ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

三島市

中華そば専門店 木八 三島店【ラーメン】@三島市

投稿日:2020年1月31日 更新日:

 

久しぶりの東部エリアだから、
行きたい店だったり、
食べたいラーメンだったり、
あれやこれやと頭ん中を駆け巡るんだけど、
未訪店もこれまた攻めてみたい気分。

ん〜ん
どうしよっかなぁ〜???

暫しのブレイクタイムを兼ねて情報検索。

 

 

ん?
ここは未訪だなぁ〜

と、どーにもこーにも気になってきた。
イっちゃうぞ、バカヤロー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナビを頼りに向かったんだけど、

えッ?
こんな所に???
絶対間違いだよな???

そう思わせる田んぼ広がるエリアに突入し、
疑いつつも最後の最後に発見。

中華そば専門店 木八 三島店の周囲

周囲に他に店は無く、
目につくのは中郷西中学校くらいか。

中華そば専門店 木八 三島店の外観

 

 

【中華そば専門店 木八 三島店 】

中華そば専門店 木八 三島店の外観

中華そば専門店 木八 三島店の外観

それにしても富士山がキレイなこと。

中華そば専門店 木八 三島店の周囲

調べてみると、
伊東にも同店名があるようで、
こちらはその三島の店らしい。

駐車場は店前と、
臨するアパートとの兼用のようで、
これは間違えないように停めねば停めねば。

中華そば専門店 木八 三島店の駐車場案内

入口付近には中待ち用の椅子があり、
先客が居たのでそれに倣っての着席。

店内は和風な造りで、
以前は寿司屋のような印象を受ける。

しばし待っての案内されるは、
7席あるカウンター。
振り返るとテーブル4席×2脚があり、
厨房はカウンター前でなく奥にある。

 

メニューはこちら。

中華そば専門店 木八 三島店のメニュー

中華そば専門店 木八 三島店のメニュー

中華そば専門店 木八 三島店のメニュー

スープは1種類で、
それのバリエーション展開みたいね。
ここは基本的な一杯をイっときます。

水はセルフで用意しての調理待ち。

中華そば専門店 木八 三島店の内観

 

 

 

 

【ラーメン】¥750+税

中華そば専門店 木八 三島店「ラーメン」

 

おーッ!

龍などが描かれたカラフルな雷紋の丼で、
その表面は背脂がびっしりと浮かんでいて、
なんか期待させるよな表情をしてるぞ。
ワクワク度が高まっちゃうぞ。

中華そば専門店 木八 三島店「ラーメン」

トッピングには、
チャーシュー、メンマ、
もやし、青ネギ、海苔を配している。

 

ではではでは、
まずはスープをひと口。

中華そば専門店 木八 三島店「ラーメン」のスープ

う〜ん
イイじゃないのさぁ〜

さらっとした白湯は軽い酸味を伴っていて、
そこからは豚の香りがしてくる。
この香りはタマラナイなぁ〜

醤油はガツン!ではなく控えめに効かせ、
背脂が全体的に甘みやコク深さを与えてて、
豚の出汁感を活かしたよな仕上がり。
イイなぁ〜

中華そば専門店 木八 三島店「ラーメン」の麺

合わせるは多加水細麺。

軽く縮れが入っていて、
ぷりっとした弾力、
しこしことした歯応えを持っている。

スープをしっかりと絡め上げ、
これはイイ感じだぞぉ〜

シャキシャキとしたもやしが絡み、
食感的に変化を与えつつ食べ進められる。

 

チャーシューはバラ肉を使用していて、
トロけるほどに柔らかい。
脂身は多めには多めだけど、
背脂たっぷりのスープとあっては、
あまり気になるものではないな。
メンマはメンマ。
キクラゲでも面白そうな気はする。
海苔は正方形のもので、
スゲー小さいので、
無くても良さげなオマケ的存在に感じる。

 

ズズッ!ズズッ!と食べ進めての完食。

中華そば専門店 木八 三島店「ラーメン」の完スぺ

 

 

 

 

 

いやいやいや、
これまでに情報を見た覚えは無く、
たまたまの訪問ではあったけど、
まだ知らない店は多いって、
改めて気付かされたわ。

こういう、
僕にとっての新たな発見は嬉しいな。

しばらく経つと、
やや残る化学的なものはあったんだけど、
さほど気になる程度でもないし、
それより得られた経験値の方が嬉しい。

 

 

 

 

再訪してみたいぞ。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

三島市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.