ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市浜北区

章楽【えびラーメン】@浜松市浜北区貴布祢

投稿日:2020年3月13日 更新日:

 

走りながらキョロキョロすることはあって、
のぼり旗に“ラ”の文字を見つけて、

お!
ここにもラーメン店か???

なんて思うも、
“ランチ”だったりなんてことはよくあり、
その外観でも“らしさ”を感じると、
後で調べてみたりってのも。

 

信号待ちをしていて、
たまたま気が変わって脇道へ入ったら、
その“らしさ”を感じる店を見つけ、

あれ?
こんなとこにラーメン店???

てな発見をしたので、
そりゃあ、行ってみたくなるってもんさ。

 

ま、でもその日は休みなのか開いてなく、
後で調べてみると12時開店のようで、
それはなかなかムズイなとは思いつつ、
いつかいつかと狙っておりました。

やっとタイミングが合って、
やっとやっとの初訪問。
この日は暖簾が掛かっていましたよ。

店名を示す看板が無いなぁ〜と、
キョロキョロリしてみると、
自販機で隠れちゃってます。

章楽の外観

 

 

【章楽】

章楽の外観

店内は右前方に厨房があり、
その前にカウンター7席、
テーブルは4席×2脚あり、
左手の小上がりには丸テーブル4人×3脚も。

年配のご夫婦による営業なのかな?

他にぽつぽつ客は居るんだけど、
ジモティーだろうな。
テレビの音だけが流れる静けさの中、
淡々と箸を進めている。

 

メニューはこちら。

章楽のメニュー

麺類はラーメンの他に焼きそばもあったり、
ゴハンもの、一品ものなどを揃えています。

章楽の内観

章楽のメニュー

周りを見回してみると、
短冊メニューもあったりで、
スタミナの文字が気にはなるものの、
レギュラーにしようかなと思案思案。

章楽のメニュー

麺のセットは無いようなので、
単品重ねで頼んじゃいましょう。

お腹が空いていたので、
提供が待ち遠しいわ。

章楽の営業時間

章楽の営業時間

スローリーな動きだなぁ〜

章楽の内観

 

 

 

【えびラーメン】¥700

章楽「えびラーメン」

 

お!

確かにエビは入っているんだけど、
白菜、ニンジン、キクラゲ、タケノコ、
青菜なども入っていて、
それらは餡ががった五目ラーメンのよう。

章楽「えびラーメン」

青ネギが泳ぐスープをひと口。

章楽「えびラーメン」スープ

鶏ガラベースのようで、
塩の味付けははっきりくっきり、
軽く酸味が付けられていて、
鶏の臭みが僅かに感じられたりする。

章楽「えびラーメン」麺

細麺を合わせていて、
しこしことした歯応えがあり、
スープのまとい良く、
旨みを伴ってくる。

餡掛けはさほど強いものではないので、
麺を啜るのにぼってりとした支障はない。

アツアツさをキープして、
野菜の味、食感ごと楽しめるんだな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラーメンを作り終えると、
店主が休憩に入っちゃったけど、
一緒に頼んだ品はどうなっちゃってんだろ?

 

 

 

 

調理してる気配はないけど、
どうなっちゃってんだろ?

 

 

 

 

あ、奥さんが囁いてようやく動きだしたぞ。
注文が店主に伝わってなかったのかな?

 

 

 

 

どちらかが忘れてたのかな?

 

 

 

 

急にバタバタしだしたぞ。

 

 

 

 

ラーメンを食べ終えちゃうぞ。
まだかな?茉奈佳奈?

章楽のマナカナ

 

 

【餃子】¥400

章楽「餃子」

食べ終わり直前に提供された、
店名入りの平皿に並ぶ餃子7個。

バタバタのおかげで、
アツアツな餃子が楽しめそう。

焼き目はこんがりキツネ色で、
見た目はイイな。

あ、浜松にしては珍しく、
もやしは付かないんだね。

章楽「餃子」

歯を入れると焼き目はさくっとしてるけど、
全体的には柔らかめで、
そこから強めに効いたニンニクが広がり、
追って甘みも来る。

下味は十分でそのままでもイケるんだけど、
皿に油が残るほどで、
それが重く感じてきたので、
後半に変化付けでラー油醤油を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うんうんうん。
SNSを賑やかす店はもちろんなれど、
たまたま見かけた店で、
こういう店で食べるってのも、
新しい発見があってイイよなぁ〜

 

また機会があったら寄ってみよ。

 

浜松市浜北区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.