ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市東区

Cafe Soco.【ジンジャーチキンプレート】@浜松市東区天王町

投稿日:2021年4月30日 更新日:

 

ランチの約束をしたの。

 

僕的にはラーメンなら少しだけ知ってるも、
時には違うジャンルのお勉強もしたい。

 

店の選択はお願いします。

m(_ _)m

 

 

 

 

いくつかの提示をもらったけど、
知らないとこばかりだったし、
あ、そこも全然知らなかったなぁ〜

てか、
そんな場所にあるの?

通ったことすらないよ。

 

 

 

 

笠井街道沿いにあるマム、五味八珍、
セブレブのある交差点から東進、
クリエイト薬局を越えてもうちょい東進、

Cafe Soco.への道中1

天王幼稚園の手前に案内があるので右折、

Cafe Soco.への道中2

ここはちょい狭いな、

Cafe Soco.への道中3

Cafe Soco.への道中4

Cafe Soco.への道中5

Cafe Soco.への道中6

進むと見えてくるは倉庫。

そう、そこの倉庫が目的のソーコ。

Cafe Soco.の外観1

 

 

 

【Cafe Soco.(カフェ ソーコ)

(浜松市東区天王町954-1)

Cafe Soco.の外観5

2016年9月にオープンしたらしく、
倉庫としての建物外観はそのままに、
リノベーションされてのカフェだそうで、
11時開店なんだけど、
ちょいと早く着いちゃって、
まだ鉄扉は閉じられたまま。

Cafe Soco.の外観2

Cafe Soco.の外観3

駐車スペースの番号札を店内に、って、
案内にはそう書いてあるけど、
その札は置かれてなく、
最後まで置かれることはなかったので、
そのシステムは無くなっているのかも。

Cafe Soco.の駐車場案内

他にも道は通じていて、
そちらから来た方が広かったっけや。

Cafe Soco.の地図

(Google Map)

 

 

 

 

あ、待ち人来たる。で合流。

 

 

 

 

11時。

鉄扉は4m程の高さがあるんだけど、
女性スタッフがガラガラと重そうに開ける。

ありゃ、重いわな。

Cafe Soco.の外観4

入店を促され、
案内されたるはソファー席。

Cafe Soco.の内観1

ラーメン店でもそうだけど、
カフェなんて場慣れしていないので、
ちょいと緊張しちゃうわ。

 

メニューはこちら。

Cafe Soco.のメニュー1

Cafe Soco.のメニュー2

Cafe Soco.のメニュー3

Cafe Soco.のメニュー4

Cafe Soco.のメニュー5

Cafe Soco.のメニュー6

フードメニューの他、季節もの、
デザート、ドリンクなどが並んでいるも、
さて、写真が無いので、
説明書きで判断して決めにゃ!だね。

食事ならと、
日替わり内容をスタッフが教えてくれるも、
う〜ん、
余計に迷ってしまいそうだけど、
ま、レギュラーの方がイイかな。

ドリンク付きで、
追加料金が掛からないものもあるけど、
少しプラスしてのコーヒーを選択し、
ボタンを押してスタッフを呼んでの注文。

Cafe Soco.の内観2

肌寒い日であったし、
換気の為の扇風機が横で唸っているし、
リノベしたとはいえ倉庫は倉庫だし、
開店直後ということもあるし、
室温は低かったので、
スタッフにそのことを話すと、
温度調整はもちろん、
ブランケットを貸してくれるってことで、
対応の良さと配慮に感謝感謝。

ついでに店内探検と撮影の許可をもらい、
一旦席を離れてうろうろろ。

Cafe Soco.の内観4

倉庫内は真ん中吹き抜けの2階となってて、
中央にあるシンボルツリーは、
その2階床高を超えるほどの高さ。

Cafe Soco.の内観5

Cafe Soco.の内観6

床や壁はコンクリート系の無機質さ、
そして木材による有機質の組み合わせで、
そこにシンボルツリーだったり、

Cafe Soco.の内観8

アンティークな家具などがあったり、

Cafe Soco.の内観9

Cafe Soco.の内観10

Cafe Soco.の内観11

Cafe Soco.の内観13

で、それらは適度な距離感を保ってたり、
暖色系の照明が灯っていたり、
オサレで居心地のイイ空間となっている。

 

なんだかイイぞ!

 

少しずつ客席が埋まり始めたので、
そそそと席に戻り、
会話をしながらの調理待ち。

Cafe Soco.の内観3

 

 

 

 

 

【ジンジャーチキンプレート】¥1,880

Cafe Soco.【ジンジャーチキンプレート】

ジンジャーチキンはアツアツの鉄鍋に、
ジンジャーオイル、スープは別添えで、
ドリンクはアフターでの提供をお願いし、
それら4点での1セット。

Cafe Soco.【ジンジャーチキン】

鉄鍋には十五穀米を中央にして、
生姜、黒コショウとオイル漬けしたチキン、
サラダ菜などの野菜、トマト、レモン、
細切りニンジンの、ん、マリネかな?
イタリアンパセリなどが載せられている。

Cafe Soco.【ジンジャーチキン】

チキンは鶏モモが使われていて、
パサつきのないぷりっとした柔らかさで、
程良い塩加減でもってこのままでもイケる。

Cafe Soco.【ジンジャーチキンプレート】ジンジャーオイル

うん、これはこれでイケるんだけど、
ジンジャーオイルとやらも気になり、
これを付けてみると、

Cafe Soco.【ジンジャーチキンプレート】ジンジャーオイル

 

 

あ!

