ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市西区

ゆうらぁめん【濃厚豚骨まぜそば&追い飯 -季節の香りを添えて-】@浜松市西区舘山寺町

投稿日:2022年7月10日 更新日:

 

 

 

2nd???

 

 

突然の告知にオドロキ!

ゆうらぁめんの告知1

1年前にたまたま見かけたSNS情報は、
将来ラーメン店をやりたい意志があり、
務める店を間借りする形でもって、
限定ラーメンを提供するらしく、
PayPayでの前払いでもって予約完了とか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆ゛

 

迷い迷っての予約をしての実食だったけど、
その2回目が行われるとのことで、
かなり間隔が空いたから、
もうやらないと思っていたくらい。

ゆうらぁめんの告知2

やるんだって。

今回は2日間に分けて、
各4部に分けての合計100食ってことで、
2日目に予約をしての舘山寺。

ゆうらぁめんの告知3

 

 

 

 

【めし処 sakura】

(浜松市西区舘山寺町1393-1)

めし処sakuraの外観1

以前の場所からは移転していて、
狭くはなったみたい。

めし処sakuraの外観2

店頭の駐車場は既に埋まっていて、
近くの指定場所に停める。

めし処sakuraの外観3

店内は厨房前にカウンター4席
壁付きで4席、
テーブル4席×2脚が用意されていて、
BGMに太鼓などの祭囃子が流されている。

 

 

 

【ゆうらぁめん】

ゆうらぁめんの案内1

手指消毒、検温、記名を済ませると、
空いている席に着くよう促される。

ゆうらぁめんの案内2

 

 

お!

 

見知った方が既に実食中で、

 

 

「お隣失礼します。」

 

 

声掛けして席に着く。

きっとあの方はラーメンが好きずら?

ゆうらぁめんの案内3

予約してあるので注文はせず、
そのまま静かに調理待ち。

めし処sakuraの内観

 

 

 

 

 

【濃厚豚骨まぜそば&追い飯 -季節の香りを添えて-】¥1,000

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」1

トレイに追い飯まで同時に載せての登場。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」箸袋

添えられた箸袋がカワイイわね。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」2

黒き丼には鶏胸肉、味玉、コーンかき揚げ、
刻み玉ねぎ、白髪ネギを全体に配している。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」3

後で他の方の投稿を見ると、
ちゃんと丸いかき揚げが載っていたけど、
僕のは細かいかき揚げの集合体で、
形を成しておらずで、
食べやすいかもだし、
食べやすかったし、
混ざりやすかったけれども、
見映え的には寂しくなっちゃったな。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」麺

具材を押し退けて麺を覗き込むと、
どこかで自家製麺と確か書いてあったけど、
平打ち麺が現れ、

 

 

お?

全粒粉仕様?

 

 

 

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」麺

パッと見はそう思ったけど、
よく見ると魚粉を和えているようで、
そのまま口にすると温かく、
もちっとした歯応えがあって、
魚粉の香りも少しする。

ふむふむふむ

早く全体を混ぜてみにゃ!だな。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」スープ

更に麺下を覗き込んでみると、
真っ白な豚骨が顔を出す。
意外に量は少ないな。

木レンゲで掬ってみようとすると、
とろ〜んと粘度は高く、
僅かな量なので先端にしか溜まらず。

ひと舐めしてみると、
豚骨・・・と分かる人には分かるのかな?
それらしい感じを受けないし、
それよりもしょっぱめで、
喉に突き刺さるようにエンミが残り、
謳っていなければ豚骨かどうか?分からず。
スープというよりもソースといった感で、
麺と混ぜ合わせると、
きっと豚骨らしき表情が現れるやも。

 

 

 

ま、ま、ま、
早速混ぜ合わせようかと思うも、
トランキーロ、あっせんなよ!で、
先に具材を食べてみたい。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」コーンかき揚げ

揚げコーンは揚げたてのようで温かく、
さくっと軽い食感があり、
コーンの甘みがしっかり引き出されている。
むしろ立っている。
イイぞ!

鶏胸肉は、
お!
こちらも温かいぞ!
冷めたものを載せているのではなく、
これまで温かいとは思わなかったわ。

 

 

 

 

コーンにしても鶏胸にしても、
麺同様に温仕様で統一され、
この辺のココロ配りはナイスですねぇ〜
好感が持てますわ。

 

 

 

 

 

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」麺

さてさてさて、
それはそうとトップをざざっと散らし、
ソースを全体に絡ませるように、

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

箸とレンゲを使ってしっかりと、

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

まだまだイクよ!
wow wow ぐるぐるかくれんぼ!

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

混ざったところでパクつくよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずるずるずる・・・
ずるずるずる・・・
ずるずるずる・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」麺

エンミの強い何らかの白湯が麺に絡み、
その味のバランスに物足りなさはないけど、
ぐいぐいと食べさせる力というか、
箸を進めさせる力というか、
ナンチュウカホンチュウカ、
ぐいぐいとは惹かれないなぁ〜

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」味玉

味玉をほぐして混ぜてみるも、
特に味変というか味増しには至らずで、
悶々もやもやだなぁ〜

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」味玉

そのまま気持ち盛り上がらず麺を食べ終え、
追い飯、シロメシを投入してみる。

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」追い飯

残る具材とソースからすると、
割合的にはシロメシ多し。

半分で十分だなぁ〜

ゆうらぁめん「濃厚豚骨まぜそば&追い飯」追い飯

1/4でも楽しむには十分だったかも。
麺と具材の温度帯は合わせてあったので、
追い飯も麺と一緒に提供するではなく、
麺を食べ終えた段階で追い飯量を、
シロメシ量を訊いた方が良かったかも。

意外とお腹にも溜まったしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなでフィニッシュ。

 

 

「今日は何を見て来られました?」

「あ、えっと・・・」

「インスタですか?」

「あ、はい。前回も来て・・・」


「ありがとうございます。」

 

 

支払い時にゆうさんに声を掛けられたので、
せっかくなので訊いてみる。

 

 

「この方向で行くんですか?」

「え、色々やりたいことがあって・・・」

 

 

浜松経済新聞の記事を見ると、
豚骨ラーメンの方向性が示されていたけど、
固まっていないみたい。
そうなんだ。

 

 

 

 

浜松経済新聞記事 ➡ https://hamamatsu.keizai.biz/headline/3011/

 

 

 

前回から1年が経っていての2回目だけど、
それならばもっと回数を重ねて、
あれやこれやと試したり、
そこから絞り込んでいったり、など、
具現化するには時間が掛かりそうだなぁ〜

面白い一面もあるにはあったけど、
余韻としてはエンミの印象が強かったし、
想像を超えるものではなかったし、

めし処sakuraのメニュー

「めし処sakura」のメニューを見ると、
鰻や豚丼、ローストビーフなどがあるけど、
“らしさ”を活かした感ではなかったし、
なんやかんやそんなものをひっくるめ、
特に驚くものがなかったのは残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕的には前回の方がワクワクしたなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の機会があるならば、
ワクワクする一杯が食べてみたいな。

期待しております。

 

 

 

 

浜松市西区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.