

 

【炭焼きジャンボハンバーグ】¥1,500→1,200(クーポン使用)

炭焼きジャンボハンバーグ

 

早い早い早い!

提供状態を撮りたかったけど、
素早くナイフが入れられ半分にされ、
軽く押さえ付けられてのソース掛け。

デミグラス、ステーキ、おろしとある、
3種類からデミを選択すると、

その黒々ソースがアツアツ鉄板に広がり、
溶岩のようにグツグツと泡を沸き立たせ、
モクモクな湯気を立ち上げる。

 

うひゃひゃひゃひゃ!

٩( ᐛ )و

 

フォークだけを使い、
うにゃにゃとひと口大にしてのパクり。

 

おーほーほー!

肉だ!肉だ!肉だ!

 

牛肉100%で赤みを残す仕上がりで、
牛骨、牛すじによるフォンドボーに、
野菜を入れ、
トマト風味に10日間かけて、
じっくり仕上げたというソースとの合体。

粗挽きな肉の食感に、
噛み締めると滲み出る旨み、
ナツメグの香りがしたりして、
コク深きこってりしたデミソースが絡む。

 

うんうんうん・・・うん。

 

ひき肉同士に、
なんてんだろ、
粘りが無いというか、
しっとりさが弱く、
パサつき気味でポロポロと肉片が取れる。

ソースはコク深くはあるけど、
昔は感じたトマト由来の酸味は行方不明で、
味付けが弱いから、
当然エンミも弱くて、
卓上の塩を軽く振ってなんとかなんとか。

だから鉄板上でのグラグラで、
香ばしさでなく、
焦げの苦みも隠れずに前に出てきてる。

ゴハンと一緒に食べるんだけど、
やはりエンミの乏しさは否めなく、
先述の塩投入でやっと進んだりする。

黒コショウはミルでガリガリ投入で、
キリッと引き締まり、
香りと共に楽しめる。

 

付け合わせもいただいちゃう。
ポテトは意外に量が多く、
食べ応え満点。
ニンジンは甘く煮たもので、
結構甘いな。

 

うんうんうん、
なんだーかんだーで完食。

 

 

 

 

何年か振りに食べれては良かったわ。

ま、でも以前はもっと惹きが強く、
あのチェーン店よりもそう感じたけど、
少なくとも今回はそうは思えず、
これならあちらに行った方が満足度は高い。

確かにそうなんだろうけど、
あちこちに「元祖」表記をするよりも、
味でそれを誇示して欲しいな。

 

 

 

 

好きな店だっただけに、
ちょいと残念な気はしたなぁ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、木曜ランチは¥1,500→1,200だお!

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.