 

こりゃ、イイな!

 

生姜の風味はもちろんなんだけど、
オリーブオイルはフレッシュで香り高く、
イヤミな油分ではないので、
たっぷり付けてもクドさを感じない。

こりゃ、イイな!
イイ感じだぞん。

 

十五穀米はホントに十五穀?
などと数える気はなく、
硬めに炊かれた米として一緒にはむはむむ。

Cafe Soco.【ジンジャーチキンプレート】スープ

スープは口を潤わせ、
マリネはその酸味で箸休め的に働き、
パセリで口の中をリセットしてみたり、
うん、これイイなぁ〜

楽しい美味しいワンプレートだわ。
この選択は良かったかも。

程良いボリューム感ではあるんだけど、
育ち盛りの僕としては、
もうちょい食べれそうではあって、
追加で大盛にしても良かったかも。

ま、ま、ま、
初訪店なので次回以降の参考としよう。

 

 

 

【生クリームコーヒー(HOT)+¥130

Cafe Soco.【ジンジャーチキンプレート】生クリームコーヒー

ドリンクは追加料金プラスにして、
こちらのHOTを選択。

 

コーヒーに生クリームなので、
つまりはウィンナーコーヒーだよね?

スタッフに一応確認したので間違いなし。

あ、ウィンナーだからといって、
ソーセージが入っているのではなく、
発祥の“ウィーン風”という意味合いだとか。

 

ためになったねぇ〜

ためになったよぉ〜

もう中学生

(もう中学生@吉本興業)

何度か飲んだことはあるものの、
正式な飲み方は知らずで、
ま、僕はそのまま口にし、
程良いタイミングで混ぜ合わせたりたり。

ブラックコーヒーにクリーミーな甘さで、
なんとなくオサレな感じじゃない?

 

 

 

 

 

【揚げたてきなこ揚げパン】¥600

【キャラメルラテ(HOT)+¥400

Cafe Soco.【揚げたてきなこ揚げパン】

同行者はこちらを選択。

きなこ揚げパンは、
知久屋のパンにきなこをまぶしたそうで、
ひとつもらったんだけど、
パンはしなしなでなく、
カリッと揚げられていて食感が秀逸。

きなこは僕的には甘いんだけど、
ブラックコーヒーを好むので、
それとのバランス的にはイケる。

 

ミントの葉を口にすると、
すっきりとリフレッシュさせてくれるぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりだったこともあり、
近況やら共通の話題、
他にもカフェのことやら、
あ、ラーメンのことやら、
なんだーかんだーで話が弾み、
居心地の良さもあっての長居状態で、
時間的に気兼ねしてきたので、
ドリンクを追加注文。

Cafe Soco.の内観2

 

 

 

【カプチーノ(HOT)+¥700/2

Cafe Soco.【カプチーノ】

 

 

 

【無農薬マイヤーレモンスカッシュ】+¥680/2

Cafe Soco.【レモンスカッシュ】

そうそう、
2杯目からは半額になるんだそうで、
こりゃ、嬉しいシステムなんだわ。

Cafe Soco.のメニュー7

まだまだ話は弾む。弾む。弾む。
弾みまくりやがって時間は過ぎゆく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、そうそう、
営業時間は平日11-15時(LO14時)、
土日祝は11-17時(LO16時)だそうです。

 

 

 

 

 

17時。

すみません。
すみません。
すみません。

 

 

 

 

 

営業時間を通しで、
ぶっ通しでフルに使っちゃいました。

・:*+.\(( °ω° ))/.:+  バビョン!

 

 

 

 

会計を済ませての退店。

 

 

 

 

開店時は空間を持て余すほど、
閑散としてる感はあったものの、
なんてことはなく、
すぐに席は満たされていき、
視界の範囲内ではずっと満席状態で、
スゲーな!

目立たない場所でも人は集まるし、
それを集めるだけの魅力があるんだと実感。

Cafe Soco.の内観7

後で調べてみると、
「とろろや」の姉、
「hiro furniture」の弟が組む店らしく、
料理と空間デザインが上手く融合してて、
居心地のイイ空間で、
食事はもちろん、
会話も楽しませてもらったので、
うん、僕もまた再訪したく思えましたわ。

 

 

 

 

“次”もあるとイイな。

 

( ̄▽ ̄)b

 

 

Instagram ➨ https://www.instagram.com/cafe_soco/

 

cafe Soco.(アットエス記事) ➨ https://www.at-s.com/gourmet/article/cafe/cafe/295405.html

 

 

 

 

浜松市東区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.