ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市西区

麺屋 みちの【貝だしらーめん】@浜松市西区西山町

投稿日:2020年9月17日 更新日:

 

朝ラーを狙いたくあるんだけど、
9時半までってのがなかなか厳しく、
それじゃあと、
昼を狙ってみるも駐車場いっぱいで断念で、
タイミング合わずが続いていたけど、
ようやっと合ったようだわ。

麺屋 みちのの外観

 

 

 

【麺屋 みちの】

麺屋 みちのの外観

麺屋 みちのの営業時間

腰を落ち着けたカウンターには、
厨房との境にはビニールが垂らされ、
仕切り板はコーナー1ヶ所に置かれている。

消毒液は入口付近に。

 

メニューはこちら。

麺屋 みちののメニュー

麺屋 みちのの案内

種類が多いんだよなぁ〜
黒担にしたかったけど、
違うものにもしたくてキョロキョロ。

麺屋 みちののメニュー

厨房内の短冊を見ると、
限定らしきものもあって、
貝は好きであるのでそれにしてみよっかな。

麺屋 みちののメニュー

 

 

 

 

 

【貝だしらーめん】¥950

麺屋 みちの「貝だしらーめん」

 

ほおほおほお

貝だしのスープを強調して魅せたり、
トッピングに貝を使うではなく、
チャーシュー、味玉、もやし、白髪ネギ、
カイワレ、青ネギ、あおさを配している。

麺屋 みちの「貝だしらーめん」

 

まずはスープをひと口。

麺屋 みちの「貝だしらーめん」スープ

優しい甘みからの入りで、
魚介の旨みが膨らんできて、
去り際にかけて貝がふっと残るよな感じで、
はっきりとエンミで輪郭を作っていて、
貝だしというよりも、
魚貝だしといった印象を受ける。

麺屋 みちの「貝だしらーめん」麺

合わせるは加水高めの中太縮れ麺で、
ぷりっとした弾力に、
歯を入れるともちっとしている。

肌が滑らかなので、
始めは流れる感じがあるものの、
徐々に馴染みは増していく。

 

もやしが絡んできて、
シャキシャキ食感で変化を付けてくるけど、
スープが目立たなくなるよなぁ〜
この淡麗さにもやしは合わなくないかなぁ〜

あおさは磯の香りを加えてきて、
この変化は嫌いじゃないけど、
貝は隠れ気味になるかな。

チャーシューは肩ロースを使っていて、
これは味がしっかりと染みていて、
脂身の甘さも出ていてイイんだけど、
貝は隠れ気味になるかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに限らず、
よく思うことだけど、
魚介系を前面に謳う限定ラーメンで、
他のラーメン同様に、
トッピングが同じものの使い回しって、
特に淡麗なものでは違和感を感じるし、
そこまでバランスを考えて、
作り込んでくれたならば、
ワクワク度が高まると思うのだけど、
ムズイのかねぇ〜?

麺屋 みちのの内観

 

 

 

【チャーシュー丼】¥250

麺屋 みちの「チャーシュー丼」

小丼サイズでの提供で、
刻まれたチャーシューの上に白髪ネギ、
青ネギが置かれている。

麺屋 みちの「チャーシュー丼」

タレがゴハンにも掛かっているので、
一体感良く楽しめる。

ゴマ油も使われているんだろか?
ちょいとくすぐるものがあるね。

麺屋 みちの「チャーシュー丼」

ある程度のタイミングで、
残っているスープを注ぎ入れ、
お茶漬け風にしてみると、
これはマッチするな。
この組み合わせはイケる。

 

 

 

 

てなことで食べ進めての完食、
そんでもっての完スペ。

麺屋 みちの「貝だしらーめん」完スぺ

次は早めに来なくっちゃ。

 

 

浜松市西区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.