ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

愛知県豊川市

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂【台湾パクチーらーめん】@愛知県豊川市

投稿日:2021年4月26日 更新日:

 

 

あのクセがタマラナイ。

 

少しだけをアクセント的に使う店はあるも、
大々的フューチャーの一杯はそうそう無く、
それを思い出すと無性に食べたくなる。

 

 

このコロナ禍において、
県跨ぎは御法度であるかの如くで、
あ、そうだ、去年の緊急事態発令の際、
てか、発令前に訪問した店を上げたらば、
誤解されちゃいけないので・・・などと、
良い人ぶりな主張に利用するかの如く、
コメをくれる自粛警察ちゃんが現れたけど、

 

 

はぁ?

うっせぇわ!

 

 

的な人が現れたなぁ~

そこんとこは考えて行動してるつもりで、
そもそも自粛を呼び掛けたと思ったら、
まだ収まってもないにも関わらず、
GOTOGOTO、これだけオトクよと、
人の移動を煽りまくったり、
また広がり始めると協力、要請などと言い、
やってる感の演出は巧みなれど、
飲食店をイジメまくり、
マンボーだかヤンボーだかチンボーだか、
緊急事態宣言との違いはよく分からんけど、
しまいには密オバちゃん逆ギレするし、
それでもオリンピックはやるんだよね?
ワクチンはいつになるんだろ?
収束はいつになるんだろ?
県境のその先が悪いではないし、
県境の中でも状況は変わりないし、
そこは各々が注意するしかないし、
そもそも感染したくないし、
味覚障害にはなりたくないし、
気をつけているんじゃい!

 

 

ꉂꉂ(ᵒᗨᵒ༶) ハッハッハ、ナンノハナシダッケ?

 

 

ま、てなことで、
不要不急でない越境で、
食べたかった一杯を求めて向かうも、
駐車場には入れずだったので、
余計悶々しちゃったので解消しなくっちゃ。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の外観2

 

 

 

【和風鶏豚骨らーめん 葵春堂(あおはるどう)

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の外観4

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の外観3

開店直後の到着で、
今回は駐車場に停められたぞ。

前回は他店が混んでたんだろうか?
共同駐車場はメリットデメリットがあるの?

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の営業時間

連なる列に付いて、
食券購入するタイミングが近づくも、
前客が中待ちとなった時点で1巡目脱落。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の外観5

外待ち先頭で暫くの待ち。
20分ほどしての券売機前。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の券売機

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の案内

そりゃあ、
もうレギュラー入りした一杯、
そしてお目当ての増しをポチリポチリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

立体的ボリューム感ある盛りなので、
近くのオネーチャンらの視線を集めつつ、
目の前の台に置かれましたよ。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂のメニュー

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の案内

 

 

 

 

 

【台湾パクチーらーめん】¥870+パクチー¥200

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」

増したからね。
パクチー増したからね。
¥200で追いパクチーですぞ。
もりもりですぞ。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」

糸唐辛子をそっと置く山盛りのパクチー、
それらの下には台湾ミンチなどもあるけど、
隠れていて全く分からないほど。

 

 

あああああ、崩れてきちゃった。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」横

とりあえず、
まずはスープをひと口。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」スープ

 

あっさり!

 

和風鶏豚骨を謳うスープは、
そこに動物系の存在を示しているけど、
こってりで粘度濃厚ではなく、
その真逆のあっさりサラッとしたもので、
やや酸味があり、
あ、カツオらしき風味を感じるぞん。

うん、ライトさは変わらずで、
単体だと物足りない気はする。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」麺

合わせるは加水低めの細麺で、
滑らかさがある肌はダレずに舌を刺激、
スープをしっかりと抱えていて、
ぱつぱつとした歯応えで楽しませる。
この麺面白いな。

 

ここに隠れていた台湾ミンチが絡み出す。
軽くニンニクを漂わせながら、
辛さは控えめな台湾ミンチが絡み出し、
香りに変化を加えてくる。

 

下地準備が出来てきたので、
ここらでパクチーを解放しちゃうぞ。

軽くスープに浸したら、
しなっとしたパクチーを麺に絡ませる。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」パクチー

 

ほほほほほ

 

辛みあるものにパクチー合うわ!
ほろ苦さで一気にエスニック感が出るわ!

 

そう、パクチーを単体で食べることはなく、
サラダにしても惹かれるものではないけど、
辛みと合わせることでの相乗効果は高く、
と、僕は思ってて、
ここ葵春堂で目覚めた感はあるなぁ〜

 

あ、そう豊橋の方はパクチー苦手だけど、
当ブログ記事を読み、
実食をしてくれたそうで、
そこで一気に開眼したらしく、
今では増しでパクパクと食べているらしい。

 

 

パクちぃ。(〃ω〃)

 

 

ほろ苦さと辛みとの融合がタマラナイ。

店側は考慮してのパクチー組み合わせで、
これを入れてこその完成形だと思うので、
パクチー抜きはあり得ない。
例えば青ネギに変えてくれるとしても、
それは違う食べ物のような気はするので、
減らすことはアリだとしても、
パクチー抜きはすべきじゃないよなぁ〜

 

 

さて、別皿提供のレモンを搾っちゃうぞ。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」レモン

力を入れて出来るだけたっぷりと、
じゅぼじゅぼじゅぼ。

レモンの酸味は、
加減によっては味わいを壊すこともあり、
最近は注意するんだけど、
これは更にエスニック感が増し、
それが合ってるので多くても負けてない。
あぁ、イイわ。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」ひき肉

てなことで食べ進め、
平日は無料ではあるけど、
本日は有料な一杯を。

 

 

 

【ごはん 小】¥100

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「ごはん 小」

合うのよね。

残るスープにこれを投入。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」残るスープ

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」ごはん投入

混ぜ合わせてのエスニック雑炊でいただく。
旨みやらパクチーやら色んな要素が混ざり、
それをゴハンが吸い込んで、
これ、間違いないッス。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」雑炊風

うひゃひゃ!と食べ進め、
今回同時提供された自家製ラー油を使う。

辛み増しは間違いのないとこだろうな、と、
注ぎ入れてみると、

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」味変

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あああああ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほどなるほどなるほど。

辛み自体は悪くはないと思うけど、
中に八角の香りが入っていて、
これだと今までエスニックだったものが、
中華の色合いになってしまい、
うぅ、これは違うと思うなぁ〜

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の調味料

卓上にある唐辛子を使い、
純粋に辛みを足した方が良さげだわ。

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂「台湾パクチーらーめん」完スぺ

ま、ま、ま、
それでも久々にパクチーを食べられ、
辛みで汗も滲み出て、
気持ち的には満足での退店。

 

 

 

 

あぁ、やっぱ美味いなぁ〜

また食べたくなるんだなぁ〜

 

( ̄▽ ̄)b

 

和風鶏豚骨らーめん 葵春堂の外観1

 

 

 

愛知県豊川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.