ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

カテゴリ

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー【ラボタン白(辛さ2、痺れ2】@浜松市中区板屋町

投稿日:2020年1月2日 更新日:

 

年末年始休暇情報

 

 

年の瀬も押し迫り、
気持ちは忙しなく感じるんだけど、
せめて食事だけはゆっくりとしたいし、
気持ち的にも落ち着きたい。

 

 

開拓モードではないので、
既存店の中であらやこれや思い浮かべると、
必然的に絞り込まれていく。

 

 

落ち着いてゆったりタイムをすごしたいな。

 

 

【汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー】

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの外観

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの外観

気分はこちらでした。
年内最後になりそうだわ。

夜の会員制ラウンジを間借りする昼営業で、
外観はもちろんそんな感じで、
今ではすんなり入れるものの、
当初は恐る恐るではあったなぁ〜

今では慣れた感じで入店しカウンターへ。

 

 

まずはブラックボードに目が留まる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのメニュー

四川麻婆豆腐なんてそそるじゃ〜ん!と、
思いつつも他との構成を考えてみたりで、
でもやっぱ海鮮は狙いたいとこだし、
まだ飲んでない限定スープは口にしたいし、

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのメニュー

となると、
麺はラボタン?

 

 

いや、
たまには違うものをイっちゃおっかな。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーの内観

 

 

 

 

【真鯛丼】¥650

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海鮮丼」

まず提供されるはこちら。

とりあえず海鮮があったらイっちゃうよね。

 

真鯛が少ないじゃん!
こじんまり!と思ってよく見ると、
何層にも積み上げられてるだけでちと安心。

醤油も一緒に提供されるんだけど、
まずはそのままの刺身を口にすると、
ふわ〜っと仄かな甘み、
そして旨みが広がってくる。
臭みはない。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「海鮮丼」

いやぁ〜、
それにしても刺身をそのまま食べるなんて、
ラボラトリーからなんだよなぁ〜

浜松市中央卸売市場で直接買い付けてきて、
素の素材を活かしての提供なので、
醤油はちょいと後にしても損はないと思う。

 

 

で、出汁醤油をちょい掛けするんだけど、
尖ったしょっぱさはなく、
昆布の旨みを有していてバツグン。

ゴハンが進むんだわ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリーのメニュー

 

 

 

 

【ラボタン白(辛さ3、痺れ3)¥900

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン白(辛さ3、痺れ3)」

2度目の“白”は1年以上離れてて久しぶり。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン白(辛さ3、痺れ3)」

見た目はラボタンとほぼ同じ感じで、
白を連想させるものではないんだけど、
麺下を覗いてみると芝麻醤が仕込まれてる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン白(辛さ3、痺れ3)」のタレ

トップの具材を全体に軽く散らしてから、
一気に器底から大きく混ぜ合わせる。

 

マーゼマーゼ

ψ(`∇´)ψ

 

程良く混ざり合ったとこでいただく。

麺屋棣鄂の平打ち縮れ麺には、
しっかりタレが絡んでいて、
しっかりゴマの風味も感じる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「ラボタン白(辛さ3、痺れ3)」の麺

 

 

あれッ???

 

 

前回食べた際は、
これほどまでにゴマを感じなく、
物足りなさを感じたけれども、
今回はしっかりと風味を感じられ、
こりゃあ、イイな。

 

 

限定スープも頼んだので、
辛さは控えめに2、2で頼んだものの、
ミキティがバランスを考えて3、3に変更。

あ、やっぱ3、3の方がイイかも、と納得。

時折感じるホアジャオもイイ感じだわ。
もっちりとした麺にタレ、
ひき肉などの旨みや食感もイイ効果を生む。

 

 

ありゃ〜
ラボタンばかりが多かったけど、
「ラボタン白」もイケるじゃないのさ。

 

 

【水煮肉片(ミニ)】¥350

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「水煮肉片」

どうにもこうにも気になってた限定スープ。
ミニサイズが登場して頼みやすくなったわ。

ま、でも、フリガナを見つつ、
“シュイジュウロウピエン”と口にするも、
言い慣れてない言葉に噛んでしまい、
ミキティに苦笑される始末。
頼みにくい名前だぞん。

 

次は“みずににくへん”と頼むことにしよう。

。゚(゚´ω`゚)゚。 ぴえん

 

パクチーの有無を事前に訊かれたけど、
僕的には無問題なので入れてもらった。
辛いものとの相性は割とイイんだよね。

そう、
そのパクチーの下には真っ赤なスープ。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「水煮肉片」

豚バラ、花椒、唐辛子を使い、
鶏白湯で煮込んだんだそうで、
これはなかなか面白い味。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「水煮肉片」

パクチーの風味も入り込んできてて、
エスニックな雰囲気ぷんぷん。
激辛と謳われてはいたけど、
痛感刺激レベルではないので、
ウマウマを感じつつの辛さ。

 

麺も真鯛丼も食べたので、
一旦は様子見としたんだけど、
こりゃ、やっぱゴハンが欲しくなるな。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「水煮肉片」ゴハン

ちょいと少なめでもらって投入し、
サクサクと混ぜて馴染ませる。

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「水煮肉片」ゴハン投入

これ、間違いないッス!

スープ単体はもちろんなれど、
ゴハンは必須だぞん!

汁なし担々麺っぽい専門店 ラボラトリー「水煮肉片」ゴハン投入

旨みと辛みをしっかり馴染ませてイケる。

 

 

 

 

ちょいと食べ過ぎ感は否めずも、
気持ち的にも満たされて満足。

 

 

 

 

近いうちにまた取材が入るらしく、
放送されたら混んじゃうのかしら?

 

(●´ω`●)

 

 

 

 

 

年末年始休暇情報

 

カテゴリ

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2020 All Rights Reserved.