ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

静岡市

一元 鳥坂店【サッポロみそ柳麵】@静岡市清水区

投稿日:2021年10月6日 更新日:

 

ちょいと足を延ばしてきたんだけど、
まだお腹には余裕があって、
もうちょっと食べたい気持ちではあるけど、
昼営業が終わっているとこがほとんどで、
ちぃとモヤモヤしちゃってる。

 

 

 

 

あああああ

そうだそうだ、
あそこは確か通し営業だったはずだし、
あそこで食べたい欲求が高まっていたので、
こういう機会は活かさにゃかん。

 

 

 

【一元 鳥坂店】

(静岡市清水区鳥坂918-1)

一元 鳥坂店の外観

北街道沿いにあって、
溶き味噌系は他にもいくつかあるけど、
こちらへの頻度が高い。

一元 鳥坂店の外観

厨房側と窓側、
背合わせでカウンターがあり、
外にテーブルの用意もあるけど、
店主の憩いの場となってる様子。

おそらくは娘さんが調理を仕切っていて、
中華鍋を振るっている。

 

メニューはこちら。

一元 鳥坂店のメニュー

一度だけ「柳麵」を頼んでしまい、

 

あああああ、
これじゃないんだぁ〜

 

悶絶したことがある。

 

 

 

 

こちらではみそが正解。

 

 

 

 

てか、それを食べたかったのよぉ〜

 

 

「みそください。」

 

 

ざっざっざっ
中華鍋が振るわれ、
白きものがぱっぱっと振られ、

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」調味料

でもそれがイイのよ、それが。

 

 

 

 

【サッポロみそ柳麵】¥1,100

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」

タマリマセン。

何度となく食べてきたし、
他の一元でも食べてみたけど、
やっぱそれぞれ違いがあって、
油ギットギトのやつだったり、
味噌が甘かったり、
パンチが無かったり、
色々あるんだけど、
慣れ親しんだこともあるけど、
僕的には鳥坂の一杯がイイな。

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」

ぼんやりと白いスープには青ネギを浮かべ、
炒められたもやしの上、中央に味噌、
それを隠すようにチャーシュー細切り、
仕上げに黒ゴマを散らしている。

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」スープ

味噌を溶かす前に、
淡い色合いのスープをひと口啜ると、
豚の仄かな甘みとコクがあり、
ま、味付けはされていないので、
そのままでは物足りずは間違いないけど、
これはこれで味わいたいところ。

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」麺

合わせるは低加水極細麺で、
ぽきぽきと硬い歯応えがある。

そのままのNO味噌スープで食べてみて、
出汁感を味わってみたら、
徐々に入り込んでくる味噌を実感。

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」味噌

味噌は甘ったるくなく、
エンミ高いもので、
最初から味噌を溶かすってのもアリだけど、
僕は徐々に溶かして変化させてくのが好き。

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」溶き味噌

淡い味噌感だったり、
突如として濃い味噌が現れたり、
そんな感じがイイのよ。

 

もやしが絡んでくるよ。
炒められているので水っぽくなく、
アチアチでしゃきしゃきとした食感が絡む。
食欲が弾む。

チャーシューは醤油がしっかり染みていて、
ぎしぎしと歯応えが強く、
食べ応えがある。

 

 

味噌を全部溶かし込んじゃお!

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」味噌スープ

味噌らしさ全開だぜ。

徐々にいろいろな刺激を感じだすも、
それも気にせずに楽しむのさ。

 

卓上には調味料があって、
ニンニクと豆板醤を投入。

一元 鳥坂店「サッポロみそ柳麵」味変

更にパンチアップさせて、
これがまたイイのよね。
箸が進んじゃうのよ。

大口で頬張って、
食べ進め食べ進め食べ進め、
結構なボリューム感には感じるも、
ペロリと食べ切っちゃった。

 

 

 

 

何度となく食べている一杯なれど、
また食べたくなるんだな。
また食べたくなるのよ。
また食べに来るよ。

 

 

(*´꒳`*)

 

 

 

 

静岡市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.