ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー【ラボタン(辛さ4、痺れ2)】@浜松市中区板屋町

投稿日:2021年5月25日 更新日:

 

ラボタンを食べてない。

 

 

 

 

しばらく行けてないので、
店自体に行きたくもあるし、
そう、アレンジバージョンだったり、
限定だったりは食べてはいたけど、
基本的なラボタンって食べてない。

多分今年は食べてはおらず、
食べたくなってきた。

 

 

遠州鉄道、第一通り駅の北の道を東へ、
あぁ、ちょうど昼時で外待ちが出来ている。

遠州鉄道第一通り駅

ラボラトリーの外待ち

 

 

 

【汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー】

ラボラトリーの外観

外待ちをしつつ、
何を食べようか思案思案。

ラボラトリーのメニュー

ラボラトリーの限定メニュー

塩シリーズは出ているし、
あぁ、まだ梅ラボも食べてないなぁ〜
それも惹かれるなぁ〜

迷いはあるものの、
初志貫徹でラボタンにしよう。
そうしよう。

 

んでもって、
気になるアレンジをかましてみようかと、
ミキティに確認をして事前注文。
海鮮丼は入店してから考えよう。

ラボラトリーの消毒液

しばらくして入店を促され、
海鮮メニューを眺めての追加注文。

ラボラトリーの海鮮メニュー

やっぱ海鮮系は食べておきたいもんね。

ラボラトリーの案内

ラボラトリーの案内

ラボラトリーの内観

 

 

 

 

 

【ラボタン(辛さ4、痺れ2)¥750

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」

 

久しぶりッ!

 

な、ラボタンは、
今回は辛さ4、痺れ2にしたんだけど、
この辺は加減調整が出来るので、
好みだったり、
気分だったりで変化を楽しめる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」

今回は4、2。
唐辛子が赤く目に入るんだわね。

麺の上にはひき肉、水菜、
青ネギ、カシューナッツが置かれていて、
これを混ぜ合わせるんだけど、
一旦トップの具材だけをざざっと散らし、
そこから底のタレやなんかと麺を混ぜる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」麺

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

もうちょっと混ぜようかな。

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

現れたる麺は京都・麺屋棣鄂の平打ち麺で、
手揉み揉み揉みされている。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」麺

きっちりとタレや油を絡ませて、
表面がてかてかと光っているよ。

口にすると、
柔らかくもっちりとした歯応えで、
スープの絡み良く、
あ、醤油がコク深くて、
今回はぐいぐいと来る感じがあってイイな。

痺れは控えめにしたので、
辛さが前に来てるけど、
僕的には辛過ぎずってことはなく、
いつもよりちょい辛いくらいだな。

ひき肉は粗いものが使われているので、
麺に絡んでもその旨みを主張していて、
埋没しない存在感がある。

水菜や青ネギだったりも絡み、
カシューナッツはアクセントとして働く。

 

 

 

 

さてさてさて、
今回は企みを持っての注文で、
カラシビを調整してあったのよ。

 

 

 

【磐生香菜 W】¥200

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」パクチー

 

 

パクチーよ、パクチー!

パクチーもりもり!

 

謳いを見ると、
生産量日本一の磐田産パクチーとあり、
へぇ、そうなんだ。と知識を深める。

そう、とにかく、
辛いものにはパクチーが合うと思ってて、
そういえば合わしたことなかったよなと、
ふいに思いついての注文。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」パクチー

しかも増量サイズのWにしてみた。

 

これを投入し、
再度混ぜ合わせる。

 

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

 

立ち上がる香りがもうそれで、
一気にエスニック化なんだわ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」パクチー載せ

こりゃ、香り強いわ。

合わせるつもりで辛さ4にしてみて、
これは予想通りで合ってるんだけど、
パクチーは香りが強いので、
Wにしなくてもよかったかも。

 

でも、これイケるなぁ〜

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」パクチー絡ませ

パクチーは今後頼みたくなりそうだわ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン(辛さ4、痺れ2)」完食

 

 

 

 

提供があるなら食べたい海鮮丼は、
今回は3種の海鮮が用意されていて、
ん〜、2種の組み合わせにしてみよっと。

 

 

 

【2種丼】¥980

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」

天然南鮪中落ち、紋甲いか、
この2種を選択してみました。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」

出汁醤油の提供はあるものの、
いつも通り、
まずは何も付けずに食べてみたい。

 

南マグロは、これ旨い。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」南鮪

いや、何だ?

甘いぞ。
血生臭み皆無で身が甘いのよ。
ほんのりと甘い。

後で聞いてみたら、
やはり個体がイイのだそうで、
これは頼んで正解だったわ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「2種丼」紋甲いか

紋甲イカはくにんと歯応えがあり、
噛むごとに甘みが出る感じで、
こちらも正解。

軽く山葵を付けてゴハンをぱく、
出汁醤油を軽く掛けてぱくぱく、
こりゃ、イイや。

 

 

 

 

モチのロンで完食フィニッシュ。

 

 

 

 

何度も通ってはいるけど、
新たなる発見や組み合わせってのはあり、
飽きさせないねぇ〜

新たなる実験も色々と企みがあるようで、
それらもまた楽しみではあるわ。

 

 

とりあえず、
またパクチー合わせもしなきゃ!だわ。

 

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.