ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市浜北区

中華そば 楽描【浜北コーチン 塩らぁめん】@ 浜松市浜北区平口

投稿日:2022年7月22日 更新日:

 

 

 

悶々もやもや・・・

 

 

フードコートにあって、
ショッピングモールに合わせるので、
たいがい無休であるし、
開店から閉店まで通し営業だし、
食べ手側からするとありがたい存在。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのタイミングがなかなか合わず、
食べたい気持ちはあるので悶々もやもや。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっとタイミングが合っての訪問は、
サンストリート浜北。

サンストリート浜北

目的たる店はそこのフードコートにある。

サンストリート浜北のフードコート

 

 

 

【中華そば 楽描(らくがき)

(浜松市浜北区平口2861)

中華そば 楽描の外観

中華そば 楽描の限定案内

セットもあるし、
限定もあったりで、
つけ麺かぁ〜

中華そば 楽描の券売機

気持ちゆらゆら由良ゆらではあるものの、
初志貫徹で食べたかった一杯にしよう!
うん、そうしゅる!

中華そば 楽描の券売機

ピッ&ピッ。

 

 

 

 

 

【浜北コーチン 塩らぁめん】¥820

中華そば 楽描「名古屋コーチン 塩らぁめん」

手書き風の雷紋に店名などが入る丼に、
黄金色のスープがたたえられていて、
そこに泳ぐ自家製の細麺、
トッピングには低温調理のチャーシュー、
メンマ、そして中央で締めるように青ネギ。

何やら無性に食べたかったので、
その表情を見るだけでニヤけてしまうわ。

中華そば 楽描「名古屋コーチン 塩らぁめん」

抑えきれずに早速スープをひと口。

 

 

 

 

おほッ!

鶏の香りが強いねぇ〜
甘い香りがタマラナイ。

鶏と水のみを使っての出汁だそうで、
塩はキリッと強めに効かせているんだけど、
それに負けずに鶏の風味がぶわぁッ!
押し広がってきて、
この感じがイイのよぉ〜

ニヤリなんだな。

中華そば 楽描「名古屋コーチン 塩らぁめん」麺

合わせるは自家製の極細麺。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・なんだけど、
いつもの麺とは違う感じに見えるなぁ〜

それは口にしても同様で、
加水高めのぷりっとした弾力、
エッジが残る感じのものとは違う。

明らかに違って、
低加水の極細麺といったところで、

 

 

ぬぉ?

 

 

同じグループで隣り合う別店、
「博多屋台ラーメン 介ッち」と同じ麺?

それはまぁ考えられないことはないけど、
まさか共通の麺にしちゃったんだろか?

いつもの店長が不在のようなので、
もしかして代わりに入っているスタッフが、
もしかして他の麺と間違えちゃったか?

などと色々考えてはみるものの、
答えは分からないのでとにかく食べるか。

 

舌触りが違うし、
ま、スープはしっかりと馴染んでいて、
でも食感は違ってしこしことしていて、
あああああ、
これはこれで分からなくはないけど、
いつもの麺との組み合わせが好きで、
それが食べたかったので、
なんか気持ちがノってこないなぁ〜

青ネギは瑞々しく、
青き香りを放って絡んできて、
これはイイんだな。

メンマは細切りされたもので、
ポリポキと食感は小気味良く、
生姜が隠し味で効いていて、
それが麺に絡むとアクセントとして働く。
低加水極細麺にもアクセントとして働く。

チャーシューは低温調理されたもので、
しっとりとした歯応えで、
ジューシーさを感じる。

 

 

 

 

今時の話題の生肉チャーシューとは違い、
熱はしっかりと通っているようで、
そこんとこは提供当初から店主はこだわり、
知識持って意識持って調理してるので、
そこんとこは間違いのないところ。

・・・だと思う。

正直なところ、
他の店においてもそうだけど、
それが載せられていたならば、
安全性は担保されていると思うし、
気をつけられて調理されていると思うし、
普通に食べてしまうんだけど、
カンピロバクターによる食中毒など、
一般ピーポーは分からないッス!

安全でないものを提供するなんて、
そんなことはない!と思っていたし、
そう思っちゃうよなぁ〜
今後は特に気にするようにしなきゃ。

ま、そんなこんなの話題がSNSで散見され、
あーでもないこーでもないと、
ここぞとばかりにノっかってきて、
鬼の首でも取ったかの如く叩く方も居るも、
それもそうだけど、
切った断面がグレーがかっていたり、
口にしたら酸化による臭みを感じたり、
そういうのもイヤだなぁ〜
少なくとも僕はイヤだなぁ〜
それは気にならないのかなぁ〜?

ラーメン自体は美味しくとも、
添え物の傷みが感じられると、
あまり気分がよろしくないし、
余韻が台無しになることもあるもんなぁ〜

 

 

 

 

このチャーシューは若干そんな印象があり、
残念な気はしたんだわ。

 

 

 

 

 

【あえだま】¥250

中華そば 楽描「あえだま」

いつもは気にしていなかったけど、
「あえだま」があったのね。
シロメシにする考えもあったけど、
ちょいと試してみたくの注文。

自家製麺を魅せるように、
刻まれたチャーシュー、魚粉、
青ネギは片側に寄せての配置で、
ざざっとトップを散らしたら、
麺下からぐぐっと全体を混ぜ合わせる。

中華そば 楽描「あえだま」

油などは入っているようだけど、
特にスープらしきものは見られずで、
麺がくっついてしまっているのは難。

中華そば 楽描「あえだま」麺

ぼてっとした塊がなかなか解消されず、
何度も何度も何度も試みるも、
全体が均一になる感じは受けず、
スープを注ぐとそれは解消される。

中華そば 楽描「あえだま」スープ

が、ちょいとしょっぱくなるな。

中華そば 楽描「あえだま」麺

残るスープを活かすとなると、
何らかの策が必要やも。

 

 

で、完食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて
お腹は満たされたけど、
どうもあの麺がしっくり来てない。
疑問MAXなんだわ。

返却口にトレイごと戻す際、
麺が変わったのか訊いてみると、
いつもと同じものだとか。

ん〜ん
そうなんだぁ〜
疑問MAXトラトラトラだぞ。

店主は教えてもらえるかしら???
気になるので恐る恐る訊いてみると、
変えてはいないようだけど、
梅雨明けはしたものの逆戻りで、
前週はスコールのように雨が降り、
湿気も多かったので調整はしたんだとか。
加水は確かに抑えて調整はしたんだとか。

 

 

ほぉほぉほぉ

( ̄O ̄;)

 

 

天気や湿気などで調整は必要なんだと、
そんなことは聞いたことはあるものの、
それにしても調整幅が大きかったのか、
それまでの多加水麺を変えちゃって、
博多系のそれに合わせるような形でもって、
低加水麺にしたのかと思ったくらいなので、
もちろん受ける印象は違った。

たまたまだったのかもだけど、
あの麺との組み合わせが好きだったので、
そのことに関しては安心はしたけど、
一期一会的な考えからすると、
モヤモヤは決してゼロではなく、
次は楽しませてもらえることに期待ス。

 

 

 

 

 

テッタ君、ヨロです。

(*´ω`*)

 

 

浜松市浜北区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.