ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

浜松市中区

まつい【ラーメン】@浜松市中区元浜町

投稿日:2020年4月22日 更新日:

 

オキニナッてます!

うん、僕も気にはなってたけど、
やっぱ気になる人は気になるんだね。

 

 

街中で食べた後、
久しぶりに歩いてみようかと、
ふらふらとエリアを広げて散歩をしてて、

あ!

タイガーマスクだ!

BUSHIだ!

まつい「PUKUPUKU工房」

(PUKUPUKU工房ホームページより)

PUKUPUKU工房HP➡https://pukupuku.net/

覆面専門店PUKUPUKU工房があって、
そのガラス越しに興奮した後、
あ、新店があったなと向かおうとするも、
まさか!で間に合いそうになく、
ん〜ん、どうしよっかなぁ〜?
と、考えていると、
オキニナリのやり取りをふいに思い出した。

 

特に狙いを定めてたわけでなかったけど、
調べてみるとすぐ近くジャマイカ!

そういう偶然は大事にしたいので、
そういう機会に行かずしてどうする!

 

いざ行かん!

 

 

 

向かっていくと、あ、あれかな?

外観だけでは全く気付かないだろうけど、
かろうじて置き型看板でそれと分かる。

 

 

 

【まつい】

まついの外観

まついの外観

家康の散歩道「椿姫観音」が横にあり、

まついの外観

裏におそらく1台分は専用の駐車場がある。

まついの外観

店内は狭く、
厨房を囲むL型カウンターがあり、
席は丸椅子で10脚ほどがあるんだけど、
余裕無くキチキチにくっついてるし、
水サーバーがあったりで、
実際には5人座っても狭そうな印象。

まついのメニュー

メニューは壁に掲示されていて、
ま、基本的そうな一杯にしてみよっかな、
あ、餃子もイっちゃおっかなと、
静かなる店主に注文しての調理待ち。

まついの内観

 

 

 

 

 

【ラーメン】¥550

まつい「ラーメン」

ギラギラ感のある醤油スープは、
淡き色合いをしていて、
トッピングにはチャーシュー、メンマ、
なると、青ネギ、海苔を配している。

まつい「ラーメン」

さてさてさて、
どんな感じなんだろ?とスープをひと口。

まつい「ラーメン」スープ

あ、ライトだわね。

軽い酸味がさっと広がる醤油は大人しめで、
出汁感も薄めではあって、
若干カルキのような臭いを感じるもので、
ラードらしき油がコクを生んでいて、
豚の香りのするあっさりとしたもので、
全体的には薄味で物足りなさがある。

うん、薄味だなぁ~

まつい「ラーメン」麺

合わせる細麺はしこしこと歯応え強めで、
スープの馴染みは弱く、
一体感はなく、
バランス的には麺勝ちといったところ。

チャーシューは味付けは程良く、
肉の旨みは楽しめる。
メンマはポキポキで、
塩がしっかり抜けてないのか、
割と強めにそれを感じる。

 

 

食べ進めても全体感の弱さは否めず、
醤油をちょい足ししたくあるけど、
卓上には餃子用しかないので、
コショウのみで変化付け。

 

 

 

【餃子 小】¥300

まつい「餃子」

もやしが置かれた上に餃子8個が並ぶ。
8個で¥300は、
コスパ的には嬉しいところだわね。

まつい「餃子」

まずはそのままと口にしてみると、
ニンニクの香りが強めに効いていて、
キャベツの甘みが広がる。

肉は少なめで野菜多めといった割合で、
そのままでもイケるんだけど、
下味は若干物足りなくなって、
餃子醤油、ラー油で補給。

温度が下がってきても油のクドさはなく、
さっぱりと食べられるのはイイかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、そんなところで。

 

浜松市中区

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.