ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

菊川市

menya 787【NEO C】@菊川市

投稿日:2022年11月17日 更新日:

 

 

 

「タカ☆さん・・・」

 

 

呼ばれた方向に顔を上げると、
(仮)アイニィが顔を伏せたまま、
丼を前に押し出してくる。

menya 787の内観

 

 

 

あああああ

 

 

うん、あぁ、そう、そんな流れね。
一杯目をワクワクしての食べ進みで、
没頭していたので忘れてたわ。

連食解禁となっているので、
食べるつもりで忘れてたんだわ、きっと。

多分そんな流れだと思うわ。
うんうんうん、
きっとそんな流れね。

 

 

 

【menya 787】

(菊川市加茂5761-1)

menya 787の外観

移転リニューアルから1年、
開店からは7年が経っての記念すべき日。

 

 

 

SHO4

多くのお客さんが集まり、
SHO TIMEは楽しいままに終わり、
7周年限定麺の貝MAX7は食べず、
店主から推されたNEO魚貝潮を食べたけど、
NEO Cも限定で推されてたんだったっけ。

menya 787「NEO C」スープ

タレ無し油無しのヌキヌキをもらったけど、
味はもちろん無いんだけど、
仄かな甘みと膨よかな鶏の旨みが感じられ、
じわぁ〜っと膨らんできたのよね。
そうなの、そうなのよ。

そりゃ、食べてみたいと思うべな。

 

 

 

 

 

【NEO C】¥1,200

menya 787「NEO C」

チャーシュー、メンマ、青ネギは別皿で、
スープ、麺はかけスタイルのスッピンで、
まずはそれだけを楽しめ!
そう言わんとするかの如く。

もちろんそのつもりだぜぃ!

menya 787「NEO C」

キラキラ油が光るスープ、
そこには麺が折り畳まれていて、
さぁ、イクぞ!

menya 787「NEO C」スープ

ちゃぷちゃぷしてひと口。

アツアツ攻撃からの入りで、
油はやはり唇を潤わせ、
そこから甘みある鶏の旨みが膨れ上がる。
余計なものなどなく、
ダイレクトに旨みを味わわせてくれる。

さすがに“NEO ”が付くだけのことはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそれでそう思うんだけど、
驚きはそれだけではなかった。
油が重くないんだわ。

オイリーともなると、
香りはバツグンにアップするのはするで、
それはそれで間違いはないんだけど、
その量や使い方によっては、
ややもすると重く感じたり、
クドさを感じたりするんだけど、
これは違かった。
キレキレなの。
そうなの。

魚貝潮同様に香味油を変えてきたのか?
どちらかと言えばシャープなの。
目のつけどころがシャープなの。

油自体に命が与えられたかのようで、
キレキレで存在感高しなの。
いつもと同じ?
どうなんだろ?
この一杯このひと口はそう感じたんだけど、
どうなんだろ?

スープの引き立て役のポジションではなく、
香味油もひとつのパーツといった感じ。

 

 

 

 

 

そんな印象を受けたんだけど、どう?

 

menya 787「NEO C」麺

合わせるは加水低めの平打ち細麺で、
たおやかさのあるもので、
スープ、油をしっかりとまとって上がり、
その旨みを麺と共に味わえる。

menya 787「NEO C」麺

こりゃあ、イイじゃないのさ。

 

 

menya 787「NEO C」トッピング

トッピングを投入し、
熱を伝えて食べるんだけど、
主役を食うまでには至らず。

menya 787「NEO C」トッピング

スッピンのスープ、麺、
そして香味油のトリプルチームが楽しい。
それを楽しむ。

 

 

 

 

 

楽しみ楽しみ楽しみで、
モチのロンで完食。

 

 

 

 

 

そこに“ I ”はあったわ。

 

( ̄▽ ̄)b

 

 

 

 

 

菊川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.