ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

島田市

居酒屋ラーメン 菩主【塩らーめんと鮪漬丼】@島田市

投稿日:2021年7月12日 更新日:

 

4年ほど前だったか、
テレビでの紹介で知ったんたけど、
調べてみたら夜営業のみの居酒屋で、
場所的にいってハードル高く、
そりゃ、
なかなかムズイわ、キビシーわ。

 

 

 

 

諦めてはいたんだけど、
記憶には残っていて、

 

え?

 

このご時世ゆえか?

見かけた情報によると、
ランチが始まったみたいで、
多少ハードルは下がったんだけど、
月〜木曜日のみってことで、
やっぱりハードルは高いまんま。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま゛

 

狙えそうだぞ!

 

そういう時もあるのね。

となると狙わずにいられないじゃない?
イってみなきゃ!なんだわ。

 

 

 

 

居酒屋ラーメン 菩主への道中1

JR島田駅の銅像をスルーで北上し、

居酒屋ラーメン 菩主への道中2

居酒屋ラーメン 菩主への道中3

そのまま真っ直ぐ、

居酒屋ラーメン 菩主への道中4

この辺りを曲がるんだわん。

居酒屋ラーメン 菩主への道中5

すぐに左に曲がる道があるので左折、

居酒屋ラーメン 菩主への道中6

のぼり旗がその存在をアピールしていて、

居酒屋ラーメン 菩主への道中7

暖簾が掛かっていることに安堵ですわ。

居酒屋ラーメン 菩主の外観1

ようやくの初訪問。

居酒屋ラーメン 菩主の外観2

 

 

 

【居酒屋ラーメン 菩主(ぼす)

(島田市日之出町1-6)

居酒屋ラーメン 菩主の外観4

黒板に“ラーメン”の文字があって、
ひっそり感のある店内に入る勇気をくれる。

 

 

 

 

いざ!

 

居酒屋ラーメン 菩主の外観3

手指消毒した先は、
居酒屋なれど寿司屋風の造りで、
冷凍ケースのあるカウンターがあり、
他に畳敷きの小上がりもある。

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー4

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー5

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー3

居酒屋メニューがあちこちにあり、
そちらが気にはなるものの、

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー6

めん処 杢屋 浜松入野店の揚げ物7

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー8

目の前の短冊に目が行く。

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー1

「川根塩」「こだわりの塩」の違いは?

 

 

迷っていると、
水と共にランチメニューが置かれたので、

居酒屋ラーメン 菩主のメニュー2

うん、やっぱこっちのセットかなって注文。

居酒屋ラーメン 菩主の内観

 

 

 

 

 

【塩らーめんと鮪漬丼】¥900+税

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめんと鮪漬丼」

 

はいッ!

 

ラーメン、漬丼だけでなく、
サラダも加えられた3点セットでの提供!

ちょっぴりおトク感がありますね。

 

 

 

 

まずはラーメンからイってみよっと。

 

 

 

 

 

【塩らーめん】

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」

 

見た目の印象はイイ感じだなぁ〜

 

見かける機会の多くなった白き丼、
琥珀色の淡いスープ、
つくね、味玉、青ネギ、鰹節、海苔、
白髪ネギ、ぶぶあられが配されていて、
チャーシュー、メンマは使われていない。

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」

盛りに多少のラフさは感じるものの、
昔ながらって感じではなく、
今時の表情をしていてイイ感じに思う。

 

ぶぶあられがイタズラしてくるので、
ちょいと押しやって、
スープをひと口。

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」スープ

あぁ、ほんのりとした甘みで、
キレイな清湯ですわいなぁ〜

鶏魚介のようだけど、
何かが突出するってわけでなく、
キレイにまとまっていて、
あ!
そうそう、
島田の旧国沿いにあって、
朝ラーで有名な店の味を連想させるわ。

うん、そんな感じで、
キレイな塩味といった印象を受ける。

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」麺

そこに合わせるは低加水細麺。

スープをしっかりと馴染ませていて、
しこしことした歯応えがあり、
このバランスはイイ感じ。

その関係性に鰹節が割り込んできて、
上手く効果的な味変アイテムとして、
香りと旨みを加えてくる。
こりゃ、イイわ。

青ネギの香りだったり、
白髪ネギのじゃきじゃき食感だったり、
ぶぶあられだったり、
まだ乱入してくるぞ。

海苔を絡めてみると、
こちらは磯の香りが強めで、
ちょいとバランスを崩してるかな。

味玉は半熟仕上げで、
コク深い黄身が口の中に広がる。

 

まん丸なのはチャーシューではないのよ、
つくねなのよ。

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」つくね

スープに合わせるかのような鶏つくねで、
ふにふにと柔らかな食感なんだけど、
時折こりっとした食感が入り込んでくる。

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」つくね

ありゃ?
細かく刻んだ軟骨が入っていて、
脇役の如くにそっと存在感を出してくる。

ありゃ?
炙りの香ばしさがあるよな気がするけど、
気のせいだろか?

 

 

うわぁ〜
チャーシュー増しならぬ、
つくね増しがあれば頼みたいとこなんだわ。

つくね、イイわ。

 

 

 

【サラダ】

麺を食べ終えたら一旦サラダでブレイク。

水菜、玉ねぎ、カイワレ、
ニンジンなどがゴマドレで和えられていて、
ざくざくじゃきじゃきと野菜を楽しむ。

 

 

 

【鮪漬丼】

居酒屋ラーメン 菩主「鮪漬丼」

もうひとつの主役はマグロを使った漬け丼。

居酒屋ラーメン 菩主「鮪漬丼」

刻み海苔、青ネギが載せられていて、
山葵は頭頂部にちょこんと。

居酒屋ラーメン 菩主「鮪漬丼」マグロ

マグロを摘まんでみると、
仄かな甘みのある醤油味で、
醤油醤油のしょっぱさはない。

 

ゴハンと共に食べても物足りなさはなく、

お?

軽く酢飯にされているので、
これはイイ感じね。

 

お!

ひとつだけホタテが入っていた!

居酒屋ラーメン 菩主「鮪漬丼」ホタテ

ちょっぴりトクした気分だわ。
山葵をちょんと付けたりしてはむはむむ。

 

 

 

 

完スペにてフィニッシュです。

居酒屋ラーメン 菩主「塩らーめん」完スぺ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、
エンミによるものか、
なにかによるものか、
ちょいと喉は渇いたけど、
気にするほどではないかな。

月〜木曜日だけの平日限定営業で、
ちょいとハードルは高くあるけど、
ラーメンはもちろん、
漬け丼も食べられたりで、
ランチは楽しめそうですぞん。

 

 

 

島田市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.