ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

静岡市

豚そば 一番星【星郎】@静岡市葵区

投稿日:2020年5月5日 更新日:

 

静岡市街は静かなる日曜日。

 

アレの影響で県下にも休業要請が出され、
あちゃこちゃの店が閉まってしまい、
ゴールデンウィーク前にして閑散散々。

辿り着いた静岡浅間神社前、
浅間通り商店街も同様に閑散散々。

豚そば 一番星の道中

ゴールデンウィーク休業前の最終日、
店内営業とテイクアウト営業、
両方を行なうこちらへ訪問。

 

 

 

【豚そば 一番星】

豚そば 一番星の外観

店頭にはテイクアウトメニューが並び、
普段食べられないものもあって、
う〜ん、
近かったら食べてみたくあるなぁ〜と妄想。

豚そば 一番星の外観

豚そば 一番星のテイクアウトメニュー

ま、今回は店内での飲食を考えていたので、
そちらは見なかったことにしての入店。

 

消毒液が用意されているので、
もちろんシュッ!で揉み揉み揉み。

豚そば 一番星の消毒液

限定メニューも出ていて、
お!炒飯もあるのね!

豚そば 一番星の限定メニュー

ま、ま、ま、
でも他店で食べてきての連食で、
そこまでは食べられそうにないので断念。

豚そば 一番星の券売機

んじゃ、
どうしよっかなぁ〜?
限定にしちゃおっかなぁ〜?と思案思案。

 

 

「あ!タカ☆さん!
 店内で星郎食べます?」

 

なんですと?  Σ੧(❛□❛✿)

 

 

店主はいつもの如く淡々と、
でも妖しく囁いてくる。

くぅぅぅうう〜
普段は食べることが出来ない一杯であるし、
せっかくの声掛けに応えずにおれるかッ!
うん、ありがたく食べよう!
ありがとう!ありがとう!ありがとう!

 

 

指定された食券を買って、
はるたんに渡すと、

「ほしろうにします?」

おぉーーーーッ!
連携が取られているじゃあないかん!
耳にキラキラしたものが見えるじゃん!
オサレデビューじゃん!
“ぼ”しろうらしいけどね。

「ヨロシクです。」

店主とヒッピースタイルのリッキーが連携、
調理が進められていきます。

 

 

 

 

 

【星郎(ぼしろう)¥850

豚そば 一番星「星郎」

おッ!
気持ちがザワついちゃうぞ!

背脂たっぷり浮かんだスープ、
どどん!と厚切りチャーシュー、
もやし、キャベツの山、
そしてニンニクと、
一番星が作る二郎で【星郎(ぼしろう)

豚そば 一番星「星郎」

気持ちが昂っちゃうぞ!

(๑>◡<๑)

 

 

まずはスープをひと口。

豚そば 一番星「星郎」スープ

ほほっ!

背脂効果が高く、
円やかなるファーストタッチ、
そこから豚の香りと力強さがググッと来て、
醤油は強過ぎずに効かされている。

いつもの一番星の濃厚なスープとは違い、
さらっとした軽いトロミでもって、
重さを感じさせない仕上がりで、
もちろんスープ的にも惹かれるもので、
これ、イイなぁ〜

ふた口み口とレンゲを重ねてしまうわ。

豚そば 一番星「星郎」ニンニク

ニンニクは粒が残る程度に刻まれ、
醤油漬けされているようで、
箸先でちょいと口にしてみると、

ガツン!

香りが強く、
辛みも強く、
パンチがすっげーぞ!

こりゃあ、
この後の展開に期待が増しちゃうちゃう。

豚そば 一番星「星郎」麺

麺を引き出してみると、
現れたるは中太麺。

麺肌は滑らかで舌をくすぐり、
スープのまといは良く、
もちもち食感で一体感はある。

豚そば 一番星「星郎」

ここで天地返しをしちゃうよ。

ニンニクは初めから混ぜるのでなく、
味変用として後に取っておきたく、
慎重に且つ急いでぐるりんぱ、ぱ、ぱ、ぱ。

もやしなどが絡んできて、
ザクザクとした歯応えがプラスされると、
食欲を刺激してくるので、
自然と大口で喰らいたくなる。
もやしは喰らいアイテムだよな。

そこにニンニクも絡み始めてくるんだけど、
少しずつじゃ物足りなくなってくるので、
スープに溶かし込むようにして放出し、
一気にジャンクアップ!
香りが食欲中枢を刺激して、
更に更に大口で喰らいたくなる。
うん、致し方ない。
喰らうべし!状態で食べ進めるぜ!

背脂が滑らかさに拍車をかけ、
麺がスルスルと入っていく。
背脂はクドさの蓄積はさほど無く、
上手く使われている印象だなぁ〜

豚そば 一番星「星郎」チャーシュー

チャーシューをイっちゃうよ。

バラ肉が使われていて、
厚みがあって食べ応えがありそう。

赤身は歯応えを残した仕上がりながら、
脂身はトロミを感じるもので、
味付けはしっかりとされているので、
美味いチャーシューではあるんだけど、
脂が意外に堪える。
後半は特に堪える。
しかも他店からの連食であったので、
この脂身は堪える。

最後まで取っておくと、
今回は更にキツくなりそうだったので、
一気に味わって食べてしまおうと、
むしゃむしゃしゃ。

 

残る麺も楽しんで、
食べ進み、
食べ進み、
食べ進みでの完食。

 

 

 

 

うん、店主のご好意によって、
たまたま店内飲食が出来た一杯なれど、
これは好きだな。

通常はテイクアウト提供となっているけど、
近くであるならば家で楽しむのもアリだな。

もし、今後の展開があるのであれば、
噛むことに抗いを見せるような極太麺、
もやしマシ、
カラメ仕様でも食べてみたくなる一杯で、
いつかやってくれないかなぁ〜
なんて、期待しちゃいたくなるわ。

 

 

 

 

あ、そうそう、
意外にチャーハンも売れているようで、
店主は中華鍋を奮いっぱなしで、
そちらも食べてみたいなぁ〜

などと妄想は膨らむばかりなので切り上げ、
はるたんにぶんぶんに手を振っての退店。

うん、腹パンだわ。

 

 

静岡市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.