ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

焼津市

北海屋【半チャンらーめん】@焼津市

投稿日:2023年10月27日 更新日:

 

せっかく足を延ばしたんですもの、
そりゃ、どこかを狙いたい。

 

 

 

どこか?

 

 

 

昼時の時間帯になっちゃったので、
パッと頭に浮かぶような店って、
どこも混雑はしているだろうなぁ〜

 

 

 

となると、
ミホー店も視野に入れての思案思案。
チェックしてあった店を探したりしてると、
あー
こういう機会に攻めておこうかなぁ〜

気になっていた店が目につく。

 

 

 

よし、イっちゃうよ!

 

 

 

ナビに従って進んでいくと、
辿り着いたのはスーパー「富士屋」
衣料品「あかのれん」があるエリアで、
その一角にハケーン!

北海屋の外観2

 

 

 

【北海屋】

(焼津市三右衛門新田683-4)

北海屋の外観1

北海屋の外観4

ちょいとその雰囲気に躊躇するも、
せっかく来たんだし、
そこは頑張ってみようと暖簾をくぐる。

 

 

北海屋の外観3

北海屋の営業時間

店内は正面にクローズ型の厨房があって、
それを囲むL型カウンター席、
小上がりに2脚ほどがあって、
狭い印象を受ける。

 

 

メニューはこちら。

北海屋のメニュー3

種類は多いので迷い、
どうしたものか?と思うも、
周りを見回すと、
推しはコレ!だよな。

北海屋のメニュー2

明らかにそれが推しと分かったので、
それにしゅる。

北海屋のメニュー1

 

 

 

セルフで水を用意しての調理待ち。

北海屋の内観

 

 

 

 

 

【半チャンらーめん】¥650

北海屋「半チャンらーめん」

安い!
安い!
安っす〜い!

とにかく安い!

北海屋「半チャンらーめん」

ラーメン単体ならまだしも、
いや、それでも安いとは思うけど、
半チャンまで付いての¥650だもの、
そりゃ、安いと思うわ。

 

 

 

【ラーメン】

北海屋「半チャンらーめん」ラーメン

透明感ある醤油スープに自由に泳ぐ麺、
チャーシュー、メンマ、海苔を配し、
青ネギはラフに散っちゃっての一杯。

 

 

北海屋「半チャンらーめん」スープ

スープは表層に油多く、
ちゃぷちゃぷして啜ると、
鶏ガラにラードかしらん?

見た目の割にこってりなオイリー感で、
エンミやや強めの醤油感。

 

 

北海屋「半チャンらーめん」麺

ここに細麺を合わせていて、
スープを馴染ませての一体感はある。
青ネギがイイね。
青き香りがイイのよね。
根本に近い茎のコキっとした感じも好き。

海苔の香りが絡んでくるけど、
ちょいとオイリー感に負けちゃってるな。
チャーシューは豚バラを巻いたやーつで、
柔らかく煮込まれているもの。
メンマはポキポキ。

 

 

 

【半チャーハン】

北海屋「半チャンらーめん」半チャーハン

お茶碗サイズの半チャンで、
黄金色が見た目でそそられる。
レンゲはラーメンと共有のもの。

しっとりとした食感で、
チャーシューのエンミがアクセント。

北海屋「半チャンらーめん」半チャーハン

油が飛び切っていない感じで脂っこく、
ラーメンの油と相まって、
クドさを感じてきちゃうな。

紅生姜の酸味がそれを抑え込みに掛かるも、
全体的には多少の効果といったとこで、
クドさがちょっとキツく感じてきての完食。

支払いをしての退店。

 

 

 

 

 

口の中に残る油のクドさ、
からの軽い胸焼けだったり、
化学的応援によるなんちゃらだったり、
とにかく後に残るものはあるんだけど、
とにかくお値段が安いのはスゴイ!

周りの多くの方もこれを頼んでて、
まぁ、あちこちにそれが掲示されてて、
誘導率は激高いんだけど、
そうでなくても魅力的ではあるよなぁ〜

 

 

 

 

 

まぁ、そんなところで、
地元に愛されているであろう店でした。
はい。

 

 

 

 

焼津市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2023 All Rights Reserved.