ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

藤枝市

麺屋 花枇【丸鶏 塩】@藤枝市

投稿日:2020年11月24日 更新日:

 

 

狙いは決めてあったんだ。

 

年々、足を延ばすことが億劫になってきて、
あてもなく動くよりも、
目的がある方が気持ちの入りもイイ。

前日、食べ終えて店のドアを閉める僕は、
食べようと車のドアを閉める方と遭遇。

久しぶりだったので浮かれちゃって、
思わずハグしちゃったけど、
そうだ、女性だったっけ。
密です密です、
ソーシャルディスタンスだったっけ。

ま、ま、ま、
それはそれとての情報交換で出た、
「ディルバター」なるパンチライン。

 

 

あああああ、
そうじゃんそうじゃん、
限定が始まってたっけ。

 

 

そう思ったら気持ちはそれになっちゃった。

 

 

この日は決めていたんだ。

 

 

朝ラータイムが終わり、
昼ラータイムが始まる頃を目指し向かうも、
カドデオオイガワの影響だったりで、
バイパスは混雑してて、
やっと到着するも駐車場待ちだったりで、
目標より1時間遅れ。

麺屋 花枇の駐車場

 

 

 

【麺屋 花枇(はなび)

麺屋 花枇の外観

麺屋 花枇の営業時間

麺屋 花枇の駐車場案内

麺屋 花枇の外観

麺屋 花枇の外観

麺屋 花枇の案内

麺屋 花枇の案内

麺屋 花枇の消毒液

前客に続き、
外待ち中待ちを経ての入店で券売機前へ。

麺屋 花枇の券売機

もちろん目的は限定で・・・

麺屋 花枇の限定案内

 

 

 

ぐげ!

 

 

あああああ

マヂかああ!

 

終了かああ!

 

 

食べる気マンマンだったので、
終了とはショックだなぁ〜

ま、とはいえ、しょんない、
気持ちを切り替えなきゃなんだわ。
ポチリ。

 

 

 

 

麺屋 花枇の内観

店内は満席でテーブル席に案内されるも、
席を追加する都合で、
隣のテーブルへの移動を求められる。

麺屋 花枇の内観

もちろん協力し、
親子連れがそこに着く。

でもちょっと賑やかな子が居て、
しばらくは我慢していたものの、
集中出来ないほどになってきたので、
ちょっと声掛けをさせてもらったけど、
逆にそちらが気になってしまって、
そういった環境も大事よね、と思う。

 

 

 

 

 

【丸鶏 塩】¥870

麺屋 花枇「丸鶏 塩」

 

ほっほぉ〜

限定は売り切れだとしても、
レギュラーの一杯がある。

麺屋 花枇「丸鶏 塩」前回

店名の入った白き丼に、
半年ほど前とは違い、
ややくすみがかったスープ、
トッピングのチャーシューも変わり、
2種ではあるけど豚と鶏に、
メンマ、小松菜、白ネギを添えていて、
落ち着いた雰囲気を感じさせる。

麺屋 花枇「丸鶏 塩」

まずはスープを。

麺屋 花枇「丸鶏 塩」スープ

 

あああああ、

ほら、イイじゃん!

ガツン!とストレートに、
香りで主張するよな鶏感ではなく、
塩は控えめで柔らかく、
仄かな甘みを待ち、
芳醇な旨みがじんわりと広がるよな感じ。

最初はエンミも足りなさげに思うも、
ふた口み口と重なるうちにハマる蓄積型。

イイよなぁ〜

麺屋 花枇「丸鶏 塩」麺

加水低めの細麺がこれを吸い上げ、
馴染みことでの一体感を高めていく。

うん、限定ばかりに目を奪われるでなく、
こういうレギュラーを楽しむってのもアリ。

 

 

 

 

いや、牡蠣の限定が売り切れだからって、
決して負け惜しみじゃないさ。

牡蠣目的ではあったけど、
あればラッキーくらいの気持ちだったもの。
これを食べられてラッキーでもあったのよ。

 

 

 

 

白ネギのざくっとした歯触りで、
香りと共に食べるってのもイイな。

チャーシューは肩ロースと鶏胸肉の2種。
共に低温調理されたようで、
エンミをしっかり馴染ませ、
しっとりな肉質感の肩ロー、
黒コショウをまとい、
さくっと軽やかな歯応えの鶏胸と、
その違いを楽しむことが出来る。
チャーシュー、イイよな。

メンマをポリポリ、
小松菜で口の中をさっぱりと。
もちろんもちろん十二分に楽しんでの完食。

 

 

 

 

スープは残したくなく、
ゆっくり丼を傾けての完スペフィニッシュ。

 

ふわぁ〜  ε-(´∀`; )

 

麺屋 花枇「丸鶏 塩」完スぺ

余韻にもっと浸っていたくはあったけど、
中待ち外待ちする後客の空気を感じ、
実は気づいてたぜ、
人間違いじゃなくタカ☆だと気づいてたぜ、
そんなことを言わんとばかりに、
厨房でニヤリの店主に会釈だけしての退店。

 

 

 

 

いつまでも居座るような、
“常連になりたい輩”ではなく、
スマートに席を空ける、
さりげなさのある常連の方がカッチョええ!

 

そんなオトナになれたらイイな。

 

 

 

 

次は何食べよ。

 

 

藤枝市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.