ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

らぁ麺 十六【海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)】@浜松市中区早馬町

投稿日:2022年1月13日 更新日:

 

SNSを賑わせる店は多いけど、
気持ち賑わせる味かっていうと、
そりゃ、実際に味わってみないと、で、
決してイコールではないと思う。

有名店だから、
人気店だから、
行列店だから美味しい!って、
食べ歩きをしない方ならともかく、
食べ歩きをしている方ならば、
情報でなく、
目の前の一杯を楽しめばイイのに、と思う。

いろんな店であったり、
いろんな味を楽しみたいの。
そうなの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SNSを賑わせてはいないけど、
気持ち賑わせてくれるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜松駅北エリア、
クリエート浜松に近接する店で、
大きな通り沿いにあるんだけど、
目立つ外観ではないんだよねぇ〜

らぁ麺 十六の周辺

 

 

 

【らぁ麺 十六】

(浜松市中区早馬町2-5)

らぁ麺 十六の外観

らぁ麺 十六の外観

それと分かるのは小さな看板のみで、
近くに寄ると商品説明もあったりで、
やっとそれと分かるラーメン店。

らぁ麺 十六の案内

予習を済ませての入店は、
右に厨房を囲むL型カウンター、
左にテーブルがあって、
券売機は左見返り部にある。

らぁ麺 十六の券売機

さてさてさて、
写真、説明書きなどがあって、
何を食べようか?と迷っちゃうけど、
今回は食べるものは決めていた。

替え玉があるので、
変化も楽しめるんだけど、
大盛で楽しんでみよっかな、とポチリ。

らぁ麺 十六の券売機

 

 

辛味にも対応致します。
(アラビアータ風)

 

 

と、説明書きにあったので、
食券を渡す際にそれをコール。

セルフで水を用意して調理待ちなのだぞ。

らぁ麺 十六の内観

 

 

 

 

 

【海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)¥1,180

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」

アラビアータ風だけど、
基本的には盛りは一緒。

麺大盛にしたことで見える割合が増え、
スープもフチまでかさ上げされていて、
全体的に迫力は増している。

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」

トマトの他、
ムール貝、アサリ、ベビーホタテ、エビ、
葉物で彩られている。

 

スープはアツアツ。

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」スープ

酸味のあるトマト感でコクがあり、
ふっと貝の香りがする。
アラビアータ風ってことで、
辛さはあるんだけど、
激辛レベルでなく、
旨みを消さない効かせ方。

 

 

 

 

あああああ

 

 

 

 

先日、他店でも似た一杯を食べたけど、
らしくはあるけど、
なんか気持ちが動かされなかったんだよね。
なんか上書きされたわ。

レンゲで何度も口にしちゃうぞ。

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」麺

合わせるは細麺。

加水低めの京都は麺屋棣鄂のもので、
するするっと滑らかに啜り上がってきて、
ぷりっとした弾力、
ぱつっとした歯切れの良さを感じる。

スープがしっかりと絡んでくるので、
一体感良く楽しめるなぁ〜

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」トッピング

海鮮も楽しんじゃうぞ!と、
殻からアサリをほじほじ、
ムール貝も、
ホタテむぐむぐ、
エビぷりっと。

ピリ辛トマトの風味は衰えず、
麺を食べて食べて・・・

 

 

 

 

あぁ、大盛は結構量があるぞ!

 

 

 

 

そりゃ、そうだわな、
麺量は並120gの倍量240gだもんね。

ハラヘリモードであったけど、
食べても食べても減らない心理的攻撃で、
でも食べて食べて、
それでも替え玉でなく、
追い飯があると嬉しいなぁ〜

などと思いつつ、
ま、ゴハン自体の用意は無いんだけど、
そんなことも思いなからの食べ進みで、

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」スープ

残るスープを味わい尽くしたく、
ゆっくり丼を傾けての完スペフィニッシュ。

らぁ麺 十六「海の幸のトマトらぁ麺(アラビアータ風、ダブル)」完スぺ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目立つ場所にありながら、
目立つ外観でなくも、
目立つ旨みが楽しめ、
まだ食べていない一杯が多いので、
また味わいたいし、
また行かなくっちゃ。

 

 

(о´∀`о)

 

 

 

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2022 All Rights Reserved.