ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

ただのラーメン好きブログ

菊川市

麺屋 菜花奈【4周年限定拉麺】@菊川市

投稿日:2019年11月15日 更新日:

 

そんな場所にラーメン屋ッ?!

その近くは通ったことはあったけど、
そこはまったくもって初めて。

ドレッディな方に教えてもらわなきゃ、
知る由も無かった。

 

 

でもノーゲスの店内で、
今でこそ笑顔とエロさ溢るる店主なれど、
初見は無言で怖かったぁぁあ〜

(´Д` ) マヂ怖かったぁぁああ~

 

初訪記事⇨ https://tadanoramenzukiblog.com/20151108nabana/

 

 

それが今や行列必至の店となり、
あの記憶とのギャップに笑えたりする。

麺屋 菜花奈の外観

 

 

【麺屋 菜花奈】

麺屋 菜花奈の外観

もう4周年だってさ!

スゴイ!スゴイ!スゴイ!

通常メニューの提供はあるものの、
それを記念する限定も出てたりする。

麺屋 菜花奈の案内

どうせならゴハンものもイっときたいな。

麺屋 菜花奈の案内

と、ポチリ。

麺屋 菜花奈の券売機

厨房には美女と野獣の他、
以前のサポートスタッフも応援参加。

アイちゃん、久しぶりぃ〜

麺屋 菜花奈の案内

 

 

 

 

【4周年限定拉麺+貝MAXごはん】¥1,300

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」

なんとも、まぁ、
イクラの赤がキャッチーとなり、
見た目的にめでたさを演出しています。

 

まずはラーメンから。

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」

淡い茶色のスープが広がる中、
麺はいつもとは違う特別なものだそうで、
中太平打ち麺を合わせていて、
トッピングは片側寄せでそれを魅せている。

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」

大振りのチャーシューを基礎として、
ホタテ、貝柱、イクラ、
そして中央に青ネギを置いて締める。

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」のトッピング

スープをひと口。

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」のスープ

謳いを見ると、
鶏、豚の出汁に対し、
シジミ、アサリ、ホタテ、ハマグリ、
そしてアジ煮干を合わせた清湯で、
トリュフ、ポルチーニのオイルを加える。

動物系をバックにして、

貝がグン!と前に出て、

その旨みを引き出している。
これはイイなぁ〜

しみじみしじみと味わっていたくなる。
うんうんうん。

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」の麺

合わせるは加水率43%の平打ち麺。

グレーの色目が特別感を出していて、
滑らかな麺肌でもちっと伸びのあるもの。
もち大麦を配合してるんだそうで、
香りは強めでの主張で、
その感じは好きだぞ。

麺勝ちにはならずで、
貝スープの中にあっても主張出来ている。

 

 

ありゃ?
なんだろ、これ?
燻製の香りがするぞ?

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」のトッピング

変化付けのネギかしら?

 

 

チャーシューはロースを使用で、
柔らかくも噛み応えがあり、
旨みも携えている。

ホタテ、貝柱は間違いなく合う。

 

 

イクラはぷちっと弾けて、
ぶわぁッ!とその香りを爆発させる。
なんだか特別感〜

でも、貝スープと合わせると、
その香りが強過ぎて一時的に主役となり、
一体感は生み出せてはいない気がする。
合わない気がする。

 

 

 

 

そして「貝MAXごはん」

麺屋 菜花奈「貝MAXごはん」

セットで並べると、
ラーメン丼より大きいハット型の器。
これはNeoシリーズで使われたものね。

 

 

 

 

 

そのNeoシリーズ新作が食べられる。

11月16日(土)〜18日(月)

『らの道』に初参戦ッ!!

麺屋 菜花奈「らの道」

「海老RUMBLE」として、
エビを搾っちゃうんだぜぃ!

麺屋 菜花奈の内観

詳細情報はチェックしときましょう。

 

菜花奈Twitter⇨https://twitter.com/menya787

らの道「海老RUMBLE」専用ページ⇨http://ranomichi.blogspot.com/2019/08/rumble.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んでもって、
ゴハンへ話を戻す。

麺屋 菜花奈「貝MAXごはん」

ハット型の器にこんもり盛らる炊き込み、
そしてラーメンとの共通具材などを使って、
シンクロ率を高めています。

麺屋 菜花奈「貝MAXごはん」

イクラとゴハンの組み合わせは鉄板で、
これに貝を絡めたり、
大葉やカイワレを加えたりではむはむ。

麺屋 菜花奈「貝MAXごはん」

で、これはなんぞや?と訊いてみると、
チョウザメのキャビアではなく、
シシャモのそれだそうで、
ぷちぷちッと細かな弾け、
それとエンミがなかなか良く、
大葉との相性がイイ。

麺屋 菜花奈「貝MAXごはん」

これは面白いぞ。

スープも注いじゃったりしてはむはむ。

麺屋 菜花奈「貝MAXごはん」

うんうんうん、
イイ感じだぞん。

タピオカ風に沈むイクラも残さずで完食。

麺屋 菜花奈「4周年限定拉麺」のスープ

 

 

 

 

【地鶏出汁(かけ)醤油】¥800

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(かけ)醤油」

深みある醤油スープに麺が泳ぎ、
青ネギの緑が目を惹きます。

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(かけ)醤油」

スープは仄かな甘みに醤油の風味が強く、
キレをも併せ持つもので、
コレはイイなぁ〜

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(かけ)醤油」のスープ

ふた口み口と重ねたくなる。

麺屋 菜花奈「地鶏出汁(かけ)醤油」の麺

麺はプリパツなもので、
強いスープに負けぬよなメリハリさがある。

 

 

でもそのプリパツ度が強過ぎて、
主張し過ぎるきらいがあり、
「スープ+麺」ではなく、
「スープ」+「麺」のイメージ。
相乗効果が高まるとイイんだけどなぁ〜

 

 

で、食べ進めていくと、
温度低下に甘みがより強まる感じで、
醤油より前に出てくる。

これも訊いてみると、
ミリンでなく肉由来の甘みだそうで、
旨みがより引き出されてるみたいだけど、
バランス取りがムズイのかなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま、ま、ま、
兎にも角にも、
進化を続けている【麺屋 菜花奈】

麺屋 菜花奈の外観

まだまだ楽しませてもらお!

 

 

4周年おめでとうございますッ!

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

菊川市

Copyright© ただのラーメン好きブログ , 2021 All Rights Reserved.