ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

愛知県豊川市

ガチ麺道場【つけ麺淡麗節ノ汐(大盛り)】 @愛知県豊川市

投稿日:2018年1月28日 更新日:


ただのラーメン好きではあるけど、
やっぱ美味いもんを出来れば食べたい。
出来れば味を楽しみたい。
ワイワイ食べるのも時にはイイかもだけど、
出来れば味わって食べたい。

僕はラーメンが“目的”であって、
ラーメンを“手段”として、
仲良しこよしってのは上手く対応が出来ない。
ま、仲間が増えるのはイイことだけど、
そればっかってのもねぇ~

はッ!

あ、ひ、独り言ッス。
じ、自分、不器用ッスから。
((((
;゚Д゚)))))))

【ガチ麺道場】へ訪問。

外待ちが出来ていたので、
いつもの如くに名前を書いて待つ。

ん?

リニューアルしたね。
 
呼んでも居なかったり、
人数が増えた場合は最後尾になるのね。
うん、代表者待ちや割込みのケースだからね。
うんうんうん。

書き直しダメ!ゼッタイ!


順番が訪れての入店、
からの券売機前に。

トリコブシオもイキたいとこだけど、
季節的には珍しくつけ麺にイキたい気分。
 
で、ポチリ。

【つけ麺淡麗節ノ汐(大盛り)900100

 
青ネギが浮かぶ黄金色をしたつけ汁、
キレイに折り畳まれた自家製麺、
ひと口サイズのかしわ天を加えたトッピング、
そして、
アオサが乗ったゴハン。

4点セットでの提供は、
和食膳といった感じがします。

まずは麺。
奥にあるのが通常の中太平打ち麺で、
きぬあかり、きたほなみなどのブレンド麺。
手前はきぬあかりの平打ち太麺で、
お年玉としていただきました。
ハッキリとした違いはまだ勉強不足だけど、
美味いのだけ分かりました。( ̄▽ ̄😉

つけ汁は鶏清湯スープに、
あご、うるめ、いりこの香味油、
魚節の塩ダレを合わせたものだとか。

熱ッ!

香味油は熱々だから気を付けないと、
僕みたいに火傷します。( ;∀;)

軽くシャバってみると、
煮干の香りが前面によく感じられる。
エンミは強いながらしょっぱい手前くらいで、
シャープなキレがある。
これは麺とのバランスを考えられていて、
合わすことでイイ塩梅となる。

麺は当然ながら通常の中太麺の方が相性良く、
ズズッ!と啜り上げやすく、
スープをよく持ち上げ、
ぶわぁッ!って、
ぶわぁッ!って、
ぶわぁッ!って旨みを広げる。

イイな、イイな、イイな。
しなやかな熟成感を感じる柔らかさで、
でもコシがあり艶めかしい。
実にエロティーック

平打ち太麺は、
どちらかと言えば食感タイプで、
幅が広い分、
中太に比べ舌をそそそとくすぐり、
どエロっぽくはあるかな。

肩ロースのレアチャーシューは、
スライスされたもので柔らかな肉質感。
極太メンマはシャクシャク食感で、
この日はいつもより柔め。
歯を入れると溢れ出すお出汁が好きなのよ。
ホウレン草はゴマ油香るもので、
柔らかくならせずの歯応えあり。
この日はちょっとエグい感じがあったな。


そして、青さご飯。
アオサだけを摘まんでみると、
磯の風味が強く香ってくる。
これはまんま食べるではないと判断。
当然の如くにスープ投入。

ドンピシャ!

これ、バカ美味い!

全体的に行き渡ったアオサ、
そしてスープが絶妙にマッチ。
ハマってまうゾ!

ま、ただスープ自体のエンミが強いんで、
訊いたことはなかったけど、
スープ割をしてもらえるなら、
その方がイイかな。

でもこの組み合わせはバツグン!

はい、完食。


うん、最初から最後まで楽しませてくれたわ。

食べてみない?
(
 ̄▽ ̄
)b

あ、そうそう!
2月6日(火)17時~
蔵前家(浜松市)にてイベントがあるよ。
蔵前家、ガチ麺道場、幸跳が組む。

その名も・・・

『蔵前家で跳ねろ! G☆SPOT』

もち大麦を使ったエロい麺、
そして正統派家系がどう組み合わさるか。
頭で考えるんじゃなくて、
実際に口にして感じてもらいたい一杯。

これ、マヂで食べといた方がイイよ。
色々思ったことを言おう!と、
試作のものを食べさせてもらったけど、
また食べたい!と思わせたもん。

多分、調整しての本番は、
もっと良くなってるはず。

 
 
 
とりあえず喰っとけ!

 

m9( `ω´) どーん!

 

 
 
 
更に更に、
1/28、21時過ぎに解禁されたので追記します。
『らの道 東海 Scramble』にガチ跳が参戦。
こちらも楽しみね。

愛知県豊川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.