ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

藤枝市

麺屋 花枇【丸鶏かきペースト添え】@藤枝市

投稿日:2019年11月19日 更新日:

 

リリース情報を目にし、
それは食べておきたい!と思う。

 

 

てか、
行けなくないじゃないかジャマイカ!

 

 

よしよしよし、
リリース初日にイっちゃうぞ。

 

 

LET'S ら GO!

ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時過ぎの到着で駐車場は満車。

いやいやいや、
もう口はそれ一色だったので、
諦めることは出来ず、
軽くひと回りしてきての入れ違い駐車。

よし!ラッキー!!

 

 

【麺屋 花枇(はなび)

麺屋 花枇の外観

麺屋 花枇の外観

麺屋 花枇の外観

麺屋 花枇の外観

券売機を眺めるものの、
もう食べるものは決まってますのよ。

麺屋 花枇の券売機

麺屋 花枇の案内

 

オホホホホホホ (⌒o⌒)

 

麺屋 花枇の内観

 

 

 

 

【丸鶏かきペースト添え】¥980

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」

赤いミニトマトがパッと目に入るも、
その横にでろでろりんと、
牡蠣を使ったペーストが目を惹きます。

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」

チャーシューはロースと肩ロース2種かな?

ホウレン草、白ネギもありますが、
でろでろりんの方に目がイっちゃいます。

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」

スープを口にすると、
丸鶏に塩を使う淡き旨みで、

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」のスープ

去年は丸鶏・塩にヤラれた感はあったけど、
今回はやや大人しめな印象。ふむ。

そういえば、
去年は「丸鶏カキ・・・」名だったけど、
今年は“塩”が取れたのよね。
味付けの兼ね合いかしら???

去年の方が丸鶏の旨みも楽しめたし、
僕的にはそちらの方が好きだったな。

 

麺屋 花枇「丸鶏塩かきペースト添え」

去年の牡蠣➡https://tadanoramenzukiblog.com/20181205hanabi/

 

 

 

 

まだ牡蠣は登場しないのよ。

 

 

 

 

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」の麺

合わせるは全粒粉使用の低加水細麺。

麺屋 花枇の外観

謳いを見ると、
ナカダ食品によるものに変わったらしく、
ここ最近よく目にする機会が増えたよなぁ〜

しこしことした歯応えで、
まだ親和性は大人しめ。

徐々にパッツン感は増していきます。

 

 

でろんでろんをイっちゃうよ。

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」

スープに溶かし入れると、
その風味が広がる。

 

 

牡蠣ッ!ぶわぁッ!

というような派手な登場ではなく、
やんわりと、

牡蠣だよぉ〜


と、大人しい入り。

 

 

麺にもしっかりと絡んで持ち上がり、
鼻に風味が対流する感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の丸鶏スープは、
ガツンとした感じでないので、

牡蠣ッ!ぶわぁッ!

って、
メリハリある味変的変化ってのも、
それはそれで面白い気はする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロースはギシギシと噛み応えからの旨み、
肩ロースは低温調理されていて臭みなく、
しっとりやわらかでの旨みと、
共にその違いを楽しみつつの食べ進み。

ミニトマトは熱が入っているので、
うにうににとレンゲ内で潰して投入。

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」のミニトマト

強い変化はないものの、
仄かな酸味では変化付け。

スープには牡蠣の旨みが溶け入ってるので、
そりゃあ、残すのはしのびなく、
ゆっくり丼を傾けての完スペ。

麺屋 花枇「丸鶏かきペースト添え」の完スぺ

おりょ?
ピンクペッパーも入ってたのかな?

最後に口に残った感じが良かったわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リリース初日での実食だったので、
更に練り込まれていくはず。

 

 

期間限定な“牡蠣”を食べとくかん?

(・∀・)

 

 

 

藤枝市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.