ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

御前崎市

中華厨房 東風【塩野菜ラーメン】@御前崎市

投稿日:2020年11月11日 更新日:

 

備忘録的に過去記事を遡ってみると、
1年以上前に食べたっきりで、
それを思い出しちゃうと、
もう食べたくなってきちゃう。

 

 

 

頭にあの曲が流れてきちゃう。

 

 

 

レバニラ食べたし。

 

 

 

中華厨房 東風の外観

 

 

 

【中華厨房 東風(とんぷう)

中華厨房 東風の外観

風除室に入ると、
メニュー写真の他、
ランチの案内があり、

中華厨房 東風のランチ案内

CにAのレバニラを組み合わせ、
よく食べているんだけど、
これがまたタマラナイのよね。

消毒液が用意されているので、
使っとこうね。

 

カウンターに着き、
メニューを眺める。

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

中華厨房 東風のメニュー

Cにしたいところだけど、
醤油ラーメンしかないのよ。

差額プラスで変更出来ないか、
以前訊いたことあったけど、
にべもなく断られたんだよね。

 

前回は五目あんかけを頼んだので、
今回は違うものを食べてみたいな。

中華厨房 東風のメニュー

それと単体でレバニラもあるので、

中華厨房 東風のメニュー

これを一緒に頼んでみよっかな。
と、注文を済ませての調理待ち。

中華厨房 東風の内観

あ、そうそう、
感染予防対策として、
厨房との境に透明シートが設置されたけど、
意外に汚れが目立っていて、
不衛生に見えるのはマイナスだなぁ〜

ちょっと萎えるわ。

 

 

 

【レバニラハーフ】¥480

中華厨房 東風「レバニラハーフ」

ありゃ〜
初めて頼んでみたけど、
ランチと同じボリュームになるのかな?

ハーフっちゅうんで、
もっと少ないかと思っていたので、
これは嬉しい。

中華厨房 東風「レバニラハーフ」

炒められたニラ、もやし、玉ねぎの下に、
ひょっこりと顔を出してるレバーが見える。

 

 

むひひひひ

 

 

中華厨房 東風「レバニラハーフ」

醤油で味付けられた野菜を摘まんで、
ずずんと気持ちを高め、
やっぱりレバーをイカなきゃね。

中華厨房 東風「レバニラハーフ」

薄衣をまとわせて揚げられているようで、
外は硬め、
中は臭みなく、
しっとりと柔らかな仕上がり。

中華厨房 東風「レバニラハーフ」

このレバーは美味いんだ。

5個くらい入ってたかな、
食べ応えもあってイイぞ。

 

 

 

 

 

【塩野菜ラーメン】¥970

中華厨房 東風「塩野菜ラーメン」

野菜たっぷり〜

キャベツ、もやし、ニラ、ニンジン、
玉ねぎ、ピーマンなど、
あと豚肉少しを炒められたものがON!

中華厨房 東風「塩野菜ラーメン」

いわゆるタンメンだね。

中華厨房 東風「塩野菜ラーメン」スープ

青ネギ浮かぶスープは、
エマルジョン化してるようで、
口にすると薄っすらとゴマ油が香り、
円やかな口当たり、
てか、
こってり目な塩味の鶏ガラスープ、
そこにコショウをビシッと効かせて、
押しを高めている感じ。

中華厨房 東風「塩野菜ラーメン」麺

合わせるは細麺。

スープを馴染ませ、
ぷりしこな歯応え。
そこに野菜を絡めると、
食感の変化が食欲を刺激し、
ガッツリモードに突入。

中華厨房 東風「塩野菜ラーメン」

あ、でも、野菜は熱いから注意が必要。

もやしはヒゲが取り除かれているものの、
全体的にランダムに箸で摘まむので、
口の端に当たると、

 

 

あちッ!

 

 

ってなるからね。
ヤケド注意です。

中華厨房 東風「塩野菜ラーメン」麺

とにかく注意しつつの食べ進みで、
ちょいとオイルの蓄積もあってか、
単調に感じ始めてきたので、
味変をしてみたいんだけど、
卓上には白コショウのみ。

以前はあったはずだけど、
醤油をひと差ししたい気分。
なんてことを考えつつの食べ進みで完食。

 

 

 

 

レバニラが食べられたし、
ラーメンも醤油以外を選択出来たし、
C以外にもこんな頼み方もアリだわ。

中華厨房 東風の内観

支払いを済ませての退店なんだけど、
また楽しみに来ちゃうのは間違いなし。

 

 

レバニラも食べてみない?

 

m9( ̄▽ ̄)

 

 

 

御前崎市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.