ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市東区

だるま製麺所【白醤油だしそば】@浜松市東区原島町

投稿日:2021年6月9日 更新日:

 

中華の気分だったんだけど、

 

うげ!定休日じゃん!

 

フラれてしまって、
困ってしまってわんわんわわん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場が空いてる!

いつも混雑してるんだけど、
この日は空きがあるぞ!
こういう機会は活かさにゃかん!

だるま製麺所の案内1

 

 

 

【だるま製麺所】

だるま製麺所の外観

だるま製麺所の営業時間

案内に従っての待ちを経ての入店で、
すぐ左にある券売機前へ。

だるま製麺所の券売機

さてさてさて、
特に食べるものを決めてはないので、
基本的なものにしようかと思うも、

 

あ、白醤油?

 

その醤油感を感じてみたいなぁ〜

 

 

 

あ、ざるも出てるじゃん!

いやぁ〜
ざるを食べたいけど、
それはまたの機会にして、
今回は白醤油をイっちゃうぞ。

だるま製麺所の内観

だるま製麺所の案内2

だるま製麺所の案内3

だるま製麺所の箸袋

 

 

 

 

 

【白醤油だしそば】¥900

だるま製麺所「白醤油だしそば」

甘き香りが立ち上がってきますぞ。

白醤油を使った出汁、
そこに収まる自家製麺を魅せるよう、
トッピングのチャーシュー2種、味玉、
白ネギ、カイワレ、海苔を片側に寄せる。

だるま製麺所「白醤油だしそば」

ごちゃごちゃせずのシンプルさが、
お出汁と麺を浮き上がらせているわね。

 

油の層は厚く、
ちゃぷちゃぷしても混ざりにくいので、
強めちゃぷちゃぷでスープをひと口。

だるま製麺所「白醤油だしそば」スープ

オイリーでアツアツをキープしていて、
滑らかに唇を滑らせると、
そこから出汁の丸鶏をベースとして、
魚介系の旨みが膨れ上がってきて、
白醤油の甘み、エンミで輪郭を整えている。

旨いな。

 

 

 

エンミがやや強めなのは気になるけど。

 

 

 

だるま製麺所「白醤油だしそば」麺

合わせるは自家製の細麺。

加水低めのもので、
しなやかさがあり、
さくっと軽やかな歯応えがある。
スープの馴染みは良く、
その旨みをしっかりと上げてくるんだな。

カイワレはピリッと辛みのアクセント、
白ネギや海苔など挟みつつチャーシューへ。

だるま製麺所「白醤油だしそば」チャーシュー

使われているのは豚肉でなく、
鶏胸肉オンリー。
低温調理されたもので、
さくっと軽い歯応えで、
しっとりジューシー。

臭みなくてイイわ。

だるま製麺所「白醤油だしそば」味玉

食べ進めていくと、
やはりエンミが蓄積していき、
やっぱしょっぱめだわ。

 

 

 

【十六穀米チャーシュー丼】¥320

だるま製麺所「十六穀米チャーシュー丼」

チャー丼は白米と十六穀米があるけど、
金額が同じなので、
なんとなく十六穀米の方が健康的かな?

食感や香りなんかも楽しめ、
こちらを頼むことが多い。

刻み海苔が敷かれ、
ブラック状に切られた鶏胸チャーシュー、
その上に青ネギが置かれている。

そのまま摘まむと、
厚みがあるので噛み応えがあり、
でも柔らかくしっとりジューシー、
炙りによる香ばしさがイイ。

だるま製麺所「十六穀米チャーシュー丼」

タレが掛けられているけど、
僅かにゴマ油が使われているようで、
ふっと鼻に抜ける感じが食欲をそそる。

十六穀米の香りと相まって、

うひゃひゃと食べ進める。

 

 

 

 

完食。

だるま製麺所の内観

 

 

 

 

夏季限定「ざるだしそば」が出ていて、
前回気に入ったので、
次回はこれを狙ってみたくあるなぁ〜

だるま製麺所の券売機

大盛にしたいんだけど、
全メニュー不可の謳いがあるのは残念。

ざるは解禁してくれないかしら?

 

 

浜松市東区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.