ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

らーめん 藍麻翔【辛味噌らーめん】@浜松市中区泉

投稿日:2020年12月4日 更新日:

 

 

そうだったっけ!

 

しばらく行ってないなぁ〜と思ってて、
調べたら前回は大晦日と、
今年に入ってからは未訪状態。

派手な存在ではないけど、
どこか気になる存在であって、
寄ってみたくなる。

 

 

店名のせいなのか、
それが天命なのか、
また会いに来てみました。

 

 

 

【らーめん 藍麻翔(あいましょう)

らーめん 藍麻翔の外観

あ、看板が新しくなったのね。

らーめん 藍麻翔の外観

住宅街にあって、
目立つ色ではあるわね。

 

暖簾をくぐりての入店で、
店内は厨房を囲むL型カウンター、
テーブル、小上がり、
奥には秘密の隠し部屋があるんだけど、
そちらは秘密の解明には至ってない。

らーめん 藍麻翔の内観

いつもの席が空いていたので着き、
鬼滅の刃マスクをチラ見しつつ、

鬼滅の刃マスク

メニューを眺めます。

らーめん 藍麻翔のメニュー

らーめん 藍麻翔のメニュー

ラーメンはもちろんなれど、
ゴハンものもイっときたいな。

 

 

 

 

あー、
カレーチャーハンって無かったっき?

なんか口の中がそれになってたけど、
無いものはしょんない。

あぁ、カレーチャーハン食べたかったなぁ〜
他店ではどこかにあったよな。
どこだっけ?

なんか口の中がそれになってたけど、
無いものはしょんない。

 

 

 

 

でも、裏メニューでは、
カレーラーメンがあるらしいから、
カレーチャーハンも出来るんじゃなくね?

なんか口の中がそれになってたけど、
無いものはしょんない。

らーめん 藍麻翔のメニュー

でもありがたいことに半チャーハンがあり、
ちょっとした量で満たしてくれそうなので、
これを組み合わせてみよう、そうしよう。

らーめん 藍麻翔のメニュー

らーめん 藍麻翔のメニュー

半チャーハンとセット的に同時提供で、
まずはラーメンからイってみよう。

らーめん 藍麻翔「辛味噌らーめん+半チャーハン」

 

 

 

 

 

【辛味噌らーめん】¥900

らーめん 藍麻翔「辛味噌らーめん」

もやし、玉ねぎ、ひき肉、
青ネギ、メンマを配する一杯は、
スープは辛さを連想する赤ではない茶色で、
油の層が出来ていてのオイリー感がある。

らーめん 藍麻翔「辛味噌らーめん」

全体的に明るめの色合いはイイね。

 

まずはスープをひと口。

らーめん 藍麻翔「辛味噌らーめん」マスク

熱を逃さずのアツアツさで、
仄かな甘みあるベースはどっしりで、
それに負けない味噌感があり、
辛みはそれらを殺さずに、
激辛ではなくも、
足りずでもない程良い辛さがあり、
こりゃ、イイな。

まさにの旨辛だな。

らーめん 藍麻翔「辛味噌らーめん」麺

合わせる麺がこれを受け止め、
もにもにとした歯応えで応えている。
辛味噌に負けていない感じで、
バランス良くてイイわ。

ここにもやしなどが絡んでくるんだけど、
これ、茹でたものでなく炒めたもので、
シャキシャキとしたメリハリさで、
食感での変化を与えてくる。

うん、ひき肉は甘くて、
これにオドロキはないな。
山椒ビシビシと効かせるような、
刺激あるものでも楽しそう。

メンマぽりぽり。

 

 

食べ進めていくと、
温度低下で油が目立ち始め、
ぼんやりとしだし出す。

イイ感じのスタートだっただけに、
ちょいと惜しい気はするな。

 

 

 

【半チャーハン】¥380

らーめん 藍麻翔「半チャーハン」

こんもりとした山が作られていて、
中には玉子、なると、
チャーシュー、青ネギなんかが入っていて、
紅生姜が添えられる。

らーめん 藍麻翔「半チャーハン」

しっとり系のふっくらとしたもので、
味付けは他を邪魔しない加減で、
紅生姜の酸味などとも合う。

程良いボリューム感で、
もうちょい食べたい!欲求に応えてくれる。

 

 

 

 

とかなんとかで完食。

 

 

 

 

スタンプカード忘れでポイントは付かずも、
なかなか来れなかったりするからイイか。

ま、しょんない。

 

 

 

 

次はいつ機会があるかな?
きっと来年かな?
うん、そうかも。

 

 

 

 

良いお年を。

マタアイマショウ。

らーめん 藍麻翔の外観

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.